無敵に見える"デキる先輩ワーママ"に学ぶ《時間の上手な使い方》

子育て・ライフスタイル

仕事復帰をして、育児と家事とともに慣れないルーティンをこなしているワーママ必見♪
「テキパキと動けていて、かっこいいなぁ」と思える"デキる先輩ワーママ"が心がけている4つのことをご紹介します。

時間の使い方が上手なワーママの特徴① 要領が良い

デキるワーママは、「どうしたら、一番効率良くこなせるか」を念頭に置いて行動しています。

日々の決まった量の家事や仕事を素早くこなす術を、知らず知らずのうちに身につけているのです。

今の自分ができる能力を見極めて、それに合った処理をするのが上手なママは、「情報処理能力」に長けています。

この能力をアップさせたいのなら、自分が「デキる!」「早いな」と感じるママに、家事や育児のコツを伝授してもらいましょう♡

何かしらのヒントが得られるはずです。

時間の使い方が上手なワーママの特徴② 理解力が高い

デキるワーママは、理解力が高いのも特徴です。

「全く同じ空間にいて、同じ説明を受けたのに、パフォーマンスの質やスピードが違う!」と感じた経験はありませんか?

するべきことを理解し、率先して何かをすることができるのは、デキるママの共通項。

理解力を上げるためには、わからないことを理解しようとする姿勢、率先して取り組む精神が大切です。

できる、できないは置いておいて、まずはチャレンジしてみましょう!

集中して取り組むことを続けていけば、自然と理解力はアップしていくはずですよ♪

時間の使い方が上手なワーママの特徴③ 目標設定が明確

ぼんやりとした目標と明確な目標。どちらを掲げているワーママの方がスピーディに行動できるかは、明白ですよね。

目的や目標を意識し、それに向かって計画を立てて、今すべきことを行う姿勢が、スピード感に直結します。

それが自然と、「デキるワーママ」という評価につながるのです。

まずは、最終的な目標をなるべく明確に設定すると効果的!

どのようなことでも良いので、育児や家事、仕事の目標を立ててみましょう♪

時間の使い方が上手なワーママの特徴④ リスク管理ができている

何かをするときに必ずついて回るのが、リスク!

デキるワーママが「怖いもの知らず」に見えるのは、リスクを事前に把握する能力に長けているから。

リスク管理を上手にしたい方は、行動を予測して、先のことをイメージする習慣をつけましょう!

書類の提出期限や保育園グッズを忘れがちな方は、これを続けるうちに効果が出るはず♡

早め早めに準備をして、リスク回避ができるようになれば、あなたもできるママの仲間入りです。

時間の使い方が上手なデキる先輩ワーママの特徴をご紹介しました。
毎日のことなので、ちょっとした心がけ次第で変化が感じられると思います。ぜひ、実践してみましょう♡