夕食を置き換えるだけでもOK!「お粥」のダイエット効果とは?

世の中には、冷やごはんダイエットやおにぎりダイエット、もち麦ごはんダイエット、寝かせ玄米など、多くのお米を食べるダイエット方法があります。

今回お話したいのは、“炭水化物の量を減らさずに楽に痩せられる方法”としての「お粥ダイエット」。

痩せるだけでなく、なんとなくじんわりカラダが温まるお粥は、冷房で内臓が冷えるこれからの季節にもぴったりな一品ですよ。

「お粥ダイエット」をおすすめする理由と痩せる仕組みについて

きれいなスタイルを保つことは、女性の永遠の課題ですね。

そもそもダイエットとは、単なるサイズダウンや体重減少を目的にするのではなく、健康的な体を維持することを指します。

お粥には短期間で痩せられる効果があると言われています。

水分でかさ増しされているため、カロリーが低くなる傾向にあり、普通のごはんに比べて、同じ量のお米でも満足感が違います。

また、消化吸収が早いため血糖値が上がりやすく、少量でも満腹感を得ることができます。

このことから、徐々に胃が小さくなっていくということに繋がるのです。

またお粥は、「お米と水分」でできていることから、通常の食事よりも腸を通過する速度が早くなります。

そのため、お粥に含まれている水分が途中で吸収されることなく大腸に届き、溜まった便を出しやすくしてくれる効果が期待できるのです。

お粥がダイエットに向いていると言われるのは、このようなことから、自然と体重が落ちやすい体になるため。

「挑戦してみたいけれど、お粥だけという食事は辛い」という方は、夕食のみをお粥にしてみましょう。無理せず試してみてくださいね。

(ただし、もともとやせ型の方に同様の効果が出るわけではなく、体質や生活習慣による個人差がありますので、ご自身の体に合った方法を行ってください。)

「お粥ダイエット」のメリット・デメリット

「お粥ダイエット」のメリットとしては、カロリーが低い点と、消化吸収が良く、体を温めてくれるということがあります。

胃腸が弱っているときや、食欲のない時におすすめです♪

デメリットとしては、"噛まない"ということがあります。

流し込むように食べてしまいがちになり、水分をたくさん吸わせてかさ増ししているので、満腹感が持続しないのです。

改善方法としては、

・炊く時間を短くして米粒の形を少し残す
・雑穀を加えて炊く

どちらも"噛む"ということに重点を置いていますので、ダイエット効果が期待できます。雑穀を加えることにより、栄養も補強されます。

お粥を食事のメインにすると、栄養分(たんぱく質・ビタミン・ミネラルなど)が不足しがちになるので、上手にトッピングを利用しましょう。

玄米のお粥は、一度炒ってから炊くと香ばしくなりますし、小豆などを一緒に炊いても◎

もしもお粥を作りすぎたら、玉ねぎやベーコンを炒めて加え、水分を飛ばすように煮込み、粉チーズやこしょうでリメイクするのも、おすすめです。
ちょっとだしを効かせて、お塩を入れるのも美味。じっくりことこと煮たお米をゆっくり味わう……。たまには食事の時間で、ゆっくりと自分のココロと体に向き合うのも大切なことですね。

もちろん、体質で合う方も合わない方もいらっしゃると思います。お粥ダイエットも、お粥だけを食べる方法をおすすめしているわけではありません。

いつも食べるごはんを
・おかゆにする
・玄米にする
・冷やごはんにする
・雑穀米にする
など、同じ「ごはん」でもパターンを変えて、あなたに会う「ごはんを我慢しなくていい方法」を見つけてみてくださいね。

お粥 ダイエット 効果

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡久地奈々子/お米マイスター

「ごはんが好き」な興味でスタートした仕事の中で お米の奥深さに魅了され、師とも仰ぐべき生産者の方と…

>もっとみる