「片付けなさい!」は必要なし♡子どもを片付け上手にする4つの方法

子育て・ライフスタイル

なかなか上達しない、子どものお片付け。毎日の積み重ねで、イライラが募ってしまう……。
そんなときは、ちょっとした工夫をしてみましょう♪
今回は、子どもが片付け上手になる方法をお伝えします。

子どもを片付け上手にする方法① 簡単なことを短い時間で!

まずは、簡単な片付けを、短い時間で行うことから始めましょう。

部屋中に散らばったおもちゃを一気に全部片付けるのは、子どもにとっては時間もかかりますし、大変ですよね。

そんな時は、「5分でここのおもちゃだけ、一緒に片付けようね。」といったように、時間と場所を決めて、ピンポイントに指示しましょう。

短時間なら、お子さんと楽しみながら片付けもすぐ終わりますし、達成感も味わうことができます。

それを日課にすることで、片付けのしつけにもつながるでしょう♪

子どもを片付け上手にする方法② はじめのうちは一緒に♡

片付けの練習を始めたうちは、ママも、子どもと一緒に片付けをしましょう。

子どもだけに「片付けなさい!」と指示をすると、一方的に言われていると感じて、片付けが苦手になってしまいます。

ママも一緒にやる姿勢を見せることが大切です。

苦手な片付けだって、ママと一緒なら楽しい時間に変わります。

「おっかたづけ~♪」と、お片付けの歌を作って楽しんでみるのも良いですね!

慣れるとそのうち、自分からできるようになっていきますよ。

子どもを片付け上手にする方法③ 失敗しても怒らない!

子どもは、何回か注意すれば、言うことを聞くようになります。とは言え、声を荒げて怒ったりしてしまうのは逆効果!

例えば、「机を片付けてね」と優しく注意したとします。

しかし、まだ遊んでいたい子どもは、無視をすることもありますよね。それでも優しく、何度も繰り返しましょう。

何度も言ううちに、そのうち遊びをやめて片付けをするようになります。

お片付けが嫌なものとならないためにも、注意をするときは、優しく、静かに言い続けることが大切です。

子どもを片付け上手にする方法④ できたときは大げさに褒める♪

少しでも片付けができたときには、大げさに褒めてあげましょう!

ママに褒められることで喜びを感じ、片付けが楽しいという感情につながります。

子どもは、楽しいと思うことは何でも自ら進んで行います。

片付けの楽しさ・気持ちよさを教えることで、自然と自分からやるようになるでしょう♪

家事で忙しいのに、子どもに部屋を汚されると、思わず「早く片付けなさい!」と大声を出してしまうこともありますよね。
最初から上手にお片付けができる子どもは、なかなかいません。
しつけとして、少しずつ楽しみながら片付ける方法を教えてあげることが大切ですね。