乾燥するのは爪も同じ!老け見えを防ぐキレイなネイルをキープする方法

美容

「家事をしているから?」「歳のせい?」なんだか最近爪が割れやすくなってきた……と感じていませんか?
実は、肌だけではなく爪も水分が含まれているのでしっかりとケアしないと乾燥してしまうのです。
指先は意外と年齢が出てしまう場所なのでキレイに整えておきたいですよね!
そこで今回は、乾燥が酷くなる冬前にチェックしておきたい爪ケアの方法をご紹介いたします。

爪の乾燥対策に!ネイルケアの方法①ハンドクリーム×綿棒で甘皮ケアしよう

爪の甘皮処理引用:www.shutterstock.com

今からでも手軽にできる爪の乾燥対策がハンドクリームでしっかりケアする方法です。
手だけではなく爪もマッサージしながらしっかり保湿してあげるのがベスト!

さらにハンドクリームの効果をアップさせるなら、甘皮処理をしておくのがおすすめです。

甘皮が多いと爪への栄養や水分が爪に届きにくくなってしまうので、2週間に1回くらいの頻度で定期的に処理しておきましょう。

甘皮処理の方法は、お風呂上がりにめん棒で甘皮を軽く押し上げるだけでOK。
あまり強くやりすぎると爪に負担がかかってバイ菌が入ってしまうので注意が必要です。

爪の乾燥対策に!ネイルケアの方法②ネイル用のオイルを塗る

ドクターネイル デイケアオイル引用:item.rakuten.co.jp

既に乾燥が悪化してしまった爪へのケアには、キューティクルオイルなどのネイル用のオイルを塗るのが◎

爪が欠けやすい、二枚爪になってしまうという方でも、オイルを毎日塗っていくうちにだんだんとしっかりとした爪になってツヤもアップしてくるでしょう。

また、ネイルオイルはいい香りのするものが多いのでリラックス効果もバッチリ♪

ドクターネイルの「デイケアオイル」は、スクワランやアルガンオイルなど、11種類の天然由来成分を贅沢に配合した高保湿ネイルオイルで爪まわりの乾燥を防ぎ、美しくつややかに保ってくれます。
ほのかなローズの香りで癒されますよ。

ドクターネイル デイケアオイル

¥1,059

販売サイトをチェック

爪の乾燥対策に!ネイルケアの方法③パラフィンバスで内側からケア

指先パラフィンバス器 引用:item.rakuten.co.jp

ジェルネイルなどネイルを楽しむとどうしても爪が傷んで乾燥しやすくなってしまいますよね。
だからといって、秋冬はネイルをしないというのも寂しいものです。

そんなネイル好きさんにおすすめなのが、ジェルネイルのオフ後にパラフィンバスで保湿ケアをする方法。

パラフィンバスとは保湿効果のあるトリートメントワックスを温めて溶かした容器に、15分ほど指先をひたす爪ケアのことです。
指先までしっかりと温まるので美容液が浸透しやすく、冷え性さんにもおすすめ!

手足のケアができる大きめのパラフィンバス器から、指先のみの小型のパラフィンバス器などあるのでお好みのサイズを選びましょう。

指先パラフィンバス器

¥3,971

販売サイトをチェック

爪の乾燥対策に!ネイルケアの方法④水仕事が多い方ならベースプロテクターで保護

ナチュラリスト ベースプロテクター引用:www.amazon.co.jp

美容師さんやネイリストさんは水仕事が多く、爪ケアをしてもどうしても乾燥してしまいがちですが、そんなプロの方たちが愛用するのがベースプロテクターです。

ベースプロテクターとは手の保護剤のことで、強い薬剤や乾燥から手を守ってくれるもの。
外側からの刺激をカットし、内側の水分を閉じ込めてくれる、言わば見えない手袋のような役割を果たしてくれます。

毎日皿洗いや洗濯などの水仕事が多く、手や爪が乾燥してしまうママにももちろんおすすめ!
日々の爪ケアとあわせて使いましょう。

ナチュラリスト ベースプロテクター

¥1,760

販売サイトをチェック

乾燥に負けない、キレイな爪をキープするケア方法をご紹介いたしました。
一度荒れてしまった爪を復活させるにはそれなりに時間がかかるものなので、普段からしっかりとケアしておくことをおすすめします!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。