骨格タイプ別低身長さんの冬選び 秋冬コーデ編

低身長×骨格タイプでスタイルアップ♡服選び&秋冬コーデのポイント

ファッション

背が低い・小柄な体型で、なかなか似合う服が見つからないとお悩みですか?
そんなあなたこそ、骨格診断を参考にしてみてはいかがでしょうか。
骨格タイプに合わせたファッションアイテム選びをすれば、スタイルアップが叶うかも!?
ストレート・ウェーブ・ナチュラルそれぞれの骨格タイプの低身長さんにおすすめの秋冬コーデもご紹介します。

低身長さんの服選びのお悩みは骨格診断で解決できるかも!

服選びで悩む女性出典:www.shutterstock.com

みなさんは日本人の平均身長をご存知ですか?

政府の統計「国民健康・栄養調査」によると、日本人の30代40代女性の平均身長は、158cm前後
婦人服のJIS規格サイズで一般的な表記「9AR」(9号)は、この158cmの身長を基準につくられています。

そのため、低身長・小柄とされる150cm前後、140cm台の身長で、太っているやせているに関係なく「洋服のサイズが合っていないような気がする」と感じている方は少なくないようです。
丈感が合わない、トップスとボトムスがバランスよく着こなせない、袖の長さや肩幅が合わせにくいといったお悩みもありますよね……。

洋服が合わない原因は、他にも。
サイズが合わないだけでなく、体型には関係のない骨格タイプに合ったファッションアイテム選びができていないからかもしれません。

実は、骨格診断によって導きだされる骨格タイプによって洋服の選び方やスタイリングの方法が異なってくるんです。

 

骨格診断

骨格診断とは、体の厚み・重心の位置・骨や関節の発達・筋肉と脂肪のつき方など、生まれ持った体の特徴をもとにスタイルアップして見える「服の形」や「素材」を導きだすものです。

骨格タイプに合うものを身につけると、着やせしたりあか抜けたりとスタイルアップして見えるんです。
ちなみに、骨格タイプは、太ってもやせても変わりません。

低身長・小柄な体型でも本当に似合う洋服選びやコーデのポイントを知るために、まずは簡単な質問に答えてどの骨格タイプに当てはまるのか自己診断をしてみましょう! 

▶︎▷骨格診断スタート▶︎▷

診断結果はどのタイプでしたか?
それぞれの骨格タイプをCHECKして、本当に似合うファッションアイテムやコーデをみつけてみましょう。

骨格診断【ストレートタイプ】×低身長さんに似合う洋服選び

骨格ストレート

骨格ストレートタイプの方の特徴を見てみましょう。

  • 首は短め
  • 鎖骨や肩甲骨が目立ちにくく、上半身に厚みがある
  • バストトップが高め
  • 腰の位置が高く、ヒップトップが高め
  • 膝から上が太めで膝下は細め
  • 膝の骨はあまり目立たない
  • 太るときは体幹から太る(リンゴ型)
  • 二の腕の外側や太ももが張っている
  • 肌にハリや弾力がある

骨格ストレートの方は上半身に厚みを感じるメリハリのある体型が特徴なので、「着太り」しないように注意することが一番のポイントです。

骨格診断【ストレートタイプ】×低身長さんに似合う服・秋冬コーデのポイント

骨格診断ストレート

骨格ストレートの方は、上半身に厚みを感じるメリハリのある体型が特徴です。

骨格ストレートの低身長さんがスタイルアップする方法はこちら!

  • 身体のラインに付かず離れずなジャストサイズを選ぶ
  • 「Iライン」を意識する
  • VネックやUネックなど胸元をスッキリと開ける
  • 細い膝下を見せる
  • ジャストウエストで区切る
  • 肩の切り替え位置がジャスト

一般的に「低身長コーデは目線を上に持ってくるといい」と言われていますが、骨格ストレートの方は上半身に装飾があるものを着ると上半身にボリュームが出て着太りしてしまうので要注意です!

上半身に装飾のあるトップスが着たい場合は、体幹部分ではなく袖口にフリルなどの装飾があるデザインを選ぶといいですよ。
ただし、肩にボリュームが出るパフスリーブは上半身のボリュームを強調してしまうので、肩周りはスッキリとしたデザインを選びましょう。

また、ハイネックを着る場合は、首が少し見えるものを選ぶ、ネックレスでVラインを作る、髪をアップにするなど、首の短さをカバーすることがスタイルアップの秘訣です。

反対に似合わないNGコーデは、ハイウエストで区切ったコーデやオーバーサイズのコーデ。
ハイウエストで区切ってしまうと、上半身が詰まって見えてしまいますし、オーバーサイズのコーデはだらしなく見えてしまうので、要注意です。

骨格診断【ストレートタイプ】×低身長さんにおすすめファッションアイテム

骨格診断【ストレートタイプ】におすすめのアイテム①スッキリとしたIラインを作るチェスターコート

INDIVI グランシャルムビーバーコート出典:zozo.jp

スッキリとしたシルエットのチェスターコートは、骨格ストレートの方が得意なIラインシルエットを作ることができます。

肩の切り替え位置がジャスト胸元はみぞおちまで開いているので、ボリュームの出やすい上半身をカバーしてくれますよ。

XSサイズがあるので、低身長さんもピッタリのサイズ感で着ることができる一枚です。

INDIVI グランシャルムビーバーコート

¥48,400

販売サイトをチェック

骨格診断【ストレートタイプ】におすすめのアイテム②ウエストマークできるVネックニット

any SiS 【ストレートさんにおすすめ】骨格タイプ別ベルテッド ニット出典:zozo.jp

顔周りをスッキリと見せてくれるVネックニット。
共布ベルトでウエストマークできるので、骨格ストレートの方が得意なジャストウエストで区切るコーデが楽しめます。

パンツやタイトスカートと合わせれば、Iラインシルエットを作ることができるので、細見えが叶いますよ。

any SiS 【ストレートさんにおすすめ】骨格タイプ別ベルテッド ニット

¥5,940

販売サイトをチェック

骨格診断【ウェーブタイプ】×低身長さんに似合う洋服選び

骨格ウェーブ

骨格ウェーブタイプの方の特徴を見てみましょう。

  • 首が長め
  • 鎖骨や肩甲骨はとがり気味に出ている
  • バストトップが低め
  • ウエストが細くヒップトップが低め
  • 膝の骨が小さく出ている
  • 太るときは下半身から太る(洋ナシ体型)
  • 二の腕が細い
  • 肌がやわらかくなめらかな質感

骨格ウェーブの方はなだらかなラインの女性らしい体型なので、上半身が寂しく見えないようにすることと、ボリュームの出やすい下半身をカバーすることがポイントです。

骨格診断【ウェーブタイプ】×低身長さんに似合う服・秋冬コーデのポイント

骨格ウェーブ

骨格ウェーブの方は、なだらかで女性らしい体型が特徴です。

骨格ウェーブの低身長さんがスタイルアップする方法はこちら!

  • トップスは身体にフィットするサイズ感で、ボトムは腰回りをカバーできるデザイン
  • フィットアンドフレアの「Xライン」を意識する
  • ハイウエストで区切る
  • ロング丈のスカートやパンツは細い足首を見せる
  • ボトムは明るい色や軽い素材をチョイスして目線を上げる
  • 肩の切り替え位置はジャストか内側

一般的に言われている「低身長コーデは目線を上に持ってくるといい」という理論が一番当てはまるのが、骨格ウェーブの方です。

重心が下がりやすいので、上半身にフリルなどの装飾があるトップスハイウエストで区切られているワンピースを着ることで、目線が上がり低身長をカバーしながらスタイルアップすることができます。

反対に似合わないNGアイテムはロングスカートや厚手のワイドパンツ、ドロップショルダーのトップスやコートです。

長過ぎる丈のボトムは目線が下がってしまうので、足首を見せた方がバランスがとれますよ!
ワイドパンツを履く場合は、厚手のものではなく、ヒラッと軽い素材を選びましょう。

ドロップショルダーは骨格ウェーブの低身長さんが着ると、ダボダボとして着られている感が出てしまうので要注意です。

骨格診断【ウェーブタイプ】×低身長さんにおすすめファッションアイテム

骨格診断【ウェーブタイプ】におすすめのアイテム①フェミニンにきまるノーカラーコート

green label relaxing メルトン ノーカラー コート出典:zozo.jp

首元が詰まったノーカラーコートは目線をあげてくれるので、低身長さんもスタイルアップして見えます。
長過ぎない丈感なので、着られている感を出さずにコンパクトに着ることができますよ。

色は重たくならないように、明るめを選ぶのがベスト!

XSサイズがあるので、低身長さんもピッタリのサイズ感で着ることができる一枚です。

green label relaxing メルトン ノーカラー コート

¥29,700

販売サイトをチェック

骨格診断【ウェーブタイプ】におすすめのアイテム②軽い素材のハイウエストワンピース

SNIDEL 2wayサテンジャガードワンピース出典:zozo.jp

ひらっとしたサテンジャガード生地のプリントワンピースは、柔らかな肌質の骨格ウェーブの方に馴染みます。

骨格ウェーブが苦手とされるロング丈ですが、素材が軽く、重たく見えないので、おしゃれに着ることができますよ。

また、首元の詰まったデザインがデコルテの寂しさをカバーしてくれます。
ちなみに、こちらのワンピースは前後着用が可能で、Vネックでも着ることができますが、その場合は胸元が寂しく見えないようにネックレスをプラスして着るのがおすすめです。

SNIDEL 2wayサテンジャガードワンピース

¥18,700

販売サイトをチェック

骨格診断【ナチュラルタイプ】×低身長さんに似合う洋服選び

骨格ナチュラル

ナチュラルタイプの特徴を見てみましょう。

  • 肩が目立つ
  • 鎖骨や肩甲骨が長く大きくてしっかりしている
  • 膝の骨が大きく縦に長い
  • 身長に対して手足が大きめ
  • 太りにくい
  • 日焼けや乾燥をしている

骨格ナチュラルの方はフレームがしっかりした骨感が目立つ体型なので、しっかりとした骨格をさりげなくカバーして骨感を目立たせないことがポイントです。

骨格診断【ナチュラルタイプ】×低身長さんに似合う服・秋冬コーデのポイント

骨格ナチュラル

骨格ナチュラルの方は、しっかりとしたフレーム感が目立つ体型です。

骨格ナチュラルの低身長さんがスタイルアップする方法はこちら!

  • 身体にフィットしすぎないゆとりのあるサイズ感
  • ウエスト位置はジャストかローウエスト
  • 骨感の出やすい膝を隠す
  • ドロップショルダー
  • アウターの丈は膝が隠れる〜ふくらはぎくらいまで

「着られている感が出てしまうのでは?」と低身長の方が避けがちなゆとりのあるサイズの服やドロップショルダーの服も、フレーム感のしっかりした骨格ナチュラルの方なら、低身長でもおしゃれに着こなすことができます。

骨格ナチュラルの方はロング丈のボトムも履きこなせますが、低身長の場合は足首が見えるやや短めの丈を選んだ方がバランスがとれますよ。
ただし、膝を出すと骨感が目立ってしまうので、膝が隠れるくらい丈を選びましょう。

アウターを選ぶ際は、ショート丈だと肩幅が目立ったり寸足らずな印象になりがちなので、膝が隠れる丈〜ふくらはぎくらいまでがベストです。

似合わないNGコーデは、全身ぴったりとしたアイテムで合わせたIラインのコーデや、ハイウエストで区切ったコーデ。

Iラインのシンプルなコーデは物足りなく感じたりフレーム感が目立ってしまうので、ストールをぐるぐると巻いたり、トップスをドロップショルダーのゆったりシルエットのものにチェンジするなど、どこかにボリュームをプラスするとスタイルアップして見えますよ。

また、一般的には「低身長コーデは目線を上に持ってくるといい」と言われていますが、骨格ナチュラルの方が目線を上げようとしてハイウエストで区切ってしまうと、しっかりとした肩周りが目立ってしまうので要注意です。

骨格診断【ナチュラルタイプ】×低身長さんにおすすめファッションアイテム

骨格診断【ナチュラルタイプ】におすすめのアイテム①こなれ感の出るドロップショルダーコート

green label relaxing ロングチェスターコート出典:zozo.jp

ゆったりとしたサイズのドロップショルダーコート。骨格ナチュラルの方のフレーム感をカバーしながらスタイルアップして見せてくれます。

XSサイズもあるので、ドロップショルダーでオーバーサイズでも着られている感が出ずにおしゃれに着こなせますよ。

丈も長過ぎないので、低身長さんでもコンパクトに着ることができます。

green label relaxing ロングチェスターコート

¥29,700

販売サイトをチェック

骨格診断【ナチュラルタイプ】におすすめのアイテム②オーバーサイズのニットワンピース

NOBLE ニットドレス出典:zozo.jp

ナチュラルな素材のオーバーサイズニットワンピース。
首回りにフィットしすぎないタートルふわっとした袖が、骨格ナチュラルの方のしっかりしたフレーム感をカバーしながらおしゃれに見せてくれます。
丈感は長過ぎないので、低身長さんでもスッキリと着こなせますよ。

ボリュームのあるコートやブーツと合わせて重たさのあるコーディネートをすると、おしゃれにきまりますよ。

NOBLE ニットドレス

¥26,400

販売サイトをチェック

低身長を「悩み」から「強み」へ!

骨格診断で骨格タイプを知れば、低身長を「悩み」から「強み」に変えることができるかも!
ぜひ骨格タイプを意識して、秋冬のコーデを楽しんでみてくださいね。

骨格タイプに基づいた洋服選びやスタイリングに加えて、パーソナルカラーを組み合わせるのもおすすめ!
本当に似合うファッションアイテムを身につければ、さらにおしゃれ見えを叶えることができますよ。

▶︎▷▶︎▷もう一度骨格診断をしてみる

パーソナルカラー診断はこちら▶︎▷▶︎▷

◆筧 沙奈恵(かけい さなえ)

カラー&ビューティー トータルアドバイザー
学生時代から読者モデルとして注目を浴び、雑誌・テレビ・CM・イベントなど様々なメディアで活躍。立教大学卒業後、損保会社に勤務する傍らパーソナルカラーについて学び、2012年よりフリーランスに。
現在も読者モデルとして活躍する中、学生時代に化粧品メーカーのビューティーアドバイザーに携わった経験を活かし、マンツーマンレッスン講師・セミナー講師として全国で活動。毎日を楽しく、自分に自信を持てるような提案を行う。トリンプのパーソナルカラーイベント講師、タカシマヤのカシミヤ スペシャルコンテンツのカラー監修、マイナビ×アニヴェルセル豊洲イベントゲスト講師etc...産経新聞にてカラーアドバイザーとして掲載 。
保有資格:骨格診断アドバイザー・パーソナルカラーアナリスト・顔タイプアドバイザー1級・色彩検定1級
プライベートでは2児の母。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。