【赤ちゃん連れ旅行】家族みんなが大満足♡関東の人気スポット9選

旅行・おでかけ

新米ママ・パパのみなさん、育児に少しずつ慣れてきたら、旅行に出かけてリフレッシュしませんか?とはいえ、赤ちゃん連れの旅行は、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。
そこで今回は、赤ちゃん連れでも安心して楽しめる、関東のおすすめスポットをご紹介します。上に兄弟がいる場合も、一緒に楽しめて、家族みんな大満足の人気スポットばかりです♪

赤ちゃん&幼児と旅行を楽しむコツ♡

おむつやミルクなど赤ちゃんの荷物はたくさん出典:www.shutterstock.com

まず赤ちゃんとの旅行は、いつからOKなのでしょうか。
それは、赤ちゃんの腰が据わり、予防接種も落ち着く6ヶ月頃から
歩けるようになってからなら、赤ちゃんも一緒に楽しめますよ。

ここでは、赤ちゃん連れや小さな子供連れの旅行を楽しむためのコツをチェックしてみましょう。

赤ちゃんとの旅行を楽しむコツ①余裕を持ったスケジュールと準備

できるだけ普段のタイムスケジュールに近い形で、食事やお昼寝・就寝するようにしましょう。無理をしないことが大切です。
旅行の数日前は、体調を崩してしまわないように静かに過ごしましょう。

また、おでかけ予定の施設の情報をしっかりチェックしておくと安心です。
授乳室の場所や購入可能な赤ちゃんグッズ、宿泊する場合はキャンセル料の有無などを確認しておきましょう。

荷物は基本的に、普段使い慣れているものでOK。急な体調の変化に備えて、保険証は必ず持参してくださいね。

赤ちゃんや子供のおもちゃは、普段使っているものに加え新しいものを用意しておくと◎
移動中も飽きずに過ごせますよ。

赤ちゃんとの旅行を楽しむコツ②近場のコンパクトな施設からチャレンジ

初めての旅行は観光などではなく、1時間ほどで行けるようなレジャースポットがおすすめです。

赤ちゃんは同じ姿勢での移動になりがちなので、無理をせず近場のレジャースポットからチャレンジしてみましょう。
日帰りが可能な場所を選ぶのもいいですが、午前中から夕方まで楽しんで近隣のホテルに泊まれば、移動が少なく済みますよ。
温泉があるホテルなら、パパやママもリラックスできます。

また『ウェルカムベビーのお宿』は、設備やサービスなどが赤ちゃん連れ・子連れにやさしい宿泊施設なのでおすすめです。

赤ちゃん連れ&子連れ旅行のおすすめスポット9選♡

赤ちゃんも楽しめる旅行先出典:www.shutterstock.com

ここからは、赤ちゃんや子供連れにおすすめの旅行スポットを9か所ご紹介します。

授乳室やおむつ替え台はもちろん完備しているので、安心して遊べますよ。

レジャーランドなどの施設ごとにまとめたので、赤ちゃんや子供とやりたいことに合わせて選んでみてくださいね!

自然を楽しめる♪レジャーランド3選

まずは、自然の中にアトラクションなどがあるレジャーランド施設をご紹介します。

ふなばしアンデルセン公園

ふなばしアンデルセン公園出典:www.park-funabashi.or.jp

広大な敷地内が5つのゾーンに分かれている、“ふなばしアンデルセン公園”。

赤ちゃんや小さな子供には、花の城ゾーンにある「キッズガーデン」がおすすめ。3歳までの小さな子供向け遊具があります。
「花の城レストハウス」は授乳室、休憩所を兼ね備えた施設。赤ちゃん向けのプレイルームもあり、滑り台などが楽しめます。

四季折々の花やイベントが楽しめるので、どの季節でもおすすめです。自然を満喫するだけでも楽しめますよ。

◆ふなばしアンデルセン公園
所在地:〒274-0054 千葉県船橋市金堀町525番
電話:047-457-6627
アクセス:東関東自動車道 谷津船橋インターから約40分
入場料:一般900円、幼児(4歳以上)100円、小中学生200円(1割引の前売り入園券あり)
※その他、施設利用料金あり100~300円
ベビーカー貸出:B型タイプ、100円

ツインリンクもてぎ

ツインリンクもてぎ出典:www.twinring.jp

豊富なアトラクションとアクティビティで人気の”ツインリンクもてぎ”。

「モビパーク」にはひとり座りができる赤ちゃんでも乗れるアトラクション『森の教習所』などがあります。
「ハローウッズの森」内を散策しても良いですね。

3歳以上ならたくさんのアトラクションを楽しめるので、兄弟がいる場合にも◎

また、日にち限定・予約制のアクティビティもあるので、旅行日程に合わせて調べておくとさらに満喫できますよ。

宿泊はホテルツインリンクがおすすめです。

◆ツインリンクもてぎ
所在地:〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
電話:0285-64-0001
アクセス:宇都宮からバス約90分
入場料:中学生以上1,200円、3歳~未就学児300円、小学生600円
ベビーカー貸出:B型タイプ、310円

軽井沢おもちゃ王国

軽井沢おもちゃ王国出典:www.omochaoukoku.com

“軽井沢おもちゃ王国”は、おもちゃの部屋エリア、自然・アスレチックエリア、アトラクションエリアに分かれています。

おもちゃの部屋には、木でできた懐かしいおもちゃから、人気の高いトミカ・プラレールやこえだちゃんなど、最新のおもちゃまで揃っています。

アトラクションエリアには、0歳から利用できるアトラクションも。上の子ももちろん楽しめますよ。

おもちゃ王国から徒歩5分の“ホテルグリーンプラザ軽井沢”は、ウェルカムベビーのお宿にも認定されています。

◆遊びの創造ランド 軽井沢おもちゃ王国
所在地:〒377-1512 群馬県吾妻郡嬬恋村大前細原2277
電話:0279-86-3515
アクセス:碓氷軽井沢ICから約60分
入場料:中学生以上1,200円、2歳~小学生900円
ベビーカー貸出:A型タイプ、無料貸出

初めて見るおさかなにワクワク♪水族館3選

赤ちゃん連れの旅行は、水族館もおすすめです。室内で天候に左右されにくく、暑い夏でも屋内で涼めますよ。

横浜・八景島シーパラダイス

横浜・八景島シーパラダイス出典:www.seaparadise.co.jp

“横浜・八景島シーパラダイス”は、4つの水族館からなるアクアリゾーツとアトラクションエリアがあります。
アトラクションエリアは、2021年4月27日にリニューアルオープン。

「ふれあいラグーン」のホエールオーシャンでは、間近で可愛いイルカの姿を見られます♪
また「ドルフィンファンタジー」のアーチ水槽は、幻想的でおすすめです。

横浜・八景島シーパラダイス内にあるホテル“HOTEL SEA PARADISE INN(ホテルシーパラダイスイン)”では、ワンデーパスが2日分ついたプランがありますよ。
2日に分けて少しずつ回れるので嬉しいですね。

◆横浜・八景島シーパラダイス
所在地:〒236-0006 横浜市金沢区八景島 横浜・八景島シーパラダイス
電話:045-788-8888
アクセス:首都高速湾岸線 幸浦出口約1.5km
入場料:アクアリゾーツパス大人3,000円、幼児(4歳以上)900円
※アトラクションとセットのワンデーパスなどもあり
ベビーカー貸出:B型タイプ、500円

鴨川シーワールド

鴨川シーワールド出典:www.kamogawa-seaworld.jp

“鴨川シーワールド”は、2021年に50周年を迎えました。館内では50周年記念グッズの販売があり、レストランでは記念メニューも楽しめます。

イルカをはじめ、シャチやベルーガ、アシカなど、豊富なパフォーマンスショーがあり、赤ちゃんや子供達も大喜びしてくれますよ。

隣接する“鴨川シーワールドホテル”は、レストランでの離乳食サービスなど、赤ちゃんに優しいホテルです。
夏にはガーデンプールも楽しめるうえ、エステルームまで完備。家族みんなでホテルステイを満喫できますよ。

◆鴨川シーワールド
所在地:〒296-0041 千葉県鴨川市東町1464-18
電話:04-7093-4803
アクセス:海ほたるPAより約1時間10分
入場料:高校生以上3,000円、幼児(4歳以上)1,200円、小中学生1,800円
ベビーカー貸出:タイプ不明、300円

アクアワールド茨城県大洗水族館

アクアワールド茨城県大洗水族館出典:www.aquaworld-oarai.com

サメの飼育種類が日本一・マンボウ水槽が日本最大級など、個性的な水族館です。

9つのエリアに分かれているので、小さな子供も飽きずに回れます。
「キッズランド」には、魚を模した遊具や、生き物と触れ合えるタッチングプールがあります。

カフェでは粉ミルクのお湯の用意や、離乳食の温めをしてくれるので、赤ちゃん連れも安心ですね。

◆アクアワールド茨城県大洗水族館
所在地:〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8252-3
電話:029-267-5151
アクセス:水戸大洗ICより約15分
入場料:大人2,000円、3歳以上300円、小中学生900円
ベビーカー貸出:タイプ不明、300円

楽しさ満点♪テーマパーク3選

子供だけでなく、ママもパパも楽しめるテーマパーク。
赤ちゃんや子連れにやさしい設備やサービスが整っています。

好きなキャラクターにも会えて、赤ちゃんも大喜びですよ♪

ムーミンバレーパーク/メッツァビレッジ

ムーミンバレーパーク/メッツァビレッジ出典:metsa-hanno.com

ムーミンの世界が楽しめる、“ムーミンバレーパーク/メッツァビレッジ”。

全長約200mの回廊に1,200本の傘が並ぶ“アンブレラスカイ”が毎年人気のイベントです。

大自然を満喫できる“メッツァビレッジ”もおすすめ。ゆっくりした時間を過ごせますよ。

おしゃれなカフェや北欧雑貨店もあるので、ママも楽しんでくださいね。

◆ムーミンバレーパーク/メッツァビレッジ
所在地:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ
電話:0570-03-1066
アクセス:圏央道狭山日高インターチェンジから県道262号線経由約12分
入場料:中学生以上2,500円、こども4歳以上1,500円※1デーパスや前売り券あり
ベビーカー貸出:タイプ不明、無料貸出

東京ディズニーランド/ディズニーシー

東京ディズニーランド/ディズニーシー出典:www.tokyodisneyresort.jp

言わずと知れた東京ディズニーランド/ディズニーシー。近隣のホテルに泊まってゆっくり楽しむと◎

「ベビーセンター」では、おむつ替えや授乳をはじめ、赤ちゃんの食事も可能。ミルク用のお湯や電子レンジもあります。オムツやおしりふきを購入することもできるので、忘れ物しても安心です。事前に場所を確認しておくと良いですよ。

ひとり座りができれば楽しめるアトラクションも多数あるので、赤ちゃんも大満足です♪

◆東京ディズニーランド/ディズニーシー
所在地:〒279-8511 千葉県浦安市舞浜1番地1
電話:0570-00-8632
アクセス:JR舞浜駅(東京駅から電車で15分)
入場料:(1デーパスポート)18歳以上8,200円~、4~11歳4,900円~※入園時間指定パスポートあり
ベビーカー貸出:B型タイプ、1,000円

横浜アンパンマンこどもミュージアム

横浜アンパンマンこどもミュージアム出典:www.yokohama-anpanman.jp

1階はショップやフードコートになっていて、入場は無料です。「ジャムおじさんのパン工場」で作られるキャラクターパンは大人気!
「アンパンマンカーニバル王国」ではゲームや乗り物も楽しめます。

2・3階がミュージアムになっていて、「わんぱくアイランド」では体を思い切り動かして遊べます。
アンパンマンや仲間たちに会えるショーは、一緒に歌ったり踊ったりして楽しさ満点♪

3階はベビーカーの利用ができないので、2階のベビーカー置き場に預ける必要があります。
抱っこ紐を忘れずに持って行きましょう。

◆横浜アンパンマンこどもミュージアム
所在地:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9
電話:045-227-8855
アクセス:首都高横羽線「みなとみらい」出口より10分
入場料:4歳~大人2,200円
ベビーカー貸出:なし

おすすめスポットで赤ちゃん連れの旅行を楽しんで♡

日常から離れた旅行は、仕事も家事も休んでリフレッシュできます。
ファミリー向けの施設を利用すれば、初めての旅行でも安心して楽しめますよ。
ぜひおすすめのレジャースポットで赤ちゃんとの旅行を楽しんでくださいね♡

2021.05.02 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。