「白黒つける」考え方をやめる!グレーを知ることが楽に生きるコツ

子育て・ライフスタイル

あなたは「白黒ハッキリつけなきゃ」と思うタイプですか?

「白黒ハッキリつけなきゃ」と思う方は女性に多いのですが、「0」か「100」、または「白」か「黒」かハッキリさせたがる傾向がある方は、正解か不正解かよりも、ひとつの「答え」を出すことを重要視します。そのせいで、色々と悩んでしまうことが多くなるのです。

男性は「正解」か「不正解」を重要視する方が多いので、グレー(待ち)の状態でもいられます。女性も”グレー”さを持つと、いいことがあるかも知れませんよ。

大人になっていくことは”グレー”を許すことなのかも?

私のところへコーチングにいらしたある方は、正義感が強くて、何ごとも白黒ハッキリつけないと気が済まない性格でした。

それが行きすぎてしまい、自分だけでなく、家族など、周りの人たちもしんどい気持ちにさせてしまう……というお悩みを抱えていました。

そこで私は、「グレーであること」についてお話しました。大人になっていくということは、女性が嫌う”グレー”を許すことなのかもしれません。

あなたは、グレーにどんなイメージがありますか?

コンクリート、ねずみ、道路、台風、曇り空、電柱など、あまりパッとしない印象を持ちますよね。

曖昧な感じや中途半端な感じがして、白黒ハッキリさせたい女性からすると、グレーゾーンは限りなく黒に近く、怪しいイメージを持たれるかもしれません。

パートナーとのモヤモヤした関係、納得のいかないママ友同士の付き合い、理不尽なことが多い仕事でのあれこれに対して、白黒ハッキリつけようとすると、スッパリいくので、当然痛みも伴います。

世の中も人の気持ちも、大半は白黒つかない!?

恋愛や結婚生活において、「別れるの?別れないの?ふたつにひとつよ、ハッキリして!」と女性が詰め寄る。

仕事の場面でも、「白黒つけないなら、わたしから降りる!」と、煮え切らないことをスッパリ切ってしまう……。

ご自身でなくとも、一度はこのような女性を目にされたことはありませんか?

しかし、どうにもならないことに対して白黒つけるためには、相当なエネルギーを費やします。

”世の中も人の気持ちも、大半は、そう簡単に白黒つかないことの方が多いもの”。そう理解して、白黒ハッキリつかない感情を許すと、とたんに楽になりますよ。

感情にまかせて情動的になると、あとで後悔することも……。焦ってスッパリ決断してしまうよりも、少し時間を持ちましょう。

「白黒ハッキリしなくてはいけない」とどこかで思っているならば、その思い込みを手放してみましょう。

風船につけて「バイバイ〜」と空に上がっていくイメージをしてみてくださいね。

問題を複雑にさせないために、”グレー”で待ちましょう!

とは言え、グレーゾーンは曖昧なものなので、矛盾した感情が生まれると思います。

人の心は、葛藤や矛盾が生じたときに苦しみが起こります。だからこそ白黒ハッキリつけたなくなってしまうのですが、白黒ハッキリしたいと焦って考えるほど、物ごとを深刻に、複雑にしてしまうのです。

そんな時は、「グレーでもいいや」「人や世の中には、矛盾くらいあるものだ。」という風に、自分に許可を出してみてください。そうすると、自分に答えが返ってきます。

頭でわかっていても、心にストンと落ちるまで、時間がかかるかも知れません。心にストンと落ちると「腑に落ちて」グレーでもモヤモヤしなくなります。

悩んだり迷ったり、葛藤した時は、「真実の答え」がやってくるまで、グレーのままで待ちましょう。

”グレー”を知ることが楽に生きるコツ?

「真実の答えがやってくるのを待つ」ことは、大切な女性性のギフトです。

白黒ハッキリしたいという思いを手放した時に、あなたの持っている優しさと女性性が拡大します。

30代からは、”グレー”を知るということが楽に生きるコツです。洋服でも、若い頃はハッキリした色が好きでも、年齢とともにグレーもオシャレに着こなせますよね。

グレーには、他の色と馴染みやすい、というメリットもあります。心にもグレーの部分を持っていると、他の人たちとも馴染みやすくなれるはずですよ。

女性がなぜ、そんなに白黒つけたがるのかというと、それだけ「女性社会」がシビアだ、ということです。そして、女性には完璧主義なところがあるので、どうしても「白黒つけないと気が済まない」という方が多いのです。

私も、以前は白黒つけたがる性格でしたが、それは、ストレスを溜め込むことにも繋がります。グレーのマイナスなイメージではなく、「優しい」イメージを持つと、寛容で、ストレスの溜まらない生き方ができると思います。