洗濯プロがおすすめする洗濯に本当に必要な洗剤5種類

Baby&Kids / Life style

洗濯洗剤を選ぶとき、種類が多すぎてどれを選んでいいのか迷ったことはありませんか?クリーニング屋店主が洗濯のコツや経済的な洗濯術を発信するYouTube(ユーチューブ)チャンネル「洗濯のお兄さん / しゅんぺい」の動画から、今回はこれだけ揃えておけば大丈夫!という洗剤をご紹介します。

洗濯に絶対必要な洗剤①アルカリ性粉末洗剤

アタック出典:www.youtube.com

1つめは「アルカリ性粉末洗剤」。アタックなどが代表的な商品ですね。洗剤の中で一番洗浄力が高いのが特徴。色は白や単色系、素材は綿、麻、合成繊維の洗濯に向いています。物でいうと靴下や下着、肌着、白いTシャツなどの洗濯におすすめですよ。ウールやカシミヤなどの洗濯には向かないので注意してください。

洗濯に絶対必要な洗剤②アルカリ性液体洗剤

ボールド出典:www.youtube.com

2つめは「アルカリ性液体洗剤」。ボールドなどが代表的な商品です。洗浄力はありますが粉末洗剤よりは優しいので、使い勝手の良い洗剤。アルカリ性ですが色は白から黒までいけます。綿や麻、合成繊維などさまざまな素材のものを洗えますが、粉末洗剤と同じくウールやカシミヤ等にはNG。粉末洗剤で洗える物に加え、黒い靴下や黒いTシャツなどにも向いています。

洗濯に絶対必要な洗剤③おしゃれ着洗剤

オシャレ着洗剤出典:www.youtube.com

3つめは「おしゃれ着洗剤」です。代表的な商品にはエマールなどが挙げられます。中性の洗剤なので、ニットやブラウス、ランジェリーなど光沢やツヤのあるもの、型崩れしやすい洋服などに◎アルカリ性の洗剤では洗えなかったウールや、シルクなどの洗濯にも向いています。ただし、洗浄力は低いので手洗いやつけ置きに使うのがおすすめです。

洗濯に絶対必要な洗剤④柔軟剤

柔軟剤出典:www.youtube.com

4つめは「柔軟剤」です。代表的な商品には、赤ちゃんの衣服にも使えるさらさなどが挙げられます。柔軟剤は必ず入れる必要はありませんが、選ぶときは香りが良い、肌に優しい等、好みに合わせてOK!

ただし、タオルに柔軟剤を使ってしまうと吸水性が悪くなってしまうのでおすすめはできません。ふわふわにしたい、肌触りを良くしたい服に対して使うようにしましょう。

洗濯に絶対必要な洗剤⑤液体酸素系漂白剤

ワイドハイター出典:www.youtube.com

5つめは「液体酸素系漂白剤」。この種類に関してはワイドハイターに代わる洗剤があまりないため、ワイドハイターをおすすめします。この洗剤も毎回使う必要はありませんが、漂白や消臭、除菌などさまざまな用途に使えます。

最近人気のオキシクリーンなど粉末系のものは過炭酸ナトリウムが原料で使われていますが、ワイドハイターに関しては過酸化水素が原料なので比較的安全、安心に使えるのもおすすめのポイントです。

適した洗剤で洋服が長持ち!

ご紹介した洗剤のうち漂白剤は必要なときにあれば良いので、最低限3種類の洗剤に加えて柔軟剤があれば、家での洗濯はほぼほぼマスターできます。それぞれのアイテムに適した洗剤を使うことで、洗濯した洋服も長持ちしますよ。動画ではそれぞれの洗剤の特徴や用途などさらに詳しく説明していますので、ぜひそちらも確認してご家庭での洗濯に役立ててくださいね。

洗濯のお兄さん / しゅんぺい

◆洗濯のお兄さん / しゅんぺい

クリーニング屋の店主・戒能駿平(かいのうしゅんぺい)が、クリーニング店の賢い利用法や裏話はもちろんのこと、洗濯に関するさまざまな悩みを解決し、家庭でも簡単にできる洗濯のコツや経済的な洗濯術を紹介しているYouTubeチャンネル。
YouTubeチャンネル:洗濯のお兄さん / しゅんぺい

------------------
Writer:Mai
------------------

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。