「友達のような親子関係」が危険?見落としがち子供に与える影響4選

「友達のような親子関係」が危険?見落としがち子供に与える影響4選

理想と思われがちな、「友達のような親子関係」。
しかし実は、子どもの自立を妨げてしまう危険性もあるのです。
今回は“友達のような親子関係”について、考えていきましょう。

目次

友達のような親子関係の危険性① 子どもを親好みにしようとする

友達のような親子関係では、子どもを親好みにしようとしてしまうことがあります。

まだ公園で思い切り遊びたい時期に、ママが選んだブランド服が汚れると叱られてしまう……。

これでは、子どもにとってストレスになるはずです。

子どもよりも親の好みを優先させるのは、子どもの自主性を奪うことにもなってしまいます。さらに将来、不登校などの原因にもなりかねません。

危険なことに子どもを巻き込みたくない、という親心もありますが、「子どもに笑顔でいて過ごしてもらうためには何が一番幸せなのか」ということを考えていきましょう。

友達のような親子関係の危険性② 子どもが親のカウンセラー状態に

友達のような親子関係においては、子どもが親のカウンセラーのような状態になってしまうともあります。

子どもに対して、何でも相談できると思っている未熟な母親が、子どもに父親との関係の相談をしたり、さらには新たな恋愛相談までしてしまうケースも……。

いわゆる「良い子」ほど、危険!母親を傷つけまいと、必死に大人のように母親の相談に乗る子どもの姿は、痛々しいものです。

子どもらしさを奪い、無意識に傷つけてしまうことは、避けたいですね。

友達のような親子関係の危険性③ 子どもが人間関係でつまずく

友達のような親子関係のケースでは、無理に子どもを大人化させてしまい、愛する母親のために必死に耐えている子どもがいることを忘れてはいけません。

自分がしっかりしなければという思いが強く、人のことを信じられない。周囲に頼ることが苦手など、様々なつまずきが出てくる可能性があります。

思春期を迎えて、親離れできた子どもはまだ大丈夫ですが、母親のことをかわいそうと思ってしまった子の場合、大人になっても母親から離れられなくなってしまう場合も……。

子どもの心は追い詰められ、摂食障害やリストカット、引きこもりなど、危険な問題行動の原因ともなります。

親離れできない子、子離れできない親として、お互いに依存し合い、自立を阻む原因になってしまうこともあるのです。

友達のような親子関係の危険性④ 親子関係の良いバランスとは

友達のような親子関係でも、親がその危険性を把握してバランスをとれるのであれば、本当の「友達」のような「親子」関係をしっかりと築いていけるはずです。

例えば、子どもに仕事の話をすることは、親の頑張りを理解するきっかけになります。大変な時の理解者になってくれますよ。

子どもが大きくなってくると、仕事や習い事、塾と、家族で一緒に過ごす時間が少なくなってくるもの。

しかし、帰りに待ち合わせをして食事や映画に出かけたりと、その時に都合がつくもの同士でコミュニケーションをとっていけば、自然とバランスが整っていきます。

過干渉ではなく、見守る姿勢を大事に、助けが必要なら寄り添う距離感を覚えておきましょう。

程よさが、本当の意味での「友達でもある親子」関係を作るのです。
「友達のような親子関係」についてご紹介しました。
うっかり見落としがちな子どもの心のストレス。親がストレスを与えてしまう危険があるのですね。
愛する子どものために、親がするべきことを、もう一度振り返ってみましょう。

【関連記事】保育園&幼稚園での生活に強くなる!“言葉で伝える力”の育み方♡

保育園や幼稚園などに通い始めると、子どもは、これまでよりもお友達との関わりが増えていき...

親子関係 友達 危険 子育て ママ 親子

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

子育て、お出かけ、ファッションと気になることを書いています。
好奇心旺盛ライターです。

>もっとみる