3人ママの行動をお手本に♪大変すぎる育児のお悩みを解決!

3人ママの行動をお手本に♪大変すぎる育児のお悩みを解決!

毎日の育児が大変……という思いを抱えているママは多いと思います。楽しい、可愛い、というだけではないのが子育てですよね。

特に乳幼児や未就学児のうちは、大変なことが多いと思います。

そこで今回は、3人ママの育児についてご紹介していきます。3人を育てているママの育児には、たくさんのヒントが詰まっているんです。その行動やコツを見ていきましょう♪

3人ママに教わる!育児を楽にするコツ
①スーパーに行くのは息抜きだと考える♪

育児のコツ

子どもが小さい時は、スーパーに行くのも大変ですよね。

思った通りには動けず、時間もかかります。「カートから降りたい!」と言われて降ろすと、今度は「乗りたい!」「押したい!」と言われて、他の方の邪魔にならないかヒヤヒヤしたり……。

ゆっくり買い物をするのは至難の技。自分1人で買い物ができたら、どんなに楽か!と誰しもが思った経験があるはずです。

でも、3人ママはこう言います。
「週1回のアドベンチャータイムだと考えて、楽しむのがコツよ!」と。

献立を書き出して、無駄のない動線で買い物をする、スープは2回分まとめて作るなどの工夫も怠りません。

それでも買い物が難しいと感じる場合は、宅配サービスに切り替えるのが良いでしょう♪

3人ママに教わる!育児を楽にするコツ
②子どもにも戦力になってもらう

育児のコツ

洗濯物や料理などは、子どもが興味を持ちやすいですよね。

でも、忙しい時に「ママのお手伝いしたい」と言われて、煩わしい!と思った経験がある方が多いと思います。

つい言ってしまいがちなのは、「今度、お願いね!今は忙しいから」などというセリフではないでしょうか。

3人ママは、未来に繋がると信じて、大変な時こそお手伝いを積極的にしてもらうのだとか。

刃物や洗剤を使うのは煩わしいので、遊び感覚でできるものを選ぶのがコツです。

洗濯物をたたむ、窓ふき、花の水やりなど、あまり手を汚さずにできるものが良いでしょう。

4歳以降になると、野菜を切ったり、食器を洗ったり、お風呂掃除のようなこともできるようになるので、お願いをしてみましょう。

子ども自身に興味があることをどんどんお願いすれば、ママも助かりますし、家族全員がハッピーになりますよ♡

3人ママに教わる!育児を楽にするコツ
③お弁当作りは無理をしない

育児のコツ

「気持ちが楽になれば、育児や家事は楽になる」というのが、3人ママの意見です。
お弁当作りは毎日のことなので、無理をしすぎて疲れてしまうのでは、ストレスの元。

・前夜の余り物でOKとする
・無理にデコ弁などにこだわる必要はない
・周りの子どものお弁当と比べない
・たまにバランスが良くないお弁当でも気にしない

など、気持ちに余裕を持つことがコツなのだとか。

自分がしたいことと、しなければならないことは別物と考えましょう。お弁当作りが好きなら頑張るのもアリですが、義務感で作っているのなら、無理は禁物。

お弁当作りは、楽しみながら続けましょう♪

3人ママに教わる!育児を楽にするコツ
④全てのことに関して頑張りすぎない!

育児のコツ

育児や仕事がいっぱいいっぱいだった時期に、「何もかもが中途半端な気がして、これで良いのか不安」とママ友に打ち明けたところ、

「家事も育児も"これさえできれば"というボーダーラインを決めて、それ以上する必要はない!」と、話してくれた3人ママがいました。

また、「1日は24時間しかないから、一生懸命1日を過ごしたらそれで良し!自分を褒めてあげて♡」とも言われました。

これは、目から鱗のコツですよね!

子どもが小さいうちは、思うように育児や家事が進められなくて、もどかしい思いをすることもあるかと思いますが、大変な時期が一生続くわけではありません。

子どもの年齢によって、大変さの中身は変わりますが、手が1番かかるのは間違いなく幼少期なので、それを頭に置いて乗り切りましょう♪
毎日の育児が大変……という思いを抱えているママの気持ちが、少しは楽になったでしょうか。
3人以上の子どもを育てているママは、育児のコツを掴んで、楽しみながら過ごしている方が多いと感じます。
困った時は、たくさんの子どもを育てているママに相談してみると、何か大きなヒントが得られるかもしれませんよ♡

【関連記事】"魔の3歳児"とどう向き合うべき?親が対応すべきチェックポイント

「魔の3歳児」という言葉があるくらい、3歳の子どものわがままと向き合うのは大変なこと。赤...

育児 子育て

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

西条レイナ

ファッション&美容が大好きな、アラサーママです♡

>もっとみる