年末の大掃除は本当に完璧?おうちに潜む見えない”菌”対策とは

提供:ジョンソン株式会社 子育て・ライフスタイル

年末の大掃除は、もう終わりましたか?
気持ちよく新年を迎えるためにも、家族の健康のためにも、我が家は常にキレイにしておきたいですよね。
ところが、多くのママがうっかり忘れてしまう、「ある場所」があるんです。
なかなか気がつかない、けれどとても重要な場所の"菌"の対策についてご紹介します。

4yuuu!
4yuuu!
2015.12.16

年末の大掃除は、完璧ですか?♪

気づけばもう2015年も残りわずか。

キッチンのコンロまわり、ベランダ、クローゼットの奥……
普段はマメに掃除しない場所も、しっかりキレイに大掃除!

"あとは新年を待つだけ♪"と、安心しているママに、緊急警告です!!

お風呂の湯船の内壁にある「追いだき配管」の中、うっかり忘れていませんか?
いきなり「追いだき配管」なんて言われてもピンと来ない?

「追いだき配管」とは、湯船のお湯を追いだきするときに、お湯が出て戻ってくる配管のこと。あまり知られていませんが、実は、この配管の中には、大腸菌群やブドウ球菌、緑膿菌などなど、コワ〜イ雑菌がウジャウジャいるのです。。

でも、「追いだき配管」の中はほとんど見えませんし、手も届かないので、知らずに放置しまうお宅がほとんど。「追いだき配管」の汚れを放っておくと、どうなってしまうのでしょうか……?

「目に見えない」ってこんなに恐ろしい!

追いだき配管の汚れの怖いところは、「目に見えない」ということ。
配管の中が「見えない」のはもちろん、配管から出てくるお湯の中にいる雑菌も「目に見えない」からこそ、怖いのです!

追いだき配管には、想像するのもイヤ〜な「排水口のぬめり」にも匹敵するほどの雑菌が潜んでいます。つまり、配管を掃除せずにお風呂に入るということは、排水口を通ったお湯を全身で浴びるようなもの……。

体をキレイにするために入るお風呂の中で、こんなに恐ろしいことが起きているなんて、ショッキングですよね。。

人体に悪影響を及ぼす雑菌として挙げられるのは、大腸菌やブドウ球菌、緑膿菌など。まだ免疫力の低い3〜5歳くらいまでのお子さんにとっては、肺炎・胃腸炎・食中毒などの病気の脅威になりうる、恐ろしい雑菌です。

さらに、生後3〜4ヶ月の新生児の場合は、大腸菌によって細菌性髄膜炎を起こす危険性も。

小さなお子さんは、湯船の中でお湯をうっかり飲んでしまったり、手や口の周りをなめてしまったりと、お湯が口に入ることが避けられないですよね。

大切なお子さんの体に恐ろしい雑菌が侵入する前に、しっかり「追いだき配管」をキレイにしましょう!

安心してお風呂に入りたいなら、月1スクラビングバブル ジャバ♪

出典:www.johnson.co.jp

細くて長い追いだき配管をキレイにするには、専用アイテムを使うのが正解!そこでお役立ちなのが、「スクラビングバブル ジャバ」です。

使い方はとっても簡単。
残り湯または水の入った浴槽に、「スクラビングバブル ジャバ」を入れて、2〜3分追いだき運転。10分ほど放置した後、すすぎのためにもう一度新しい水で5分ほど追いだき運転すれば、除菌完了です!

「スクラビングバブル ジャバ」を入れて、追いだきスイッチを入れるだけなので、忙しいママでもとっても簡単。お子さんの健康のためにも、月に1度は取り入れたいお手入れです。

定期的な除菌で、安心&キレイなお風呂へ!

本格的に追いだき配管をキレイにしたい場合は、業者に風呂釜配管清掃を依頼する方法もありますが、解体しての大掛かりな作業になるため、一回に1〜3万円もかかります。これでは頻繁にはお願いできませんよね。

その点、スクラビングバブル ジャバなら、お近くのスーパー・ドラッグストア等で数百円で手に入り、毎月お手入れできるので、清潔で経済的!

お風呂の追いだき配管は、雑菌のエサとなる人の汚れがあり、ほどよく温かい環境で、まさに雑菌の絶好のすみか。だからこそ、定期的にキレイにする必要があります。

家族の笑顔と安心のためにも、ぜひ毎月の習慣にしてしまいましょう♪

スクラビングバブル ジャバ 公式HP

いかがでしたか?
手洗い・うがい・防寒など、お外での風邪予防は万全でも、意外と忘れがちなのが、お家の中の"菌"対策。
毎日入るお風呂こそ、清潔でキレイな状態で新年を迎えましょう♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。