「隠された攻撃性」が分かる診断

【心理テスト】この画像何に見える?「隠された攻撃性」が分かる診断

Baby&Kids / Life style

攻撃性と聞くと、危険で悪質な性質のように感じられますが、人間誰しもに備わっている必要不可欠な要素。どんなに優しい人物も、心の奥底には必ず攻撃性が隠れているものなのです。
今回は、あなたの「隠れた攻撃性」が分かる心理テストをご紹介します。自分の危険な一面に興味がある方は、怖いもの見たさで一度診断を受けてみてください。

― 広告 ―

この画像何に見える?

【心理テスト】この画像何に見える?「隠れた攻撃性」が分かる診断

Q.この画像を見て真っ先に思い浮かんだのは、次のうちどれ?

A.工具のバール

B.ピッチャー

C.数字の『1』

D.剣を入れる鞘

それでは、以下の項目から気になる診断結果を見ていきましょう。

A.工具のバールを選んだ人の診断結果

工具のバールを選んだあなたの隠れた攻撃性は、「正義感に駆られて怒る」ときに見られます。

バールは、テコの原理を利用して釘を引き抜いたり、重いものを持ち上げたりするための工具。バールは西洋発ですが、日本ではもともと『えんま』と呼ばれる道具を使っていました。

このえんまは、閻魔様が嘘吐きの舌を引っこ抜くために使っていた道具なのだとか。画像からバールを連想したあなたは、閻魔様のような正義の人。そのため、正義感に駆られることで怒るタイプです。

B.ピッチャーを選んだ人の診断結果

ピッチャーを選んだあなたの隠れた攻撃性は、「感情を刺激されて怒る」ときに見られます。

心理学における水は、感情や情緒を意味するモチーフ。画像から、今まさにコップに水を注いでいる傾いたピッチャーを選んだあなたは、心をとっても大事にする人。

繊細な性格なこともあり、感情を刺激されるとカッとなってしまうことがあるかもしれません。『ひどい!』と思うようなことを言われたりされたりすると怒るタイプでしょう。

C.数字の『1』を選んだ人の診断結果

数字の『1』を選んだあなたの隠れた攻撃性は、「理不尽さに不満を感じて怒る」ときに見られます。

多くの人が、『1』という数字から1等章、1位、第一人者などの言葉を連想します。これらはすべて勝利を意味する言葉ですから、画像から数字の『1』をイメージしたあなたは、何事でも一番になりたい人。

『自分はもっと優遇されるべき』という気持ちがありますから、納得のいかない対応をされるとイライラしてしまうのでは。理不尽さに不満を感じると怒りを抑えられなくなるタイプです。

D.鞘に納められた剣を選んだ人の診断結果

鞘に納められた剣を選んだあなたの隠れた攻撃性は、「我慢が限界に達して怒る」ときに見られます。

武器の一種である剣は、いうまでもなく攻撃性のメタファー。剥き出しであれば所構わず表れる攻撃性して捉えますが、鞘に納められている状態なら攻撃性を抑え込んでいることを意味します。

画像から鞘に納められた剣を連想したあなたは、温厚で優しい人。イラっとすることがあっても我慢するタイプでしょう。一方で、我慢が限界に達すると、手がつけられないほど怒り狂ってしまうことも……。

まとめ

診断お疲れ様でした。攻撃性は、自分を守るために必要不可欠な性質です。そのため、怒りを悪い感情と決めつけて排除しようとしたり、抑え込んだりする必要はありません。
他者から一方的に傷つけられたなど、『攻撃性を表すべきとき』は素直に怒りを表現して、自分の心を守ってあげてくださいね。

心理占星術師/吉田青央

◆心理占星術師/吉田青央

心理占星術師・心理学研究家。8歳から精神医学、10歳から占星術を学び始める。現在では占星術や心理学に関する執筆を行っている。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

― 広告 ―