子供と2人きりの飛行機!快適に過ごすポイントって?

旅行・おでかけ

子供と二人きりで飛行機……。 いろいろと心配要素も多いのでは?
我が家は出張中のパパを訪ねて、1歳3ヶ月の息子と2人きりの飛行機に初挑戦しました!
その経験から、なるべく快適に過ごせるポイントをご紹介します。

やま子
やま子
2019.10.23

子供と2人きりの飛行機!快適に過ごすために① 荷物は最小限に

旅行出典:www.shutterstock.com

大人が複数人いる場合と違い、ベビーカーとスーツケースを引いて移動するのは困難なので、荷物は最小限にする必要があります。
事前に送れる物は、全て宅配便でホテルへ送ってしまいましょう!

衣類、紙おむつ、シャンプーなどの洗面用具、離乳食の月齢であればレトルトの離乳食など、持参すると重い物は、宅配便で送ってしまうと楽です。
そうすれば、普段のお出かけと同じくらいの荷物で済むので、子供だけでなくママも心身共に楽になり快適に過ごせます。

飛行機の出発直前まで使う物で、現地調達できる物は全て現地調達でも良いですね。

子供と2人きりの飛行機!快適に過ごすために②航空会社のベビーカーをフル活用

ベビーカー出典:www.shutterstock.com

国際線では、飛行機に乗る直前まで自前のベビーカーを使わせてくれていました。
しかし国内線では、手荷物を預ける時にベビーカーも預けなくてはいけませんでした。(私の経験談なので、航空会社により違うと思います。)

ベビーカーがないと、ある程度大きくなった子供をずっと抱っこでいるのは重くて大変ですよね。
また、子供を歩かせるとどんどん興味のある方へと突っ走って行ってしまうので、搭乗ゲートへ行くのも一苦労!

ベビーカーを預けた後は、航空会社のベビーカーを借りましょう。
また、到着後の空港でも、飛行機を降りてすぐにベビーカーを使えるよう手配しておくのが快適に過ごすポイント。

預けたベビーカーを受け取るまで、子供を歩かせるか抱っこかとなるととても大変です!
搭乗手続きや手荷物を預ける際に申し出れば、手配してくれるはずです。

子供と2人きりの飛行機!快適に過ごすために③寝るようなスケジューリングを

寝る子供出典:www.shutterstock.com

子供の年齢にもよりますが、飛行機の中でじっとしているのは子供にとってはとても退屈なこと。
ですが、新幹線などと違い、ぐずった子供の気分を変えるために、窓の外を見せたり立たせたりすることが難しいのが飛行機です。

離着陸の際には必ず座ってシートベルトをつけるか、小さい子供は大人の膝の上で大人しくしていなければいけません。
さらに、離着陸の時間って結構長いのです!
こんな時、「寝ててくれたらどんなに楽か……」と思いますよね。

空港へは早めに行き、空港のキッズスペースや広い場所で1時間ほど遊ばせましょう。
そして飛行機に乗る直前にお腹いっぱいご飯を食べさせ、眠くなるように仕向けましょう♪

飛行機の時間によって、前日の寝る時間やお昼寝の時間をコントロールすれば、スッと眠りについてくれる可能性が高まり、快適に過ごせます。

子供と2人きりの飛行機!快適に過ごすために④音の出ないおもちゃを持参

子供 おもちゃ出典:www.shutterstock.com

それでも子供が寝てくれない時は、静かに遊ぶことに夢中になってもらいましょう。
好きな絵本があれば持ち込んでも良いですし、折り紙や塗り絵もおすすめです。

また、飛行機でおもちゃをいただける場合もあります。
我が家は空気を入れて膨らませる飛行機のおもちゃと、折り紙をいただきました。
どちらもとても気に入り、夢中になって遊んでいました。
ただ、飛行機型のおもちゃは投げたくなってしまい、他の乗客に迷惑をかけそうだったので、すぐにしまってしまいました。

子供の年齢や性格に合うおもちゃを選ぶことも、飛行機で快適に過ごすためには大切なことですね。

息子と初めて2人きりで飛行機に乗った経験から、反省点などを踏まえてポイントをおさらいしてみました。
ママは大変ですが、可能な限り快適に過ごせるよう、良い思い出になるよう頑張りましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。