【大和田美帆さんインタビューvol.1】多忙な両親との絆を作った母手製のカレンダー

役者として舞台を中心に活躍し、出産を機にスタートした育児ブログが累計60万アクセスの共感を集めている大和田美帆(おおわだみほ)さん。

今年1月には、人気ブログから生まれた初のエッセイ本『ワガコ』を出版し、来る9月には約3年ぶりとなる舞台復帰が控えるなど、育児に仕事に大忙し!

そんな中でも、常に明るく笑顔を絶やさない大和田美帆さんに、ブログを通して伝えたいメッセージや、母・岡江久美子さんへの思い、これからママ、役者としてチャレンジしたいことなどをたっぷりと伺いました。

【大和田美帆さんプロフィール】
女優。父親が大和田獏、母親が岡江久美子という芸能一家に生まれる。2003年に舞台「PURE LOVE」に出演し、女優デビュー。舞台を中心に活躍し、現在は、Eテレ 「チョイス」MCを務めるなど多方面で活躍中。

2014年に結婚。2015年に長女を出産。「ワガコ」との日々を綴ったブログが人気。今後は、舞台「アマデウス」(9/24〜東京・サンシャイン劇場ほか、地方公演あり)に出演。

——育児や日常のできごとについて、大和田さんならではの感性を通して紹介するブログが人気となっていますが、そもそもスタートしたきっかけは?

産休中、仕事をしていた時期に比べて時間的に余裕があり、また、初めての育児を行う中で日々さまざまな発見があったので、その時々の経験や感情を記録しておこうと思い、始めました。

——ありのままの心情が綴られていて、大和田さんのお茶目な一面を垣間見ることもでき、読んでいると元気になりますね!

ありがとうございます!ブログでは、自分の今の思いを正直に書くことを常に意識しています。その結果として、共感してくださる読者の方が増え、とても嬉しいですね。

読者の方からいただいたコメントを読んでいると、全国各地で頑張っているママたちを身近に感じることができるんです。

だからこそ、育児で同じように苦労をしていたり、ママ友がまわりにいなくて寂しい思いをしている方が、このブログを読んで「明日もがんばろう!」とパワーが出るような内容をお届けしたいと思っています。

——相手に届くメッセージを書くために工夫していることはありますか?

役者が、舞台で観客のことを意識して演技をするように、ブログでは、読んでくださる皆さんのことを思い浮かべて書いています。

実は、私は不器用なのでひとつの記事を書くのに2日ほどかかってしまうんです。より伝わりやすい言葉や文章の流れを考えながら、納得いくまで書き直しています。

演技であれば、表情や声のトーンで自分の感情を表現することができますが、文字ではそうはいきません。何気ないひと言で誰かを傷つけてしまう可能性もあるため、難しさを感じることも多いですね。

さまざまな思いをもった方が読んでくれていることを念頭に置いて、私なりの言葉で綴っています。

その中で、言葉選びや文章の読みやすいテンポを作り出している過程が、なんだか役作りに似ているなって。やはり、私は自分自身を通して何かを表現するのが好きなんだと改めて感じました。

——大和田さんのブログを通して、ママ同士が繋がっている感じがしますね。

私自身、皆さんからいただくメッセージがとても励みになっているんです。

同じくらいの年の子供をもつママから、「私もそれで悩んでいます」と共感のコメントを受け取ったときには、私だけじゃないんだと、とても心強くなりました。

先輩ママからも「3歳になったらこうなりますよ」とか、「気づけばすぐに20歳になってしまうので、今の育児期を楽しんでください」といった参考になる経験談が寄せられたり、中には海外で育児をしている方から届くコメントもあったりして。

ブログを通して、世界中のママたちと心のキャッチボールができ、繋がり合えることは本当に幸せだと思います。

——ブログから生まれたエッセイ集『ワガコ』では、父・大和田獏さんと母・岡江久美子さんとのエピソードも書かれていますね。本の制作中は、改めて親子関係を見つめ直す機会にもなったのでは?

そうですね。振り返ってみると、うちは両親がともに忙しく働いている中でも、コミュニケーションがかなり上手くとれている家族だったと思います。

父が、「なるべく夕飯はみんなで一緒に食べよう」という家族の約束を作り、大学に入るまでは、仕事がない日は必ず3人で食卓を囲んでいました。

ユニークなのが、お互いのスケジュールを把握するために、母が手書きでカレンダーを作っていて、家族3人の予定が書き込めるようになっているんです。

それを使って時間を調整し、あえて一緒に過ごす時間を作り出していました。

——お子さんが成長されたら、お母さんと同じように3人のスケジュールカレンダーを作ってみたいですか?

やりたいです!もともと私と夫は、お互いの予定をあまり把握し合わない夫婦で、その方が心地良いと思ってこれまで暮らしてきました。

しかし、今度はそれを「家族」の単位に置き換え、娘のためにどこまで歩み寄って、お互いの予定を把握し合い、時間を作ることができるのか。

その方法を模索する中で、私たちらしい家族のカタチが作られてくるのではないでしょうか。

——ご両親とは、夕食を囲みながらどんな会話をしていたのですか?

私も両親も、とにかくおしゃべりが大好き!

いつも誰か話しているので、何かを言いたいときには、わざわざ手を挙げて、「はい!次は私の番ね」というようにスピーチ枠を確保しなければいけないくらいなんです。(笑)

そんな感じで、学校でのできごとを話したり、母の見た映画の感想や、父の仕事の話を聞いたり。毎日欠かさず、お互いの情報交換をしていました。

それを見習って、私もコミュニケーションがいっぱいとれる家族にしたいなと思っています。

しかしながら、うちの夫はわりと無口で、今は私が一方的に話しているような状態……。

これから子どもが話せるようになったら、私と娘が賑やかにおしゃべりをして、それを夫が静かに聞いてくれるのかな、と想像したりします。

——エッセイでは、お母さんのユニークな人柄もたびたび取り上げていますね。ご自身もお子さんをもった今だからこそ、母に伝えたい思いとは?

うちの母には、本当に面白いエピソードがたくさんあるんです。物心ついたときから、「なんて面白い人なんだろう」と、何か起こるたびにノートに書き留めていたくらい。(笑)

陽気で気さくなイメージがある反面、ワーキングマザーとしての悩みや葛藤なども、これまでにいっぱい乗り越えてきていて、そういう部分を今回のエッセイを通じて紹介することで、他のママたちの参考になれば良いなって。

芸能界で忙しく働きながら子育ても頑張っていた母の苦労は、自分が子どもをもった今だからこそよくわかります。

だからこのエッセイには、私から母への「ありがとう」の気持ちが詰まっているんです。

実際、出版前に母に1冊プレゼントしたときには、読んでから後日、「泣きました」とメールがきてとても嬉しかったです。
両親が忙しく働いているという状況でも家族の絆を作ってくれていた、母・岡江久美子さん手作りのカレンダーや、会話を楽しみながらコミュニケーションをとれる食卓。

エッセイ本『ワガコ』や、人気のブログで綴られている家族の様子に、元気をもらえるというママも多いはず♡

インタビューのvol.2では、大和田美帆さんが2年目に入った子育てと仕事の両立の中で感じていることなどを伺っていきます。お楽しみに♪

インタビュー・文|中山理佐
撮影|細谷 聡 (MetroSpace Inc.)

撮影協力:SHIROKANE | LOUNGE

【関連記事】【大和田美帆さんインタビューvol.2】"子育ては十人十色"ママ2年生になって思うこととは

役者として舞台を中心に活躍し、出産を機にスタートした育児ブログが累計60万アクセスの共感...

大和田美帆(おおわだみほ) インタビュー 岡江久美子(おかえくみこ)

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4yuuu! 公式

4yuuu!公式アカウントです。

>もっとみる