驚き!トイレをセルフリフォームDIY【タンクレス風リメイク】

「セルフリフォームに挑戦してみたいけれど、どこから手を付けていいのか分からない!」そんなセルフリフォーム初心者の方におすすめなのが、トイレのリフォームです。

いきなり大きな空間から始めると、途中で心が折れてセルフリフォーム嫌いになってしまう可能性も……。まずは狭い空間からチャレンジして、ぜひ達成感を味わってくださいね。

今回は、我が家のトイレリフォームの後編『タンクレス風トイレにリメイク』にする方法をご紹介します。

実は自分でできるんです!トイレをセルフリフォーム【壁編】


【タンクレス風トイレにセルフリメイク】囲いを作り、天板を乗せましょう

おしゃれなお宅のトイレは、タンクレスのものが多いですよね。

しかし我が家は、8年前の建売住宅。ご覧の通り、ごく普通のタンク丸見えのトイレです。

このタンクを、セルフリメイクで隠してしまいましょう!

【1】タンクの蓋を外し、高さに合った囲いを作ります。

この囲いは後から見えなくなるので、どんなものでもOK。

我が家は使わなくなった子供家具を解体したものを使っています。

【2】あらかじめ水栓が通る穴を開けた天板をはめ込みます。塗装も済ませておきましょう。

右にある小さな穴は、レバーを引くチェーンを通すための穴です。この穴も忘れずに開けておきましょう。

【タンクレス風トイレにセルフリメイク】レバーを作り、手洗いボウルを乗せましょう

【3】タンクレス風にするためにタンクの周りを囲ってしまうので、レバーが引けません。そこで、水を流すレバーを引くためのチェーンを作ります。

既存のレバーにチェーンをテープでぐるぐる巻きにし、天板の穴に通してからアイボルトを付け、穴から落ちないようにします。

このアイボルトを上に引っ張ると、レバーが上がり、水が流れる仕組みです。

【4】手洗いボウルには、ステンレス製のジョウゴを使用することにしました。

ジョウゴの先端に、サイズの合うホースをテープでぐるぐる巻きにして固定します。

それを、天板に開けた穴に差し込めばOKです。

【タンクレス風トイレにセルフリメイク】発泡スチロールレンガを貼りましょう

【5】タンクレス風の囲いの前面には、発泡スチロールで作ったレンガ壁を貼ります。

両面テープで固定すれば、水栓のメンテナンスなどをする時にも、簡単に外すことができます。

発泡スチロールで作るレンガの作り方は、以前ご紹介したこちらの記事を参考にしてくださいね。

【おうちDIY】プチプラな発泡スチロールを使用♪レンガ壁の作り方

発泡スチロールレンガ壁の下の空間に木の扉を付ければ、掃除道具の収納場所として使えます。

天板は固定していないので、すぐに開けることができ、水栓のメンテナンスの際も手間がかかりません。

天板の上には、たくさんのディスプレイを置いて楽しむことができます。トイレに行くのが楽しみになりますね♪
トイレのセルフリフォームの後編は、タンクレス風トイレにリメイクする方法をご紹介しました。

セルフリフォームにチャレンジしてみたい方は、ぜひトイレのリフォームから始められることをオススメします。

セルフリフォーム トイレ タンクレス セルフリノベーション DIY トイレリフォーム インダストリアル 男前インテリア

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

末永 京/DIYアドバイザー

末永 京(すえなが きょう)

【肩書き】
DIYアドバイザー

【プロフ…

>もっとみる