40代で出産!「高齢出産」に向けて準備をしておくこととは?

子育て・ライフスタイル

年齢を重ねるとともに、受精・着床は起こりにくくなるそうですが、近年の医学の発展や晩婚化に伴い、40代で妊娠・出産する女性も増えています。

そこで今回は、40代での高齢出産に向けて準備しておくこと、また出産後にしなければいけないことをご紹介します。

40代でのお産♡高齢出産に向けての準備① 体力をつける!

高齢出産に向けて、一番大切なのは体力!

30代までの出産でも体力は必要なのですが、特に40代での出産は体力が必要です。

なぜかというと、20代、30代、40代と年齢を重ねるごとに、生まれるお子さんの体重が増えていくという説があるから。

また、基礎代謝が年々落ちていくので、それに負けない体力作りをしておく必要もあります。

体調が悪いときの無理な運動は禁物ですが、コンディションが良いときはゆっくり散歩をしたり、掃除をしたり、ヨガに行くなど、軽い運動やエクササイズを行うと◎

出産へ向けての体力UPが望ましいですが、最低でも体力を維持しておくことが大切です♪

40代でのお産♡高齢出産に向けての準備② 鉄分をしっかりと摂る

高齢出産では、若い年齢での出産よりも貧血になりやすいのだそう。

自分では大丈夫だと思っていても、倦怠感や頭痛、めまいなどの症状がでたら、それは貧血のサイン。

安静にする、栄養をとる、鉄分を摂取するなど、しっかり自分の体と向き合っていきましょう。

また出産時は大量の出血を伴うので、妊娠中だけでなく、産後にも貧血になることがあります。

授乳して赤ちゃんに栄養を分けてあげられるように、妊娠中から意識的に鉄分を摂るよう気を配りましょう♡

40代でのお産♡高齢出産後の心構え① 母乳が出るように食事に気をつける

40代での出産は、母乳の出が悪くなると言われています。母乳の出をよくするためにも、食事面から気をつけていきましょう。

水分を多めに摂取する、栄養バランス良く食べる、脂質糖質を摂りすぎないのが基本事項。

野菜は根菜を選ぶと◎

根菜がたっぷり入った具だくさんの味噌汁は、授乳中のママにぴったりです。

また、母乳がママの血液から作られることを意識して、湯船に浸かって血流を良くするのも良いこと。内と外から、体を温めましょう♡

40代でのお産♡高齢出産後の心構え② 骨盤の引き締めをしっかり

産後の骨盤が開いた状態が続くと、余分な脂肪や贅肉が付きやすくなるので、体型が崩れやすいと言われています。

そして40代の出産は、骨盤の戻りが遅いという説があります。

開いた骨盤がしっかりと戻るように、骨盤矯正ベルトをつけたり、骨盤エクササイズをするなどの工夫が必要です。

骨盤の締まりが感じられるようになってから、太もも・お腹まわりなどのエクササイズ、散歩など、徐々にペースアップしていくと効果的です♡

20代、30代、40代で明らかな差が出てしまう、体力や体型の戻り方。それを踏まえてきちんと準備をしておけば、こわいものなしです。

「40代で出産したとは思えない!」と言われるママを目指して、がんばりましょう♡