お風呂のカビ対策に!キレイが持続するバスルームの収納術

インテリア

湿気が多く、カビやヌメリが発生しやすい「バスルーム」は、清潔にしておきたい空間です。
実は、ちょっとした工夫でキレイが持続し、ヌメリやカビの気にならない清潔なバスルームを作れるんです。
今回は、カビ対策におすすめの《バスルーム収納術》をご紹介します!

お風呂のカビ対策に!「バスルーム収納術」①掃除グッズ専用バーを追加!

お風呂場に付いているタオルなどをかけるバーですが、こちらをもう1本プラス!

それだけで、お掃除グッズをかけられる収納スペースが出現します。

常に床面と触れていてヌメリが発生しやすいバスチェアも、掛けておくことができるので、清潔に保てます。

お風呂のカビ対策に!「バスルーム収納術」②ワイヤークリップ

100均やホームセンターでも購入できるワイヤークリップを使うと、チューブアイテムがスッキリ!

洗顔フォームやトリートメント、マッサージクリームなど、女性はお風呂アイテムがどうしても多くなりがちですよね。

台の上にごちゃごちゃ置いておくよりも、使う順番に並べて掛けることで、スッキリするだけでなく、使い勝手もいい収納が叶います。

ステンレスひっかけるワイヤークリップ 4個入

¥390

販売サイトをチェック

お風呂のカビ対策に!「バスルーム収納術」③S字フック+カゴ

こちらは、浴室乾燥の物干し棒を使っての収納アイデア。

100均などでS字フックとカゴを用意しましょう。お掃除グッズもシャンプー類も、大きな洗面器までがスッキリと収納できます。

家族が1人1人違うシャンプーやボディソープを使う場合は、とても備え付けのラックだけでは収納しきれないので、こんなアイデアもおすすめです。

お風呂のカビ対策に!「バスルーム収納術」④強力マグネットでペタリ♪

「壁に洗面器がくっついてる?!」

そうなんです!こちらは、セリアで販売されている強力マグネットを、洗面器などの裏に貼って壁に貼り付けて収納するという、斬新なアイデア。

見た目もスッキリ♪ご自宅のお風呂場でも使えるか、試してみる価値はありそうですね。

ヌメリやカビが発生しやすい《バスルーム》を清潔に保てる収納術をご紹介しました。
ちょっとした工夫でキレイが持続でき、お掃除もラクになるものばかりですので、参考にしてみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。