どこに収納してる?子どもがいる家庭で用意すべき防災対策&グッズ

子育て・ライフスタイル

いざという時の備え、みなさんはしっかり準備していますか?
子どもがいる家庭では、必要なものも変わってくるはず!
今回は、「防災対策&グッズ」に加え、「おすすめ収納場所」もご紹介していきます。

子どもをしっかり守る!防災対策&グッズ①抱っこ紐、スリング

抱っこ紐引用:www.shutterstock.com

防災用バッグやリュックに入れておきたいグッズのひとつが「抱っこひも」。
赤ちゃんを抱っこして避難する際には、両手が使える状態で避難するのがベストです。

ベビーカーは瓦礫などで走行できない場合もありますし、地面から舞い上がるホコリを赤ちゃんが吸い込んでしまう危険性も……。

防災対策として、普段使うものとは別に抱っこひもを用意しておくと安心です!

子どもをしっかり守る!防災対策&グッズ②レジ袋

レジ袋引用:www.shutterstock.com

防災対策として多めに入れておきたいグッズが、スーパーのレジ袋。

汚れものを入れるだけではなく、タオルと組み合わせれば、赤ちゃんや子どもの非常用おむつとしても代用できるんですよ。

おむつがない時の対策になるので、用意しておきましょう!

子どもをしっかり守る!防災対策&グッズ③使い捨てカイロ&水

ペットボトル引用:www.shutterstock.com

寒さから身を守ってくれるだけではなく、水を温めるグッズにもなる「使い捨てカイロ」。
お湯がない災害現場で、赤ちゃんのミルク作りの際に重宝します。

水を入れた哺乳瓶と一緒にタオルで包み、服の中に入れると37℃程度までは水を温めることができますよ。

いざという時に役立つ、防災グッズです。

子どもをしっかり守る!防災対策&グッズ④紙おむつ&おしりふき

おむつ引用:www.shutterstock.com

紙おむつは、赤ちゃん連れの避難には欠かせないアイテムです。
防災グッズの中に、忘れずに入れておきましょう。

おしりふきは体ふきとしても使えるので、大人も使えます。

少し多めに入れておくと、安心ですよ!

子どもをしっかり守る!防災対策&グッズ⑤ベビーフード&おやつ

ベビーフード引用:www.shutterstock.com

避難中に離乳食を作ることは、難しくなってしまいます。

賞味期限が長く、防災グッズとしておすすめなのが、瓶詰めタイプのベビーフード。
瓶が容器替わりになり、そのまま食べさせることができます。

スプーンは、アイス用のプラスチックスプーンを入れておくと良いでしょう♪

食事代わりになるビスケットやベビーせんべいなどのおやつも、防災対策におすすめです!

防災グッズの収納場所▶︎「すぐ持ち出せる場所」が基本!

防災グッズ引用:www.shutterstock.com

念入りに防災対策グッズを揃えても、すぐに持ち出せないような収納場所を選んでしまうと、いざという時に役立ちませんよね。

避難する時にすぐに持っていける玄関や、家の中で過ごす時間が多いリビングや寝室がおすすめです。
持ち運びがしやすいように、メインとサブで防災バッグを分けて置くのも、おすすめ!

車のトランクに収納しておくのも、ひとつの方法ですよ。

 

いかがでしたか?子どもがいる家庭では、必要な防災グッズも変わっています。
本当に必要なものをしっかり備えられるよう、定期的に防災対策グッズを見直しましょう♪