シンプルなのに超優秀♪「メイソンジャー」でDIYを楽しむ方法

子育て・ライフスタイル

海外でも人気の「メイソンジャー」は蓋つきで広めの口とシンプルな形・ロゴが特徴的なレトロ可愛いキッチンアイテム。
日本ではサラダやジュースを入れる器として使われていることが多いですよね。
密封性も高く、保存容器として活用できるメイソンジャーは、DIYすることでさらに素敵なアイテムに大変身しますよ。
早速その方法をご紹介します♪

メイソンジャーに色をつけて素敵にDIY

メイソンジャーの花瓶引用:www.shutterstock.com

メイソンジャーのDIY方法として手軽にできるのが、好きな色をつけて、フラワーポットやフラワーベースなどに使う方法です。
透明、クリアブルー、クリアグリーンの3色しか見ないメイソンジャーもペンキを使えば簡単にDIYできてしまいますよ!

ペイントの仕方はとても簡単。
好きな色のペンキをメイソンジャーの中に入れ、瓶をまわしながらゆっくり逆さまにして、内側にまんべんなく色をつけましょう。

ペンキが行き渡ったら、新聞紙の上に口を下にして置いて乾燥させれば完成。

作りたい小物に合わせてカラーリングができればメイソンジャーのDIYも幅が広がりますよ♪

メイソンジャーでランプシェードをDIY

メイソンジャーのランプ引用:www.shutterstock.com

メイソンジャーをDIYして、レトロな雰囲気が可愛いランプシェードも作ることができます!
お部屋以外にもキャンプやお庭、バスルームなどのインテリアにも使えますよ。

方法は、メイソンジャーの蓋に穴を開けてライトソケットを入れるだけ。
DIY初心者の方でも簡単にできますよ。

底が平らなので、テーブルランプとして置いてもOK。
置きたい場所に合わせて使い分けてみてくださいね♪

多肉植物×メイソンジャーでプチ植物園をDIY

メイソンジャーのプチ植物園引用:www.shutterstock.com

インテリアとして活かせる手軽な方法がこちら。
多肉植物などの観葉植物をメイソンジャーに植えれば、素敵なドーム型のプチ植物園が完成します♪

多肉植物を植える土は、無菌、無臭の「セラミス」を使えば室内でも育てやすくておすすめ。
それほど水をたくさんやらなくても育ち、手がかからないのも魅力ですよ。

お気に入りの貝殻を入れるなどして、自分なりにアレンジしてみてください!

メイソンジャーでキャンドルをDIY

メイソンジャーのキャンドル引用:www.shutterstock.com

メイソンジャーを使ったDIYの中でも、利用シーンが広がるのがキャンドルです。
中に直接キャンドルを入れてキャンドルホルダーとして使う方法が手軽ですが、防災対策を兼ねて大きなキャンドルを作るのもおすすめですよ。

キャンプなどアウトドアに持っていけば、非日常シーンをおしゃれに盛り上げてくれるアイテムになるはず♪

また、防虫効果のあるアロマで香りづけをしておけば、虫よけとしても大活躍します。

キャンドル作り引用:www.shutterstock.com

<メイソンジャーキャンドルの作り方>

【材料】

  • メイソンジャー
  • ろうそく
  • クレヨン
  • アロマオイル(お好み)
  • ロープ(芯用)

【作り方】

  1. 小鍋にろうそくを砕いて入れ、よく溶かす。
  2. お好みでクレヨンで着色、アロマオイルで香りをつける。
  3. メイソンジャーに割り箸で挟んだ芯となるロープを下まで垂らし、ゆっくり1〜2で溶かしたロウを注ぎ込む。
  4. 冷えて固まれば完成!

 

メイソンジャーのDIY方法、いかがでしたか?
見た目はもちろん、手になじむ大きさと使い勝手の良さから、愛用者も増えているメイソンジャー。
飲み物や食べ物を入れるだけでなく、このおしゃれ感を活かしたDIYにぜひチャレンジしてみてくださいね♪