夏は《7大ねばねば食材》が大活躍!体に嬉しい効果&簡単レシピ7つ

グルメ・レシピ

夏バテ予防や美容・健康に良いとされている「ねばねば食材」。

今回は《7大ねばねば食材》に絞り、その嬉しい効果と簡単レシピをご紹介します。

misaki.o
misaki.o
2016.06.10

7大ねばねば食材①めかぶ

出典:www.recipe-blog.jp

まずは、見るからに涼しげで夏にピッタリな冷奴からご紹介します。

腸内の余分な糖分やコレステロールを吸収し、血糖の上昇を抑えてくれる働きを持つ「めかぶ」を取り入れています。

さっぱり・ツルツルの喉越しで、食欲のない日にでも食べられそうですね。

《めかぶたらこあん豆腐》 レシピはこちら

7大ねばねば食材②納豆

出典:www.recipe-blog.jp

ビタミンB2が豊富で、血糖値を下げる効果を持つ「納豆」は、もっとも手軽なねばねば食材ですよね。

長芋のステーキは、ほくほく&サクサクな食感でやみつきになりそう♡

こちらのレシピは、爽やかな大葉としそ昆布の風味がプラスされた、香り豊かな1品です。

《長芋ステーキ・納豆のせ》 レシピはこちら

7大ねばねば食材③オクラ

出典:www.recipe-blog.jp

消化を助けてくれる働きを持ち、食物繊維が豊富な「オクラ」は、カルシウムや鉄、カロチン、ビタミンCなども含まれていて、美容効果も期待できる食材です。

こちらのレシピでは、ご飯が進みそうな照り焼き味を紹介されています。冷凍保存しておけば、お弁当のおかずにも使えますね。

他にも、板ずりしたオクラをお肉で巻いて耐熱皿に乗せ、サランラップをかけてレンジでチンをしただけという、ヘルシーな蒸しタイプもオススメです。

こちらは、さっぱりとポン酢でいただくのが◎

《オクラと大葉の肉巻き》 レシピはこちら

7大ねばねば食材④もずく

出典:www.recipe-blog.jp

胃の働きを助けてくれるので、二日酔いなどにも嬉しい「もずく」。

酢の物や麺類のトッピングで食べることが多い食材ですが、こちらのレシピでは、お肉と混ぜてミートローフの具として使っています。

ボリュームもありながら体に良く、さっぱりと食べられます。さらに、レンジで手軽に作れるのも嬉しいポイントですよ。

《もずくローフのいなり挟み蒸し》 レシピはこちら

7大ねばねば食材⑤山芋

出典:www.recipe-blog.jp

こちらは、胃腸の機能を回復させる働きがあり、また目の疲れ回復にも効果的な「山芋」を使ったレシピです。

鮭のホイル焼きはよく聞きますが、そこに山芋もプラスすることで、ふわふわ感と栄養が増し、より美味しい1皿に仕上がります。

《鮭のとろろホイル焼き》 レシピはこちら

7大ねばねば食材⑥なめこ

出典:www.recipe-blog.jp

袋から出してそのまま使える、とっても便利な「なめこ」。

そんなお手軽食材のなめこには、免疫力アップ・腸内環境を整える働き・アレルギー予防……など、様々な効果が備わっています。

こちらのレシピでは、バター&ポン酢でさっぱりコクウマに仕上げています。

《なめこと長芋のバターポン酢》 レシピはこちら

7大ねばねば食材⑦山芋

出典:www.recipe-blog.jp

オクラ・長芋・なめこ……と、ねばねば食材をたくさん使った嬉しい冷や汁。喉ごし良くさっぱりといただけそうですね♪

実はカプサイシンが含まれていて、脂肪燃焼効果も期待できる「長芋」。

他のレシピでも多く使われていて、いろいろな食材との相性の良さ・使いやすさがわかります。

《ネバネバとろろ汁》 レシピはこちら

いかがでしたでしょうか?ねばねば食材を使った簡単レシピをご紹介いたしました。

参考にしていただけると嬉しいです♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。