車の維持費を減らしたいという方に!おすすめの節約術4つ

子育て・ライフスタイル

保険、税金、ガソリン代に駐車場代……と、持っているだけでもお金がかかるのが「車」。
とはいえ、ないと不便ですし、止むを得ず毎年高い維持費を払っているなら、その維持費を節約してみませんか?
今回は、項目別におすすめの節約術をご紹介いたします。

車の維持費の節約術①「1日保険」を使いこなせ!

車の前に立つ男女引用:www.shutterstock.com

自動車保険に加入する際に「運転者の範囲」を家族全員に設定すると、自動車保険料もその分高くなってきます。
場合によっては、数千円単位で違うこともある「運転者の範囲」。

一番安いのは、契約者のみが運転する場合です。

もし、家族が運転する機会が年に数回しかないのであれば、1日単位で加入できる保険を使う方がお得なことも。
運転者の範囲を狭くしておき、1日加入タイプの自動車保険を状況に応じて使い分ければ、自動車保険料の無駄も節約できます。

車の維持費の節約術②車検代やガソリン代はクレジットカードでポイントGET!

クレジットカード引用:www.shutterstock.com

2年に1回必要になる車検代や、毎月のガソリン代は、車の維持費の中でも大きなウエイトを占める項目です。

車検になれば10万円近く。
ガソリン代だって、毎月5,000円使えば年間6万円の支出です。

だからこそ、車検やガソリン代には、できることならポイント還元率の高いクレジットカードの活用がおすすめです。
例えば、10,000円使うと1%分のポイントが還元されるクレジットカードでガソリン代・車検代を支払えば……

<ガソリン代・車検代/年間>

  • ガソリン代 5,000円/月×12か月=60,000円
  • 車検代 10万円(2年に1回)÷2年=50,000円

<クレジットカードで支払った場合のポイント>

ガソリン代と車検代だけを合計しても、年間11万円の支出があります。
還元率が1%のクレジットカードでこの11万円を支払えば、ポイントで1,100円分お得に!

何年も続けていれば、大きな額になることは間違いありません。

車の維持費の節約術③ガソリン代節約の基本は「エコ運転」

車の後ろに座る家族引用:www.shutterstock.com

満タンにすれば、1回あたり5,000円以上は必要となるガソリン代。
だからこそ、車の維持費を下げるためにもガソリン代は安くしたいもの。

燃費のいい車種を選択することも、ガソリン代節約の一つの方法ですが、とはいえ購入にはタイミングがあります。

今の車で、できる限り燃費良く走行するための運転が大切です。
そのポイントは、

  1. 急ブレーキ、急発進をしない
  2. 長時間の渋滞をできるだけ避ける
  3. 空ぶかしや、長時間のアイドリングをしない

一見あたりまえのように思えますが、荒っぽい運転をしている方は「急ブレーキ・急発進」してしまっているかもしれません。

安全運転はエコ運転♪
燃費良く走行して、ガソリン代を節約しましょう。

車の維持費の節約術④思い切って「車を持たない」という選択肢も

車に寄りかかる女性引用:www.shutterstock.com

あれば便利な車ですが、年間にかかる維持費を考えてみると、本当に必要かを考え直す時期かもしれません。

最近では、シェアリングカービジネスも都市部を中心に増えつつあり、車を所有することが必ずしも「絶対」ではなくなっているのも事実です。
あまり乗らないのにもかかわらず、1年で15万円以上の自動車関連費用があるなら、自動車の使い方を見直すべきかもしれません。

<1年にかかる自動車関連経費(例)>

ガソリン代:60,000円(5,000円/月の場合)
車検代:50,000円(2年に1度、1回10万円の場合)
自動車税:43,500円(普通車、総排気量2リットル超 2.5リットル以下の場合)
その他:駐車場代、整備代、備品消耗品費代

 

節約しようにも、税金や車検代など、どうしても削れない部分の多い車の維持費。
少しでもコストダウンできないかトライしてみると、意外と数万円単位で違いが出てくることもありますよ。
ぜひ、節約の参考にしてみてくださいね。