ドライフルーツが原因?突然のアナフィラキシー発症!

ドライフルーツが原因?突然のアナフィラキシー発症!

子育て・ライフスタイル

火ノ鹿たもん著『ウチのムスコがマザコンになったワケ』(イースト・プレス)第1話を全4回に分けてお届け!第2回のお話は……?
5年前、2歳児と8歳児の子育てをしながら雑誌で連載を抱え、他誌にもゲスト掲載するほど売れっ子だった漫画家・火ノ鹿たもんさん。
毎日仕事と育児に追われる、そんな同じ日常を繰り返す中、息子のナナセくんの腰にひっかき傷があり、39度という高熱まで出てしまいました。
次第にナナセくんの顔が少しずつ腫れてきてしまい、近所の救急病院へ向かうことに。
そこで医師から告げられた症状とは……!?

アナフィラキシー!その原因は……?

救急病院で診てもらった結果、ナナセくんに起こった症状は「アナフィラキシー」でした。

「アナフィラキシー」は食物や中毒に対し短時間で強いアレルギー反応がでる症状で、担当医師のY先生によると、日頃からナナセくんがおやつとして食べていたドライフルーツが原因ではないかとのこと。
しかし、たもんさんはさまざま種類のドライフルーツを混ぜて保存していたため、どのフルーツが原因で起こったかは特定ができませんでした。

その日は応急処置をしてもらい、たもんさんたちは帰宅することに。

ウチのムスコがマザコンになった理由(2)-1

ウチのムスコがマザコンになった理由(2)-2

ウチのムスコがマザコンになった理由(2)-3

ウチのムスコがマザコンになった理由(2)-4

ウチのムスコがマザコンになった理由(2)-5

すると、お家に帰ってきて早々ナナセくんが「痛い痛い!」と泣き叫びました。
ご飯も食べておらず、さらには病院から「またか」と思われたくないたもんさんは、再度救急に行くという判断がつかず躊躇していると、娘のちまりちゃんから「きゅうきゅういこ」と一言。
たもんさんは、「薬があるしたぶん大丈夫」「仕事もしないといけないし」と、自分勝手な気持ちが見透かされた気がして恥ずかしくなりました。

そして、この日2度目の救急に行くことになるのですが……。

前の話はこちら!

次の話はこちら!

気になる続きを本・電子書籍・アプリで読みたい方はこちら!

火ノ鹿たもん 著『ウチのムスコがマザコンになったワケ』 (コミックエッセイの森)

 

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。