青森県の銘菓をご存知ですか?おすすめのお土産4つをご紹介

旅行・おでかけ

青森県に旅行や出張で行った際のお土産。どんなものが良いのか迷ってしまいませんか?
気が利いてるな。おしゃれだな。美味しい!などと喜んでもらえる青森県の銘菓を4つピックアップしてご紹介します♪

青森県の銘菓♪おすすめお土産①金魚ねぶた

金魚ねぶた引用:www.jyoboshi.com

津軽飴本舗の「金魚ねぶた」は、食べるのが惜しく感じるほど可愛い包装が特徴的!
りんご風味の一口サイズ玉羊羹の銘菓です。

ペースト状にした青森県産の紅玉りんごを加えた上品な甘さの羊羹です。
爪楊枝をプチンと刺すと、プルンと皮がむける感覚も人気の理由。
冷やして食べても美味しいですが、常温保存可能なのでお土産としてぜひ活用したい一品です。

◆津軽飴本舗 有限会社 上ボシ武内製飴所
住所:〒030-0802 青森県青森市本町5-1-20
電話:017-734-1834

青森県の銘菓♪おすすめお土産②汐風

汐風引用:o-yanagiya.jp

やなぎや緑町本店の銘菓「汐風」は、国産の豆にこだわって作られたもなか。
粒あんには青森県産の大納言小豆を使用、白粒あんには北海道の大手ぼう豆を使用しています。

高級な氷砂糖を使用することで、しつこい甘さではなく上品な甘さのもなかになっています。
その上品な甘さがお茶のお供によく合いますよ♪
品のある銘菓なので、年配の方へのお土産にも◎

◆やなぎや緑町本店
住所:〒035-0053 青森県むつ市緑町17-58
電話:0175-28-2880
営業時間:9:00~19:00
定休日:不定休

青森県の銘菓♪おすすめお土産③久慈良餅

久慈良餅引用:www.kujiramochi.jp

永井久慈良餅店の「久慈良餅」は、上質な津軽米で作られた銘菓。
津軽米を製粉し、こし餡や砂糖を混ぜ蒸し上げた薄い小豆色をした蒸し菓子です。

もちもちっとした食感の中に、カリッとしたクルミの食感が特徴。
冷蔵庫で冷やして食べる他に、焼いて食べるのも人気の食べ方です♪

久慈良餅という名前の由来は「いく久しく慈しまれる良い餅 」という意味からだそうです。
その名の通り、長く愛される銘菓になっています。

◆永井久慈良餅店 本店
住所:〒039-3501 青森県青森市浅虫坂本町51-5
電話:017-752-3228
営業時間:7:00~18:00
定休日:不定休

青森県の銘菓♪おすすめお土産④じょっぱり太鼓

じょっぱり太鼓引用:www.siegfried.jp

パティスリー ジークフリートの銘菓「じょっぱり太鼓」は、マロンクリームをココアのしっとりとした上品な味のスポンジでサンドし、口どけの良い甘すぎないチョコレートで全体をコーディングしたお菓子。

一口食べると、マロンクリームとココアのスポンジがうまく絡み、これまで感じたことのない新しい風味を味わうことができます♪

お殿様が太鼓をたたく姿のパッケージデザインから和菓子かな?と想像して開けてみたときの意外性もビックリの銘菓です。

◆パティスリー ジークフリート 松原店
住所:〒030-0813 青森市松原2-11-14
電話:017-723-0141
営業時間:9:00~19:30(月~土) / 9:00~19:00(日・祝)
定休日:なし

 

いかがでしたでしょうか?青森県のお土産としておすすめの銘菓を4つご紹介しました。
お土産を選ぶ時間も確かに楽しい時間ではありますが、たくさんあるとどれが美味しいのか迷ってしまいますよね。
観光もたっぷり楽しむためにも、ぜひ参考にされてみてくださいね♪