"魔の3歳児"とどう向き合うべき?親が対応すべきチェックポイント

"魔の3歳児"とどう向き合うべき?親が対応すべきチェックポイント

「魔の3歳児」という言葉があるくらい、3歳の子どものわがままと向き合うのは大変なこと。
赤ちゃんのようにずっと泣き続けたり、その場から離れようとしなかったり……親としてどのように対応するべきか、迷うこともあるかと思います。
でも、親の態度や対応次第で、子どもの気持ちが変わること、ご存知でしたか?
今回は、親として心がけたいことをご紹介していきます。

魔の3歳児に親はどう対応すべき?
①まずは親が冷静になる

無理難題を投げつけてきたり、「イヤ」と連呼しながら長時間泣き喚かれると、「いい加減にしなさい!」などと声を荒げたくなりますよね。

でも、感情的になって、お互いにヒートアップしても、3歳児の気持ちが落ち着くことはありません。

まずは、一呼吸置いて、親が冷静になりましょう。

それから子どもの気持ちを落ち着けるために、しゃがみこんで目線を合わせ、両手を握りながら話をします。

理解して納得できれば、子どもは泣くのを止めるはず。

冷静な態度で、根気よく、話をしてみましょう!

魔の3歳児に親はどう対応すべき?
②泣き喚いても屈しない

3歳児が泣き喚く時は、意図的にしていることも多いもの。

自分の気持ちが制御できない赤ちゃんとは違い、親の反応を見ながら声を大きくしたり、叫んだりするものです。

話しかけると、泣き声を一瞬抑えて、話を聞こうとしている素振りが見えたらチャンス。すかさず、説得に入りましょう。

3歳児は、話せば理解ができる年齢です。

泣き喚くという子どもの手段に屈しないよう、心がけましょう。

公共の場で泣き止まなかったり、甲高い叫び声を挙げられると、要求をのみたくなることもあるかもしれませんが、このような時こそ親の対応力の見せ所です。

魔の3歳児に親はどう対応すべき?
③夫婦の意見は統一しておく

「毎日寝る前に、おもちゃを片付けようね」と話すママに対して、「だって、パパは週末だけで良いって言っているもん」などと反論されたことはありませんか?

子育ての方針や考え方、伝え方は、人それぞれなので、夫婦で違いがあっても構わないのですが、日常生活の基本的なことについては、なるべく統一させておきましょう。

3歳児はまだ素直なので、パパとママの意見を聞き入れてくれます。

子どもに迷いを持たせないためにも、普段から夫婦の意見は擦り合わせておくと良いですね♪

魔の3歳児に親はどう対応すべき?
④子どもの興味の矛先を変えてみる

3歳児は、感情のコントロールがまだ上手にできないので、親の誘導が大事。

好奇心は旺盛なので、ちょっとした変化や新しいものには興味津々です。
気持ちが落ち着いた隙を見計らって、

「今から○○するのはどう?」
「さっき、○○で遊びたいって言っていたね!」

などと、前向きな声のトーンで話してみましょう。
気持ちの切り替えが早いので、泣いていたことをケロッと忘れて、笑顔になってくれますよ♡
「魔の3歳児」という言葉がある通り、接し方が難しいと言われることもありますが、親の態度や対応次第で、子どもも変わるもの。
わがままを親に伝えるのも成長の過程なので、温かく見守り、上手に付き合っていきたいですね♡

【関連記事】子どもに伝わる叱り方のポイント3つ!もうイライラは終わり♡

「言っても言っても直してくれない!」ママは、どんどん子育ての中での”イライラ”がかさんで...

3歳 子育て

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

矢萩 可南

6歳の娘・4歳の息子と、アクティブに楽しい毎日を過ごしています♪
子育て・美容・ファッションのこ…

>もっとみる