対処法を知っておけば安心♡《中学生の反抗期》ってどんな感じなの?

子育て中のママが対処に悩む、子どもの反抗期。

1度目は、魔の2歳児とも言われる《イヤイヤ期》。何をしても「イヤ!」と癇癪を起こしてしまう我が子に、翻弄されたママも多いのではないでしょうか。

2度目に訪れる反抗期は、小学校高学年から中学生にかけて訪れる《思春期》。

言葉遣いが悪くなったり、無視をしたりと、ママにとっては子育ての山場とも言える時期です。

今回は、中学生時期の反抗期への対処の仕方をご紹介します。

まだ幼児期の子どもを育てているママも、反抗期の対処法、ぜひ参考にしてみてくださいね。

中学生が山場!反抗期の対処の仕方① 好きなようにさせてみる

反抗期は、子どもが親に反抗したくなる時期。

この時期に、親に認められず、否定されてしまい、ますます悪循環になるケースが多いようです。

部活や趣味など、子どもが夢中になっていることを取り上げず、なるべく応援してあげましょう。

子どもは、親に共感されることで、穏やかな気持ちになれるもの。

中学生の反抗期の対処法として、「子どもの考えを認め、好きなことをさせてみる」ことを覚えておきたいですね。

中学生が山場!反抗期の対処の仕方② 子どもの気持ちを否定しない

子どもが将来の夢を語ってきたときに、頭ごなしに否定するような姿勢はNG。

理解を示してから、アドバイスをすると良いでしょう。

これは、幼少期の子どもを育てているママも、今からできることではないでしょうか。

例えば、外遊びの場面で「洋服が汚れるからダメ!」と否定するよりも、「着替えてから遊ぼうよ」と伝える方が、子どもの気持ちに寄り添えていますよね♪

中学生が山場!反抗期の対処の仕方③ 自分が育ってきた環境を振り返る

中学生時期の反抗期の対処に悩んだら、自分が育ってきた環境を見直してみましょう。

人間は、無意識のうちに、自分が育てられたように子どもを育ててしまう傾向があるのだとか。

子どもの反抗期に悩んだ時は、自分が子どもの頃に嫌だと思っていたことを子どもにしていないか、振り返ってみましょう。

中学生が山場!反抗期の対処の仕方④ 適度に気遣う

中学生の反抗期の対処法として、家族の愛情を感じられる環境を作ることも大切です。

学校生活の中で、様々なストレスを感じる中学生にとって、家庭は安らぎの場。

帰宅した時に家でくつろぐことができなければ、子どもの心は行き場を失ってしまいますよね。

親の干渉を嫌がる時期であっても、無関心では、子どもの心を傷つけてしまいます。

適度な距離を保ちながら子どもを気遣っていれば、情緒は安定してくるはずですよ。
中学生時期の反抗期の対処の仕方をご紹介しました。

子どもの反抗期を通じて、親がより成長できる。そんな心構えで温かく見守って、乗り越えていけたら良いですね♡

中学生 反抗期 対処

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺みちる

好奇心旺盛なライターです!

ママ目線のアンテナを活かして情報をお伝えしていきます♪

>もっとみる