夫を「帰宅恐怖症」にさせないために……!妻の心得4つ

仕事が終わって帰るのが楽しみになるはずの家なのに、最近、家に帰りたくないと感じる「帰宅恐怖症」に陥る夫が増加中と言われています。

一体、どうして帰宅恐怖症になってしまうのか?妻として、夫を帰宅恐怖症にしないための心得をおさえておきましょう。

夫の「帰宅恐怖症」……なりやすい夫婦のタイプは?

夫が「家に帰りたくない」「家に帰るのが怖い」と感じてしまう、帰宅恐怖症。

陥りやすい心理としては、妻と交わす会話が理解できないものだったり、妻に強く何かを言われたり、怒られるのが嫌だと強くなることです。

帰宅恐怖症になりやすい男性の特徴としては、次のような特徴があります。

・言いたいことを溜め込む傾向にある
・気弱 or 優しい
・女性慣れしていない
・面倒くさがり
・話をするのが得意ではない

反対に、妻が気が強いタイプだと、さらに夫が帰宅恐怖症になりやすい傾向にあるそう。

夫のちょっとした言動をきっかけに、「どうしてあなたは!」と言いがちですが、夫にとっては理由も分からず「妻が不機嫌になっている……」と感じていることも多いんですよ。

夫を「帰宅恐怖症」にさせない妻の心得
①おおらかに接する

「帰宅恐怖症になる=家で待っている妻のことが怖い」と、感じているというケースがほとんどだといいます。

だからこそ、妻としては夫を帰宅恐怖症にさせないためにも、「怖い」「面倒」と思わせないように努力する必要があります。

夫に対して、言いたいことがたくさんあるのは仕方の無いこと。

端から見ると、夫も何も感じていないように見えるかもしれませんが、実は心の奥底でストレスを感じているかもしれません。

日頃の言動を見直して、できる限り大らかに接することができるように気をつけましょう。

夫を「帰宅恐怖症」にさせない妻の心得
②「おつかれさま!」「ありがとう」を忘れない

子育てに追われていると、日中外に出ている夫と自分を比べて「自分ばっかり……」と思うこともあるかもしれません。

もちろん、母親が忙しいのは誰が見ても一目瞭然。

でも、夫も忙しく職場で頑張ってくれているのです。

そんな中、帰宅してからもぴりぴりムードが続くのは、やっぱり辛いものですよね。

忙しいのはお互い様。

せめて、「おかえりなさい」「お仕事おつかれさま」「いつもありがとう」そんな、感謝の気持ちをきちんと伝えることで、夫の帰宅恐怖症を防ぐ習慣につながりますよ。

夫を「帰宅恐怖症」にさせない妻の心得
③玄関だけでもきれいに!

夫が帰宅恐怖症になる原因として、もう一つ考えられるのが「家に帰っても散らかっていて心が休まらない」ということです。

子育てをしていれば、どんなに気をつけていたとしても、部屋が散らかってしまうのは仕方のないこと。

でも、夫が少しでも安らいだ時間を過ごせるように、せめて玄関や寝室だけは綺麗にキープできるようにしましょう。

夫を「帰宅恐怖症」にさせない妻の心得
④たまには夫の話を聞いてあげる

しっかりしていて、ハキハキタイプの妻は、傍目から見たら理想的な女性と言えるかもしれません。

良かれと思って頑張っていたとしても、夫はそんな妻だからこそ、自分の悩み事や弱音を言えないと思っているかもしれません。

家の外で弱音を吐いたり、ホッとできる場所を求め始めるようになれば、浮気のきっかけにもなりかねませんよね。

だからこそ、たまには夫の話もじっくり聞く。そんな時間をとるようにしてみましょう!
知らず知らずのうちに夫を追い詰め、怖がらせているかも……?

夫の帰宅恐怖症を予防するためには、自分も相手も24時間100%ではいられないということを理解して、支え合える関係性を築いてくことが大切です。

妻としての心得は、意外と簡単なものばかりなので、取り返しのつかない事態になる前に、夫婦の関係を見つめ直してみましょう♪

帰宅恐怖症 心得 夫婦 問題 対処法

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる