パクチーをおうちで育てて食べる♡簡単!プランター栽培のコツと活用法

子育て・ライフスタイル

好き嫌いがはっきり分かれる、独特の香りを持つパクチー(コリアンダー)。
「家庭で植えて、たくさん栽培して、いっぱい食べたい!」という方もいるのではないでしょうか?
そんな方の為に、パクチーの簡単な育て方とその活用法をご紹介します♪

プランター菜園♪パクチーの育て方①品種と栽培法

プランター菜園♪コリアンダーの育て方①品種と栽培法出典:www.shutterstock.com

パクチー(コリアンダー)とは、独特の香りがして好き嫌いが分かれるセリ科の香味野菜。
各国で呼び名が違い、日本では乾燥させたものを「コリアンダー」、生食のものを「パクチー」という認識があるようです。

パクチーの栽培法ですが、移植を嫌う野菜なので、種まきから栽培していきます。

時期は春と秋の2回ありますが、害虫被害が少なく、収穫を長く楽しめる「秋まき」がおすすめです♪

プランター菜園♪パクチーの育て方②種まき

プランター菜園♪コリアンダーの育て方②種まき出典:www.shutterstock.com

パクチー(コリアンダー)の種は、ハーブの種にしては大きく、特徴のある種です。

タネを蒔くときのポイントは、発芽しやすいように半分に割ること。
平らな場所で軽く力を入れて、板ずりをするとパカッと割れます。

さらに紙やすりなどで種に少し傷をつけ、ひと晩水に漬けておくと発芽しやすくなりますよ♪

パクチーの栽培に使う鉢・プランターは、直径18cm以上、深さ8~10cmの丸型の鉢がおすすめ。

鉢底ネットと鉢底石を敷いたら、培養土を8分目あたりまで入れ、種をまんべんなく「ばらまき」し、薄く土をかぶせます。
手で軽く押さえたら、霧吹きなどで水遣りをして種まき完了!

※発芽するまでの約2週間は、上から不織布をかぶせるなどして、土が乾燥しないように注意しましょう!

プランター菜園♪パクチーの育て方③管理方法と収穫

プランター菜園♪コリアンダーの育て方③管理方法と収穫出典:www.shutterstock.com

発芽したら不織布を取り外し、藁などをしいて保温してあげると生育が良くなります♪
発芽後の水遣りは、土が乾いたらするようにしましょう。

草丈20cmまで成長したら、いよいよ収穫時期です。
株ごと収穫しても、下の葉を摘み取りながら収穫してもOK!

6月には白い綺麗な花を咲かせます。
パクチー(コリアンダー)の種は、葉とは対照的にオレンジのようないい香り。

種をとって、自家製「コリアンダーシード」を楽しむのも良いですね♡

パクチーのおすすめ活用法♪コンパニオンプランツ

コリアンダーのおすすめ活用法♪コンパニオンプランツ出典:www.shutterstock.com

パクチー(コリアンダー)の活用法でおすすめしたいのが「コンパニオンプランツ」です♪

これは、他の植物を育てるときに、パクチーを一緒に植えておくと、病虫害を防いだり生育を良くすることができるというもの。

パクチーの独特の匂いで、害虫を寄せ付けなくなるのです。
パクチーとペアで植えるといい植物はいろいろありますが、中でもおすすめなのは「ネギ」です。

家庭菜園を作る際に、ぜひ試してみてくださいね♡

2021.04.05 UP
※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。