「つばを吐く……」そのとき子どもへ教えなくてはいけないことって?

子育て・ライフスタイル

子育てをしていて、子どもの「つばを吐く」という行為に悩むママも、実は多いのだそう。
汚い・お行儀が悪いという意識がまだ身についていない子どもにとって、つばを吐くことが、遊びの一環となってしまっていることも……。
我が子がつばを吐くときに、親として、どのようにしてやめさせたらいいのかを考えてみましょう!

子どもがつばを吐くときに気をつけたいこと①理由を探ろう

子どもがつばを吐く理由には、さまざまなものがあります。

・嫌なことがあったとき
・ママの注意を引きたいとき

こんなタイミングでも、子どもがつばを吐くことがあります。

子どもの行動を観察し、いつ・どんなタイミングで、どんな感情でつばを吐いているのかを、注意してみましょう。

発達障害や自閉症などの有無にかかわらず、つばを吐く行為が感情表現の一つとなっている可能性もあります。

子どもがつばを吐くときに気をつけたいこと②叱るタイミング

マナー的にもいただけない、「つばを吐く」という行為。

大人から子どもに注意をするのは、つばを吐いた直後がベストタイミングです。

小学生くらいなら、多少きつめでもいいですから、「つばを吐くことはよくないこと」だと、粘り強く伝えましょう。

叱らないでいれば、大きくなるにつれて問題が大きくなるばかり。

叱るときには真剣に、しっかりとダメな理由を伝えていきましょう。

子どもがつばを吐くときに気をつけたいこと③気持ちを伝える他の方法を教える

不安や嫌な気持ちから、つばを吐く行為に及んでいるようなら、子どもに代わりの感情表現の手段を教えてあげることも、改善策の一つです。

「嫌なことがあったら、嫌って言えば伝わるよ」

「遊んで欲しいときには、『遊ぼう!』って言ってごらん」

そんな風に、親が具体的につばを吐く以外の手段を教えてあげることで、つばを吐く必要がなくなっていくはずです。

子どもがつばを吐くときに気をつけたいこと④もしかしたら愛情不足かも?

いくら注意をしても、つばを吐くことをやめないなら、それは、子どもが愛情不足を感じているサインかもしれません。

子どもは、汚い言葉使いや、つばを吐くなど、親から叱られる行動を敢えてとることで、親の目を引き、愛情を確認しようとすることがあります。

日頃から愛情を感じられるよう、ハグや親子のふれあいの時間をしっかりと持つことで、子どもの気持ちも安定し、問題行動が減ります。

頭を悩ませていた、子どもの「つばを吐く」行為の裏には、上手に伝えられない気持ちが潜んでいることも……。
お行儀が悪いからと叱るだけでなく、どうしてつばを吐くのか、その背景をしっかりと考えて、親としても適切な対応をしていきたいですね。