負のスパイラルから脱出!上手くいかない時に辞めるべき3つのこと

子育て・ライフスタイル

あなたにとって「上手くいかない時」というのは、どういう時ですか?
それは、思い通りにならないと感じる時や、理想通りにならない時ではないでしょうか。
人生には、誰にでも上手くいかない時があります。今回は、上手くいかない時にやりがちなことを客観的に見て、なぜ上手くいかないのか、その理由を探っていきましょう。

上手くいかない時の解決策① 私だけが上手くいかないと思う癖を辞める

誰でも人生の中で、上手くいくこと(思い通りになること)と、いかないことがあります。それは、タイミングなどの時期的な要因もあるかもしれません。

そして時間の感じ方も、上手くいっている時の方が短く感じ、そうでない時の方が長く感じませんか?

多くの人は、上手くいっていないと感じる時間の方が長いため、「周りの人は上手くいっているのに、私だけが上手くいっていない」といった錯覚に陥りがちです。

良くないできごとに関しての「私だけが……。」という感覚は、孤立、疎外感などのネガティブな感情と結びつきやすいもの。

自分で自分を孤立させがちな方は、「どうせ私だけが……。」と、かえって上手くいかない状況を作ってしまうのです。

そういう時は、「誰にだって上手くいかない時がある。私だけじゃないよね。」と落ち着いて考えてみてください。

上手くいかない時の解決策② 頭の中だけで上手くいかない理由を考えるのを辞める

誰にでも上手くいかない時があります。問題は、その後どうするかです。

上手くいかないことがあった時に、どんな言葉を自分の頭の中に思い浮かべるかが、とても重要です。

「どうして上手くいかないんだろう。私には能力がないからだ。」

「もともと私には無理だったのかもしれない。そもそも、みんなとのレベルが違いすぎる。」

「本当はやりたくなかった。無理をしてみんなに合わせる必要もないよね。他にやりたいことがあるはず。もともと向いていなかったのかもしれない。」

など、人は上手くいかない理由(=言い訳)をたくさん考えます。

そして言い訳で頭の中が一杯になり、ますます上手くいかない考え方をしがちです。

上手くいかない時は、自分の中に浮かんでいる言葉をノートやメモ帳などに書き出してみて下さい。客観的に見ることで、今、自分が何を考えているのかがわかります。

頭の中だけで考えることは、真っ暗闇の中でグルグルと迷子になっているのと同じです。それでは、どんどん上手くいかない理由を考えてしまうのも無理ありません。

上手くいかない時の解決策③ 人と比較して相手を妬むのを辞める

上手くいっていない時は、いつも以上に人の目や顔色が気になるもの。そして自分以外の他の人たち全員が上手くいっているように見えることも多いでしょう。

そういう状況では、他人と自分を比較して、ますます自分が上手くいっていないことをクローズアップしがちです。

それがだんだんと、相手への妬みに変わっていきます。

「どうしてあの人ばっかりが上手くいくの?私は上手くいかないのに!」

冷静な時であれば、自分の人生が上手くいくかどうかに他人は関係ない、ということに気付けるのですが、上手くいかない時は、人、物、環境など、なんでもかんでも自分以外のせいにしがちです。

その行為がますます自分を苦しめ、上手くいかない状況を作り出します。

自分以外のせいにし始めたら、「あっ!」と立ち止まって、自分の思考の癖に気付いて下さい。

気付くだけで大丈夫です。気付けたら次はどうしたらいいか、あなたの中からステキな答えが見つかりますよ。

上手くいかない時は、どうしても視野が狭くなり、そのことばかりが気になり始めます。そして、どんどん悪い方へ引っ張られていくことも……。
そんな時は、一旦そのことから離れて、自分自身を冷静に、そして客観的に見ることをお勧めします。
ゆっくりバスタイムを楽しんだり、美味しいものを食べたり、のんびりウインドウショッピングをしたりして、気分転換をして下さい。もともとみんな、人生が上手くいくようになっていますから。