爪の色でチェック!体調不良のサインを見逃さないために

爪は健康のバロメーターとも言われるように、体調が悪かったり、何らかの病気があったりすると、サインが現れることがあります。

健康な爪はピンク色をしていますが、ちょっと色が変だなと思ったら要注意!

今回は、「爪の色」が教えてくれる病気のサインについてご紹介します。

爪の色でわかる病気のサイン①白っぽい

爪が正常なピンクよりも白っぽくなっている場合は、貧血が疑われます。

さらに怖いのは、爪が白濁している場合。

肝硬変、腎不全、糖尿病などの内臓疾患がある時に、爪が白濁してきます。

その他にも、血流が途中で止まり、指先まで行き渡らない時にも爪が白っぽく見え、肺がん、白血病、心不全などの初期の症状であることも。

また、爪がまだらに白濁している時は、「爪白癬=爪の水虫」が原因かもしれません。

爪の色でわかる病気のサイン②黄色っぽい

新陳代謝の低下、リンパ系の病気があると、爪が黄色っぽくなってきます。

また、爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)の場合も、爪が黄色く見えます。

爪甲剥離症とは、ネイルプレートが剥がれた状態を指し、内臓疾患、皮膚疾患、細菌感染症、外的要因による爪への圧迫などで起こります。

ネイルによる色素沈着でも、爪が黄色になることがありますので、心配な方は少しネイルをお休みして様子を見てみましょう。

爪の色でわかる病気のサイン③赤っぽい

爪が通常のピンク色よりも濃い赤色になっている場合は、多血症などの赤血球が増加する病気が考えられます。

肥満タイプの方に多く、脳血栓や心筋梗塞に繋がることもあるので、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。

特に、色が濃くなってきた場合には注意が必要です。

爪の色でわかる病気のサイン④黒っぽい

爪が黒っぽくなる場合には、色素を作るホルモンが増加するアジソン病など、副腎皮質の病気が疑われます。

まれにですが、鉄の含有量が多いワインを愛飲していると、爪が黒っぽくなることもあるようです。

爪が真っ黒になっている場合は、爪下悪性黒色腫(メラノーマ)の可能性も。

悪性黒色腫とは、皮膚、粘膜、爪などに発生する色素細胞の癌のことで、危険な病気です。

縦に黒い線が入っているような場合も、爪下悪性黒色腫の初期症状のことがあるので、注意して下さい。
痛みも何も伴わない爪の色の変化は、ついつい放置してしまいがちですが、重篤な病気が隠れている場合もあります。

自己判断せずに、おかしいなと思ったら、早めに医療機関を受診するようにして下さいね。

病気 サイン 体調不良

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

奥島 美帆

『美は、心・技・体。』を掲げる美容研究家。

早稲田大学大学院卒。
運動生理学・…

>もっとみる