ワンワン怖い……って言わなくなる!子どもの動物嫌いを克服しよう♪

子育て・ライフスタイル

子どもが動物や近所のワンちゃんを怖がってしまう……ということはありませんか?
小さいうちは仕方ないと思えても、周りのお友達が大丈夫な歳になってくると「うちの子は大丈夫?」「動物嫌いな大人になってしまうのでは?」と心配になりますよね。
そこで今回は、子どもの動物嫌いを上手に克服できる方法をお届けします♪

子どもの動物嫌いを克服するには①楽しい経験を増やす!

あなたとご主人が動物好きでも、お子さんに強要してしまうのはNGです。

好きになって欲しいからといって、無理に触らせようとすると、怖いという印象が強くなってしまいます。

最初に焦らないことが大切♪

まずはお手本を見せて、「かわいい!」と思ってもらえるように、楽しい経験を増やす努力をしましょう。

子どもの動物嫌いを克服するには②「怖いねぇ」と共感してあげる

動物園などに行って、大きな動物を見て「怖い!」と子どもが泣いてしまった……。このような時は、どう答えていますか?

「怖くないよ。大丈夫だよ。」と言って諭すのもアリですが、敢えて「そうだね、怖いねぇ。」と共感してあげることも大切なのです。

同調することで、子どもは安心します。続けると、マイペースに動物嫌いを克服していけるようになりますよ。

子どもの動物嫌いを克服するには③「苦手!」と言わせて長い目で見守る

犬などのように飼い主がいる動物については、「嫌い」ではなく「苦手」と言うように教えましょう。

動物嫌いはすぐに克服できるものではなく、時間を要します。

犬を連れている方に対して「嫌い」という言葉を投げかけてしまうと、子どもと言えども傷つく飼い主さんもいるはず。

飼い主さんに配慮する意味でも、「苦手」という言葉を教えてみましょう。

本当は怖いのに平気なフリをしたり、怖さを訴えずにいるよりは、素直に「苦手!怖い!」などと発言できる子の方が、動物嫌いを克服しやすいそう。

子どもの素直な気持ちを汲み取って、長い目で温かく見守りましょう♪

子どもの動物嫌いを克服するには④ネガティブな想像をさせない

動物嫌いの子どもは、「追いかけられるのでは?」「襲ってくるのでは?」と不安になる子も多いといいます。

この対応策としては、ネガティブな想像をさせないことが大切です。

虫を怖がる場合は、虫や動物が生きている意味を教えてあげると良いでしょう♪

嫌いな動物が載っている絵本を買って読ませるのも◎

直接触れられる場合は、触らせながら「優しくて良い子でしょ?」と徐々に慣れていってもらうことで、苦手意識が和らいでくるはずですよ。

少しずつ動物嫌いを克服していけたら、親子共に楽しくなりそうですよね!
動物園に連れて行ったり、絵本を読んでみたり……ぜひ、試してみてください♡