3回目の救急。原因不明のまま緊急入院……それは悲劇の予兆でした

3回目の救急。原因不明のまま緊急入院……それは悲劇の予兆でした

子育て・ライフスタイル

火ノ鹿たもん著『ウチのムスコがマザコンになったワケ』(イースト・プレス)第1話を全4回に分けてお届け!第3回のお話は……?
5年前、当時2歳のナナセくんに突然起こった、39度の発熱や顔の腫れ。
救急病院での担当医師・Y先生によると、それはナナセくんが日頃からおやつで食べている、ドライフルーツが原因で起こった「アナフィラキシー」でした。
薬を処方してもらい帰宅しましたが、帰ってきて早々ナナセくんが「痛い痛い!」と泣き叫び、2度目の救急に行くことに……。

3回目の救急……それはナナセくんに起こる悲劇の予兆でした

2度目の救急で聞かされたナナセくんを襲う身体中の痛み、それは薬の拒絶反応ではないかとのことでした。
その後ナナセくんはお薬を吸入し、楽になったので帰宅することに。

しかしその直後、ナナセくんの体に再度異変が……!
ナナセくんの顔はパンパンに腫れていき、その腫れがしだいに手足にまで及びました。

3回目の救急となりますが、迷ってはいられないほどの異常事態のためすぐに病院へ。
そして原因不明のまま入院することになりました。

ウチのムスコがマザコンになった理由(3)-1

ウチのムスコがマザコンになった理由(3)-2

ウチのムスコがマザコンになった理由(3)-3

ウチのムスコがマザコンになった理由(3)-4

Y先生によると、ナナセくんを苦しませるこの症状は「アナフィラキシーショック」ではないかとのこと。

ちまりちゃんはお父さんと帰宅することになり、たもんさんはナナセくんのそばにいてあげることになりました。
その夜たもんさんはナナセくんを寝かしつけていましたが、ナナセくんに刺している点滴の針がよく抜け、そのせいで流血し夜通し泣くという事態に。
そしてそれは、ナナセくんに起こる悲劇の予兆でした。

世が明ける頃にはナナセくんの体力はすっかり低下し、なんとナナセくんの目が開かなくなっていたのです……。

前の話はこちら!

次の話はこちら!

初回はこちら!

気になる続きを本・電子書籍・アプリで読みたい方はこちら!

火ノ鹿たもん 著『ウチのムスコがマザコンになったワケ』 (コミックエッセイの森)

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。