子連れでも大丈夫♪《ウィンタースポーツ》のゲレンデ選びのポイント

子連れでも大丈夫♪《ウィンタースポーツ》のゲレンデ選びのポイント

小さなお子さんとのウィンタースポーツは、経験の少ないパパやママはもちろん、経験者であってもハードルが高いもの。
何だかとても大変そうなイメージですよね。
しかし、ゲレンデ選びのポイントさえ押さえておけば、子連れであってもウィンタースポーツを楽しむことができますよ♡

子連れでの「ゲレンデ選び」のポイント:ゲレンデが目の前の宿がマスト!

子連れでのウィンタースポーツで重要なのは、ゲレンデと宿の近さ。

大人だけであれば徒歩10分、車で10分程度の距離は問題ありませんが、子連れなら、ゲレンデが目の前にある宿がおすすめです。

雪で濡れた服を着替えたい。お昼寝をして休憩したい……などという時、ゲレンデからすぐに宿に戻ることができるのは、大変便利です。

また、お子さんとのウィンタースポーツでは、予期せぬトラブルに見舞われやすいもの。ゲレンデが目の前の宿のほうが、何かと安心ですよ♡

子連れでの「ゲレンデ選び」のポイント:アクセスの良さも外せない!

首都圏に住んでいると、ウィンタースポーツを楽しむことができる雪山までは、最低でも2時間以上かかる場合がほとんど。

ゲレンデや宿選びの際は、まずは自宅からのアクセスの良さを優先したほうが無難です。

新幹線を利用するのであれば、新幹線の駅からのアクセスも重要。駅からさらにバスで○時間というゲレンデも多いですが、大人でも疲れてしまいますよね。

また車で行く場合には、渋滞にも気を付けたいところ。

事故渋滞は、いつどこで発生するかわかりませんが、冬の雪国へ向かう高速道路などでは、混雑しやすい場所や時間帯はわりと予測できるものです。

事前に調べ、うまく渋滞に巻き込まれないようにしましょう。

何より、子連れでのウィンタースポーツでの無理は禁物!

朝早くから一日中たっぷり楽しみたいと、はやる気持ちはグッと抑え、のんびりと楽しむことができるようなスケジューリングが大切です。

子連れでの「ゲレンデ選び」のポイント:ファミリー向けゲレンデが過ごしやすい

いざウィンタースポーツをしようと思っても、数あるゲレンデの中からどこを選んでいいか、迷ってしまうもの。

子連れで楽しむなら、「キッズエリアがある」ことや、「緩やかなコースが多い」などといったポイントを重視して選ぶのがおすすめです。

お子さん専用のキッズエリアでは、主にそりなどの雪遊びを楽しむことができます。

ゲレンデによっては、そのようなエリアがなかったり、規模が小さい場合もあります。キッズエリアが充実した場所を選べば、飽きることなく家族で楽しめます♪

また、緩やかなコースが多いゲレンデは、お子さんのスキーやスノーボードの練習に最適ですよ。

子連れでの「ゲレンデ選び」のポイント:スクールや託児施設も要チェック!

スキーやスノーボードのスクールは、多くのゲレンデで開校されています。

両親が滑ることができない場合や、お子さんのレベルアップを図りたい場合には、ぜひスクールで練習させてあげたいですね。

ただし、ゲレンデのスクールによって年齢制限や料金、スケジュールがさまざまなので、事前に調べておきましょう。

また、まだスキーやスノーボードをするには小さすぎるお子さんの場合には、子連れに嬉しい託児施設の利用がおすすめです。

預けている間、パパとママはウィンタースポーツを存分に楽しむことができます♪

しかし、託児施設のあるゲレンデや宿はあまり多くありません。利用したい場合、こちらも事前リサーチは必須です。
ウィンタースポーツは、子どもにとって貴重な経験になりますし、家族の素敵な思い出にもなります♡
ちょっとしたポイントさえ押さえておけば、子連れでも気軽にゲレンデに行くことができますよ。
残り少ない、せっかくの冬シーズン。ぜひお子さんと雪山へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】旅行に便利な「子供用スーツケース」4選!ベッドや乗り物に変身♪

子供との旅行は、楽しいものですが……おもちゃや着替え、オムツなど、どうしても荷物が多くな...

子連れ ゲレンデ 選び アウトドア 旅行 宿 家族旅行 ウィンタースポーツ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

新山 志帆

雑誌やサロン等の読者モデル・フリーモデル。また、キュレーター・ライターとしても活動中。
整理…

>もっとみる