「新車を買った」はNG?"気の合うママ友"の見つけ方♡

子育て・ライフスタイル

子育て中のママにとっての「ママ友」は、頼もしい存在となることもあれば、悩ましい存在になることも……。
気の合わないママ友と無理をしてお付き合いすると、イライラが募ってしまい、子どもにも悪影響ですよね。
仲良しだと思っていても、ひょんなことから妬まれてしまうこともある「ママ友」関係。だからこそ、気の合うママ友を見つけることが、とっても大切です♪

“気の合うママ友”の見つけ方▶︎「新車を買った!」はNG?

女性は、男性に比べて感受性が豊かなこともあり、妬みや嫉妬心を抱えやすい性質があります。

ちょっとした意見や環境の違いが、ママ友の間で妬みの元になってしまうもの。

特に妬みのネタになりやすいのが、「経済的な感覚についてのコメント」や「無意識に放った一言」です。

本当に仲良くなるまでは、「海外旅行に毎年家族で出かける」「新車を買った!」といった話題は避けましょう。

妬まれる対象にならないよう、目立った行動や発言は控えると良いですね。

その代わり、環境や価値観が近いママ友を見つける努力をしましょう♪

“気の合うママ友”の見つけ方▶︎ママ友が欲しいのはみんな一緒♡

子育てという共通のことに取り組んでいるママ友との交流は、情報を得る上でも、子育てを助け合うという上でも大切なこと。

「ママ友」が欲しいという思いは、レベルは違えど、誰もが共通に抱いているはずです。

だからこそ、価値観が合いそうなママ友に勇気を出して少し話しかけてみると、友達作りのきっかけにもなりますよ♡

“気の合うママ友”の見つけ方▶︎こんなママ友を探そう♪

では、気の合うママ友を見つけるためには、どのような点をポイントにして探せば良いのでしょうか?

✔︎人の悪口を言わないママ

✔︎人と自分を比較しないママ

✔︎良識的な距離感を保てるママ

これらに当てはまれば、ママ友として理想的!共通の価値観で喜びが共有できる人も、とても良いですね。

子育ての感覚が似ているかどうかも、ひとつの判断基準になりそうです。

“気の合うママ友”の見つけ方▶︎焦らないことが一番!

気の合うママ友が欲しいと思いながらも、「誰でも良い!」などと焦って人脈を広げれば、意見の食い違いやこじれが生まれてしまいます。

また、ママ友がいないからといって焦ってしまえば、事態は悪化するばかり。

できる限りのんびりと構えておくことも大切でしょう。

近所で見つからなければ、趣味の世界などを通じてママ友を探してみるのも、一つの手です。

共通の話題や価値観があれば、自然とママ友とは仲良くなれるものですよ♡

気の合うママ友の見つけ方についてご紹介しました。
足の引っ張り合いや悪口大会ばかりのママ友関係は、子どもの教育にも悪影響。
仲良しだと思っていたのに、ひょんなことから妬まれていたことがわかると、ショックですよね。
本当に気の合うママ友を見つけるためには、自分に嘘をつかないことが大原則。
焦らずに自然体で、気の合うママ友を探しましょう♪