初心者でもOK!万能ハーブ「レモンバーム」の育て方と活用レシピ

グルメ・レシピ

「レモンバーム」は、草全体から爽やかなレモンの香りがするハーブです。
日当たりのよくない場所ややせ地でも育つ丈夫なハーブなので、初心者さんにもおすすめ!
今回は、レモンバームの育て方と活用レシピをご紹介します♪
プランターでも栽培できるので、ぜひご自宅のベランダや庭を活用した家庭菜園の参考にしてみてくださいね。

おうちで簡単!ハーブ「レモンバーム」の育て方①植え付け

おうちで簡単!ハーブ「レモンバーム」の育て方①植え付け出典:www.shutterstock.com

レモンバームは、市販の苗から育てるのが一般的。
葉が大きく、色の良い苗を選んでください。

5号サイズ以上のプランター(プラスチック鉢)に、鉢底ネット、鉢底石を敷き、ハーブ用培養土を8分目まで入れます。

遅効性の肥料をあらかじめ土に混ぜておき、鉢の真ん中に植えたら、株元の土を少し盛り、水はけを良くしておきます。
たっぷり水遣りをして、日陰に3~4日置いておきましょう。

レモンバームは乾燥に弱いので、直射日光を避けた場所で育てるのが注意ポイント。
半日陰でも元気に育ちますよ♪

おうちで簡単!ハーブ「レモンバーム」の育て方②管理の仕方・収穫

おうちで簡単!ハーブ「レモンバーム」の育て方②管理の仕方・収穫出典:www.shutterstock.com

植え付け後は、土の表面が乾いたらたっぷり水遣りします。
1週間に1度、水遣りのときに液肥をあげましょう♪

切り戻しをしたときにも、忘れず追肥してくださいね!

葉が生い茂ってきたら、下葉を残して必要な分だけ摘み取り収穫します。
開花直前に収穫したものが、一番香りが良いです♡

葉が重なってきたら、収穫をしながら枝葉を切り取り、風通りを良くしてあげましょう。

おうちで簡単!ハーブ「レモンバーム」の育て方③増やし方・植え替え

おうちで簡単!ハーブ「レモンバーム」の育て方③増やし方・植え替え出典:www.shutterstock.com

レモンバームは、挿し木や株分けで増やすことができます。
挿し木には、4~5月もしくは10月上旬に間引いた枝を使います。

生育の良い枝を選び、7~8cmになるようにカットしたら、下半分に付いている葉を切り落として挿し穂を作りましょう!

1時間程度挿し穂を水あげし、挿し木用の土を入れたポットに植え付けしたら完了です♪

株分けは3月下旬から9月下旬に行います。
株分けする株を選び、土を落としてハサミで2~4等分したあと、鉢に植え替え、明るい場所で管理しましょう。

生育の早いレモンバームは、挿し木や株分けをした後もすぐに成長して、収穫が楽しめるのが魅力です♡

レモンバーム活用レシピ♪パスタと一緒に

朝摘みハーブで♥レモンバームの爽やかパスタ出典:www.recipe-blog.jp

レモンバームの活用レシピでおすすめしたいのが、こちらのパスタのレシピ。
レモンバームと言うと、ハーブティーやお肉料理、お魚料理のイメージがありますが、パスタにもぴったり♪

さわやかな風味のパスタは、イタリア人もびっくりの美味しさですよ!
ポイントは、摘みたてのレモンバームを使うこと。

ぜひ試してみてくださいね♡

レシピはこちら♪レモンバームの育て方とその活用法についてご紹介しました。
リラックス効果も期待できると言われているレモンバームの香り。
お料理にも大活躍なので、ぜひ家庭で育ててみてくださいね♪

2021.03.15 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。