子供にもママの部分痩せにも効果アリ!仲良し♡親子エクササイズ

子供にもママの部分痩せにも効果アリ!仲良し♡親子エクササイズ

筋肉を鍛えることは、性別や年齢を問わず、とても重要です。
しかし、ダイエット目的で筋肉を鍛えている女性にとっては、「逆にマッチョな体になってしまうのでは?」と心配になるかもしれません。
今回は、女性が気になる「体の部分痩せ」に効果があり、成長段階のお子さんでも安心して楽しめるトレーニング方法をご紹介します。

目次

ママの部分痩せにも♡仲良し親子エクササイズ①お腹

お腹周りは、非常に贅肉がつきやすく悩みのタネですが、他の部分に比べてすぐに落ちる傾向があります。

手っ取り早くお腹の贅肉を落とすには「食事制限」が有効!

とは言え、毎回ママ友や仕事の付き合いを断ることもできませんし、ストレスでリバウンドを起こしてしまうのも避けたいですよね。

なるべく食事制限をせずに、お腹周りをほっそりさせたいなら、腹筋を鍛えることが効果的です。

腹筋と聞くと「辛くて続かない!」と思いがちですが、子供でもできるほど簡単な腹筋トレーニングもあります。

子供が机に向かい字を書いたり、勉強をする時にも、腹筋や背筋を使っています。正しい姿勢、集中力の持続など、学習面にも効果があるようなので、親子揃って腹筋を楽しんでくださいね。

【子供もできる腹筋運動】

①壁に足の裏をつけて、仰向けになる。(膝と腰はそれぞれ90度になるように曲げる)

②深呼吸し、お腹の上の方に力を入れ、息を吐きながらゆっくり上体を持ち上げる。おヘソを覗き込むように上体を丸め、体勢をキープする。

ややキツイと感じたら、息を吐きながら元の体勢に戻る。


身長差があまりないペアで行う場合は、壁を使わずに、お互いの足裏を合わせて腹筋運動を行い、視線を合わせる方法でも楽しめます。

※腰を浮かせると腰痛の原因になるので、腰は床につけたまま行いましょう。

ママの部分痩せにも♡仲良し親子エクササイズ②二の腕

女性が年齢と共に気になる体の部位に、「二の腕」も多く挙げられます。

二の腕はお腹と違い、体の中で最も痩せにくい部分と言われています。筋肉よりも脂肪量が多いため、食事制限による減量だけでは細くならないのです。

また脂肪が減っても、タプタプとたるみがあると、見た目的にも残念……。ほっそりと引き締まった二の腕を手に入れるには、筋肉量を増やすことが重要です。


【二の腕を簡単に引き締めるエクササイズ】

①胸を張り、姿勢を正し、両腕を体の後ろ側に伸ばす。

②親指を下にした状態から、腕を外側から内側へ絞るようなイメージで手の平を回す。


30~50回程度を繰り返し行いましょう。

お風呂やプールなど水中でのトレーニングは、体に負担なく、効果的に筋肉を鍛えられます。

また、お子さんにオススメなのは、水中で手で水を掴む(グーパー)指のトレーニング。

握力強化だけでなく、脳トレにもなります。毎日のバスタイムに取り入れてくださいね。

ママの部分痩せにも♡仲良し親子エクササイズ③ふくらはぎ

多くの女性が望む"部分痩せ"の代表と言えば、やはり「脚」ではないでしょうか。

スラーッとした美脚を手に入れるため、トレーニングに励んでいる方も多いと思いますが、筋肉がついて逆に下半身が逞しくなってしまった経験はありませんか?

ふくらはぎを細くするには、トレーニングよりもリンパマッサージが効果的です。まずは、むくみを取り除いて、本来の状態に戻すことから始めましょう。

むくんでいると、ダイエットや運動をしても全く効果がありません。リンパマッサージは、リンパの流れ、血液の流れが良くなり、冷えの改善にもなります。

冷えは万病の元と言われていますが、手足が冷えやすいと内臓機能が低下し、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなります。

平熱が36度未満の方や、疲れやすい、お子さんが風邪を引きやすいなどと感じたら、ふくらはぎを揉み合いっこしましょう。


【2人4脚リンパマッサージ】

①パートナーの正面を避けて、向き合って座ります。内側の足を曲げ、外側の足は真っ直ぐ伸ばす。

②両手の指先を引っ掻けるように、お互いのふくらはぎをアキレス腱から膝裏に向かって引くようにマッサージし、往復する。

③かかとをお尻につけて、両手で膝を抱えるように引っ張り、ストレッチをする。


ふくらはぎには、むくみを取るツボや食欲を抑えるツボなど、ダイエットに効果的なツボがたくさんあるので、刺激を与えるといいことづくめですよ。

ママの部分痩せにも♡仲良し親子エクササイズ④体幹バランス

気になる部位をケアしたら、「体幹トレーニング」を取り入れて、正しい姿勢を取り戻しましょう。

美しい姿勢は、背中の贅肉を引き締めたり、全身のスタイルアップにも繋がります。

猫背や腰が曲がっているなどの姿勢の悪さは、太りやすくなるとともに、老けた印象に見えやすく、特に改善が必要です。

また、コンピューターの普及が進み、子供の筋力低下が深刻化しています。お子さんがフラフラしていたり、じっと立っていられないなど、気になったことはありませんか?

ゲーム感覚で、重心がしっかりしているかチェックしてみてください。

【バランス確認ゲーム】

ペアで向き合って立ち、足裏がその場から離れないようにバランスを保ちながら、掌を押し合う。


簡単に足が動いてしまうならば、重心が高い位置にあったり、体幹バランスが悪いと考えらます。

下腹部の下辺りに重心を置くことを意識しましょう。重心が安定してくると、子供でも簡単には動かなくなります。

※体格差があり、上記の方法でのチェックができない場合は、直立状態の際に片手で肩を押して、フラフラしないかチェックしましょう。


体幹バランスを整えて下半身を細くするには、つま先立ちを繰り返す運動が効果的です。

【つま先立ちで体幹&美脚トレーニング】

①足を肩幅に広げて立つ。親指の付け根を意識し、腰が前後しないように固定させながら、爪先立ちを数回行う。

②目線を前に、胸を張りながら肩を後ろ側に数回まわし、上から下に向かうときに脱力する。


つま先立ちをすると、姿勢維持に必要な膝裏と骨盤のじん帯で下肢が固定され、姿勢維持に必要な筋肉に刺激を与えます。
自分一人では、ダイエットを継続して成功させるのはとても難しいですし、専門のトレーナーさんを付けるには時間とお金がかかりますよね。
「子供がいて時間に余裕がない」「食事制限や激しい運動は苦手だし……」とお悩みの方は、お子さんやパートナーと一緒に楽しみながらエクササイズを続けてみてくださいね。

【関連記事】体重の右肩上がりをストップ♡「お尻歩き」のダイエット効果に驚き!

どんどん寒くなってきた今日この頃、外に出るのも億劫になりがちですよね。けれど、冬は楽し...

親子 エクササイズ 部分痩せ ダイエット 美容 子育て 筋トレ くびれ お腹 二の腕 ふくらはぎ 美脚 体幹バランス 簡単 セルフケア 夏休み

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

石神 彩/エステティシャン&マタニティケアリスト

石神 彩(いしがみ あや)

【肩書き】
アユールオーナーセラピスト

>もっとみる