旅育の秋!子連れで遊びながら学べる体験型施設7選

旅行・おでかけ

「旅育」という言葉が流行しているように、最近は子供に様々な体験をさせてあげることが大切といわれています。
楽しいと思う遊びの延長で学んでいく楽しさを知ることは、子供の脳と心を成長させるきっかけにもなるのだそう。
子連れで遊びながら学べる体験型施設は、気軽に訪れることができる旅育スポット。
秋は、体験型施設でプチ旅育を親子で楽しんでみませんか?

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設①日本未来科学館

日本科学未来館出典:www.facebook.com

実験と対話を通して先端の科学技術を体験できる“実験教室”、親子で一緒に体験型の展示を楽しめる“おや?っこひろば”、近未来の乗り物“UNI-CUB体験”と1日中遊びながら学べるスポットが「日本科学未来館」。

世界をさぐる・未来をつくる・地球とつながる、という3つのゾーンで構成された常設展は、第一線で活躍する科学者、技術者の監修で制作されています。
私たちをとりまく世界や育まれる生命、未来の豊かさをつくるアイデア、地球の自分がどうつながっているかなど親子で好奇心を刺激される展示ばかり!
秋は子連れ先端の科学技術を体験してみましょう。

館内には授乳スペースが設けられたカフェもあるので、赤ちゃん連れのママも安心してお出かけできますよ。

◆日本科学未来館
住所:〒135-0064 東京都江東区青梅2-3-6
電話:03-3570-9151
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日※祝日の場合は開館、12月28日~1月1日

日本科学未来館

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設②国立科学博物館

国立科学博物館出典:www.facebook.com

恐竜の化石や動物の剥製など『本物』が展示されている日本最大規模の総合科学博物館が「国立科学博物館」。

魅力がいっぱい詰まった博物館の中でも、ボタン操作で骨を動かす装置の体験コーナーが子供に大人気なのだそう!
また360°の全方位のスクリーンで浮いているような感覚が味わえる“シアター36○”、遊びの中から感じる力、考える力を養う“親と子のたんけんひろばコンパス”と子連れで楽しめる展示も充実しています。

“夜の天体観望公開”や、“音の科学教室”など子供から大人まで楽しめるイベントも開催されていますよ。
『恐竜博2019』や、『ミイラ~永遠の生命を求めて』など秋の特別展も要チェックです。

◆国立科学博物館
住所:〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
電話:ハローダイヤル 03-5777-8600
営業時間:日~木 9:00~17:00 / 金・土 9:00~20:00
定休日:月曜日、12月28日~1月1日

国立科学博物館

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設③リトルプラネット 新三郷

リトルプラネット新三郷出典:litpla.com

砂遊びやぬり絵、影絵遊び、紙相撲、ボールプールなどママ達も慣れ親しんできた遊びですが、デジタル技術で好奇心を刺激する遊びが「リトルプラネット 新三郷」に集結しています!

“プログラミング”体験は小学生、幼児と楽しめるメニューが豊富なので兄弟姉妹の子連れでもOK。
ファミリー向けのアトラクションも多いので、親子でたっぷり楽しめますよ。

秋は「遊びが学びに変わる星」をコンセプトにした体験型知育デジタルテーマパークで、未知の遊びに触れてみてはいかがでしょう?

◆リトルプラネット 新三郷
住所:〒341-8550 埼玉県三郷市新三郷ららシティ3-1-1 ららぽーと新三郷2F
電話:048-948-8204
営業時間:10:00~21:00
定休日:ららぽーと新三郷の定休日に準ずる

リトルプラネット 新三郷

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設④ズーアドベンチャー武蔵浦和

Zoo Adventure 武蔵浦和出典:www.anaway02.com

入り口でお出迎えしてくれる動物のぬいぐるみたちが印象的な“第2のおうち”をコンセプトにしたスポットが「ズーアドベンチャー武蔵浦和」。
寛ぎ、遊び、学びと子連れで様々な体験が楽しめる施設です♪

天井が高い店内は、キリンや象と等身大かと思うほど大きなぬいぐるみがたくさん!
訪れた子供たちの心を一気に掴みます。

心地よい音楽が流れる“マイホームカフェ”、未来を感じる家電や住宅設備を実際に体験、体感できる“マイ リビング&マイ ダイニング”、趣味、勉強、おしゃれを楽しむなどテーマが違うお部屋で習い事ができる“マイライフルーム&アクティブスタジオ”。
リフォームのスペシャリストが常駐する“マイメイクオーバー”、そして昇る、泳ぐ、隠れる、飛び跳ねるが体感できる“ズーアドベンチャー”、子供の夢あるお家の“ズーアドベンチャー・プレイハウス”とママにも子供にも嬉しい機能性を備えたお家が盛りだくさん。

各ルームそれぞれイベントが行われるそうなので、子供と一緒に色々な体験を楽しむ機会にもなります。
様々な世代が集うスポットなので、自然とコミュニケーション能力も高まりそうですね。

秋の休日は、ぜひ家族揃ってお出かけしてみませんか?

◆ズーアドベンチャー武蔵浦和
住所:〒336-0034 埼玉県さいたま市南区内谷7-9-1 JR高架下
電話:10:00~18:00
営業時間:048-789-7727
定休日:不定休

ズーアドベンチャー武蔵浦和

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設⑤カップヌードルミュージアム 横浜

カップヌードルミュージアム出典:www.cupnoodles-museum.jp

世界で1つだけのオリジナルカップヌードルが作れる“マイカップヌードルファクトリー”、チキンラーメンを手作りできる工房“チキンラーメンファクトリー”、自分自身がカップヌードルの麺になって生産工程を体感できる“カップヌードルパーク”と、他では体験できないアトラクションや展示が魅力的なスポットが「カップヌードルミュージアム 横浜」。

インスタントラーメンの生みの親である安藤百福(あんどうももふく)氏の、言葉や思考、行動を集約し現代アートで表現した“クリエイティブシンキングボックス”は、ママやパパが日々の日常で役立つアイディアが盛りだくさん。

大人も遊びながら学ぶことができる、秋におすすめの子連れお出かけスポットです。

◆カップヌードルミュージアム 横浜
住所:〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-4
電話:案内ダイヤル 045-345-0918
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜日※祝日の場合は開館、年末年始

カップヌードルミュージアム 横浜

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設⑥はまぎん こども宇宙科学館

はまぎんこども宇宙科学館出典:www.yokohama-kagakukan.jp

地下2階から地上5階までの館全体が宇宙船というワクワクするコンセプトの施設「はまぎん こども宇宙科学館」。
楽しく遊びながら宇宙や科学を学ぶことができる体験型展示が豊富で、幼児から大人まで1日中飽きずに過ごせます。

頭を使う“科学工作教室”に、身体と感覚を使う“宇宙トレーニング室”、“あそびの広場”とバランス良く楽しめるのも魅力的♪

子連れに嬉しい広々とした休憩所もあるので、疲れたらひと休みも◎
お弁当の持ち込みもOKというママにも嬉しい施設です。

毎週土曜日は、小・中・高校生の入館料が無料という嬉しい特典も♪
星空観察会など、秋のイベントもお出かけ前にチェックしてみましょう。

◆はまぎん こども宇宙科学館
住所:〒235-0045 神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
電話:045-832-1166
営業時間:9:30~17:00
定休日:第1・3火曜日ほか※公式HPでご確認ください

はまぎん こども宇宙科学館

秋に行きたい!子連れで遊びながら学べる体験型施設⑦航空科学博物館

航空科学博物館出典:www.aeromuseum.or.jp

最後にご紹介する子連れにおすすめの体験型施設は、成田空港に隣接している航空の展示に特化した「航空科学博物館」。

2004年まで活躍した本物のボーイング747の機首部分を見ることができる“見学ツアー”では、パイロットの制服を着てコックピットの機長席に座ることもできるそう!
飛行機好きの子供はもちろん、大人もワクワクする体験ができそうです。

他にパイロット訓練シュミレーターを改修した“DC-8フライト体験”では、静岡、福島、東京コースの3種類のフライト体験を楽しめるのだとか。
操縦は2名までですが、他の人は乗客体験ができます。
まだ操縦ができないお子さんでも、乗っているだけでフライト気分をしっかりと味わえますよ。
秋の思い出作りにぴったりの体験になりそうですね。

◆航空科学博物館
住所:〒298-1608 千葉県山武郡芝山町岩山111-3
電話:0479-78-0557
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日、12月29日~31日

航空科学博物館

子連れで遊びながら学べる体験型施設をご紹介いたしました。どれも特別感たっぷりの体験ができるスポットばかりです。
ぜひ、秋のお出かけはプチ旅育を計画してみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。