前モモの張りをどうにかしたい!正しいヒールの履き方と姿勢とは?

美容

StudioCarpeDiem&StudioOneパーソナルトレーナーの三宅克治です。

今回は女性の大敵、前モモの張りへのアプローチと、正しいヒールの履き方と姿勢をお伝えします。美脚づくりをされたい方、必見です!

正しいヒールの履き方と姿勢とは?前モモばかり、なぜこんなに張るの?

僕のクライアントの女性の多くが気にされている、前モモの張り。読者の皆さんの中にも、悩まれている方がたくさんいるのではないでしょうか。

前モモへのアプローチはとても難しいので、順を追ってお伝えしますね。

まずは、いつもお伝えしている姿勢の悪さです。前回お伝えした「コア」を日常生活で使うことが必要なのですが、それが出来ず、モモの前側で体を支えてしまっていることが、前モモの張りの大きな原因です。

ご自身の体重をモモの前側のみで支え続けたら…と考えると、筋肉が肥大していくことも容易に想像できるはずです。

「体幹」を体感すれば、身体は変わる!お家でできるコアトレ入門☆

正しいヒールの履き方と姿勢とは?気をつけるべき「ヒール」の恐怖!

悪姿勢に拍車をかけるのが「ヒール」のある靴です。読者の皆さんも、履いている方が多いと思います。

「ヒール」が体を歪ませ、前モモを張らせている「悪役(ヒール)」になってしまっていることも多いんです!

ですが、履く機会を減らせない方も多いはず。張りを取るには、まずは体のクセを見直す必要があります。

今回は、ヒールでの姿勢からお伝えしますね。正しい姿勢で、気づきの一歩を踏み出してみてください。

正しいヒールの履き方と姿勢とは?ヒールを悪役にしないための上手な付き合い方

まず、皆さんにヒールを履いていただく前に、実践していただきたいことがあります。

それは「つま先立ち」です。早速、どういう意識でつま先立ちをするか、実践してみましょう。

①両足を平行にし、こぶし1つ分開けて立ちます。
②次に、膝がつま先と同じ方向を向いたまま、軽くつま先立ちをします。

この時に意識したいのが、脚の外側に体重をかけるのではなく、親指と人差し指の辺りに体重がかかるように立つことです。「お尻と内もも」がキュッと締まる感覚を大事にして下さいね。

正しいヒールの履き方と姿勢とは?ヒールとも体とも素敵に付き合っていきましょう

3コマ目の「つま先立ち」の感覚のまま、ヒールのある靴を履いてみましょう。「あれ?何かいつもと立ち方が違うな?」と感じませんか?

皆さんは普段、このような立ち姿勢ではなく、コアが抜け、膝や腰などの関節に負担のかかる立ち姿勢となってしまっている方が多く、結果的に、前モモに体重が乗ってしまっているのです。

つま先立ちの姿勢のまま、立ったり歩いたりをずっと保つのは難しいと思います。ですが、つま先立ちを意識しているかいないかが、とても重要!特に、お尻の感覚を忘れないでくださいね。

ヒールもオシャレの一部ですが、ヒールが原因で体が歪んでしまっては、元も子もありません。ご自身のカラダが1番のファッションです。少しずつ意識をして、ヒールとうまく付き合っていってくださいね。

いかがでしたか?正しいヒールの履き方と姿勢をご紹介しました。

前モモの張りは、ヒールだけが原因ではありませんが、今回の記事でご紹介した体の感覚は、とても必要なものです。ぜひヒールを履かれない方も、気づいたらつま先立ちを実践してみてくださいね。

そして、今回の記事と一緒にチェックしていただきたいのが、以前伊藤が書いた美脚ストレッチです!ぜひ併せてご覧ください。

むくみ&冷え改善!ノビノビ美脚ストレッチ

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。