防災グッズ収納のコツとは?管理がしやすいおすすめの収納場所4つ

防災グッズ収納のコツとは?管理がしやすいおすすめの収納場所4つ

天災は忘れた頃にやって来ると言いますが、防災グッズの整理はきちんとできていますか?
整理するのが億劫だという方に、収納のコツを4つご紹介していきます!

防災グッズの収納のコツ①キャンプ用品と一緒に収納する

防災グッズは長期保存ができるものが多いので、いつのまにか賞味期限や消費期限を過ぎていたということ、ありませんか?

無駄を防ぐためにも、年に数回見直す機会を設けましょう。

例えば、アウトドアグッズやキャンプ用品と一緒に収納するのも、ひとつのコツ。

防災グッズは、アウトドアの場面でも活かせるものが多いもの!

懐中電灯や食料品をキャンプの時に使い、チェックを兼ねて補充したり交換すると、効率的ですね♪

防災グッズの収納のコツ②中身が見える収納ケースに衣類を入れる

子ども用の衣類は、成長に伴っていつのまにかサイズアウトしていることも多いもの。

防災グッズ用として保管してある下着や衣類も、小さくなっていないか定期的にチェックすることが大切ですよ。

中身が見える収納ケースを使うのは、保管のコツ。

透明だからこそ、中の洋服をチェックしやすくなりますね♪

防災グッズの収納のコツ③収納場所は分散させる

収納場所を分散させるのも、防災グッズの収納のコツ。

分散して収納することで、防災グッズを見直す機会が増えます。

また、いざという時に、安全な場所から防災グッズを持ち出せる確率が上がりますね。

分散させた収納場所は、家族で情報共有しておきましょう♪

防災グッズの収納のコツ④定期的に整理する習慣を持つ

無駄を出さないように見直す機会を設けるのも、防災グッズの収納のコツ。

一度用意して終了ということでなく、使える防災グッズを保管し続けるには状態のチェックが大切です。

防災グッズを手に取り、使えるかどうか確認する習慣をつけましょう。

その際、保管している場所の整理整頓を兼ねるのがおすすめです。

詰め込みすぎて、大事な防災グッズがどれだかわからない状態などは、避けましょう。

ドアの開け閉めができるか、いざという時に取り出しやすいかどうかなど、災害時の目線でチェックすることも、お忘れなく。
防災グッズの収納のコツを4つ、ご紹介しました。

一度用意するとほっとしてしまう方も多いのが、防災グッズ。

でも、本当に役立つ防災グッズをキープするには、普段から意識を向けてあげることが大切なんですよ。

ぜひこの機会に、家の防災グッズの中身や保管場所を、見直してみませんか?

防災グッズ 収納 コツ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

子育て、お出かけ、ファッションと気になることを書いています。
好奇心旺盛ライターです。

>もっとみる