頑張りすぎるママに多い「スーパーウーマン症候群」の症状や対処法とは

頑張りすぎるママに多い「スーパーウーマン症候群」の症状や対処法とは

何事にも完璧さを求めて、一生懸命に頑張る女性が陥りやすいストレス症候群「スーパーウーマン症候群」をご存知ですか?
キャリアウーマンに多く見られる症状なのですが、最近では、家事や育児に対して完璧主義になってしまう女性にも見られるものなんです。
今回は、スーパーウーマン症候群の症状とその対処法についてご紹介していきます。

「スーパーウーマン症候群」の症状とは?

スーパーウーマン症候群は、別名、“スーパーウーマン・シンドローム”とも呼ばれます。
完璧主義で頑張り屋のタイプの女性に多く、頑張りすぎてしまうが故に疲れ果て、ストレスが溜まってしまう症状です。

特に、仕事をしながら家事や育児をこなす、30代の女性に多いとされています。スーパーウーマン症候群の主な症状は、以下の通りです。

✔︎不安感に襲われる
✔︎やる気が低下する
✔︎イライラすることが多い
✔︎動機や息切れをすることがある
✔︎立ちくらみが頻繁に起こる
✔︎食欲がないor過食気味
✔︎下痢が続く
✔︎生理不順

当てはまる症状は、ありましたでしょうか?

自分のキャパシティーを超えるものでも引き受けてしまい、周りの期待に何とか応えようとしている方は、注意が必要です!

心と体を脅かす、スーパーウーマン症候群。では、どんな対処をしたらいいのでしょう?

スーパーウーマン症候群の対処法① 生活習慣を正す

スーパーウーマン症候群の対処法として、まず第一に行いたいのは、生活習慣を正すことです。

現代社会に生きる私たちは、いつも時間に追われて、慌ただしく生活しています。
家事に育児に仕事にと、何でもこなす女性は、生活リズムが崩れがち。このような生活習慣の乱れは、ホルモンの乱れに繋がります。

女性は、ホルモンが乱れてしまうことで、心身に悪影響を被ってしまうんです……。

特に、朝早くから活動し、夜遅くまで起きている、という女性は要注意。
きちんと睡眠時間を確保すること、そして1日3食の食事を摂ることは、とても大切なことです。
生活習慣を正すことで、女性ホルモンが乱れないように心がけましょう。

スーパーウーマン症候群の対処法② 自分の時間をしっかり持つ

スーパーウーマン症候群に陥ってしまう女性は、気遣い屋さんが多い、とも言われています。

仕事のこと、子ども、夫や友人など、自分以外の物や人のことまで考えてあげる、優しい性格の持ち主なんです。

しかし、そんな優しさが裏目に出てしまうことも……。

自分のことだけで精一杯のはずなのに、他の役割まで引き受けてしまうことで、最終的に自分1人で抱えきれなくなり、ストレスとなってしまうのです。

自分の時間をしっかり持つようにしましょう。たまには他人のことを考えず、自分のことだけを考えてみてください!

趣味に没頭するのもいいですし、読書をしたり、美味しいものを食べに行ったり、リラックスする時間を作ることが大切です♪

スーパーウーマン症候群の対処法③ 完璧主義をやめてみる

スーパーウーマン症候群の方にとって、これが1番難しいと思うのですが、完璧主義をやめてみると色々なことから解放されます。

「こうしなきゃいけない」
「期待以上の成果を出さなきゃ」
「子どもにとって完璧なママでいたい」

など、何事においても完璧を目指してしまいがちですが、何も完璧でなくてもいいんです。

100点を取ることは大切かもしれませんが、そのためにずっと努力をしていたら、途中で疲れてしまいますよね?

車だって、ずっと走らせていたらガス欠になるように、人の頑張りも、ずっと続くものではありません。

時には気楽に、息抜きをしながら生きることも大切です。物事を上手にやりこなしている人は、息抜きの仕方が上手なのだそう。

やるべきことがたくさんあったとしても、優先順位をつけるのです。あれもこれもと、同時進行で頑張ろうとすると疲れてしまいます。

適度に力を抜くことで、今より広い視野で物事を捉えられるはずですよ♪
いかがでしたか?頑張る女性が発症してしまう、スーパーウーマン症候群。これは、体と心の病です。
心身ともに健康でいるためにも、自分がスーパーウーマン症候群だな、と思う方は、対処法をお試しくださいね。

スーパーウーマン症候群 女性 完璧 対処法

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

橘 茉子

>もっとみる