爪噛みがやめられない……子どものクセを治す方法をチェック!

子育て・ライフスタイル

子を持つ親の4割近くが、子どもがしてしまう何らかのクセに悩んでいるそうです。
そのうちの上位にランクインするのが「爪噛み」!
そこで今回は、爪噛みを治す良い方法をご紹介します♪

爪噛みを治す方法①根気良く理解を促しながら見守る気持ちが大事!

爪噛みは、手持ち無沙汰の時に起こりやすいと言われています。

「寂しさを感じているのでは?」とか、「ママの愛情不足なのでは?」などとも言われたりしがちですが、ほとんどの場合は成長の過程でみられる“一過性の生理現象”みたいなものと理解して大丈夫です。

ただ、爪を噛むことが良くないということは、根気良く注意し続けて、理解させていきましょう。

爪噛みを治す方法②女の子には爪先のオシャレを教えてあげる

一過性のものとはいえ、爪を噛むクセというのはあまり宜しくありません。
できれば、早いうちに治したいと思うのが母心ですよね。

そこで、女の子の場合に有効な方法をご紹介♪

女の子には、おしゃれ心を刺激する「マニキュア」をしてあげると割と早く直せるようです。
ネイルアートの本を見せることも効果大!

キッズ対応のネイルサロンもあるようなので、親子で行って爪先のオシャレを楽しんでもいいかもしれません。

爪噛みを治す方法③爪についての絵本を読む

引用:www.amazon.co.jp

外から帰ったら、どうして手を洗うことが大事なのか、爪を噛むとどうなるのか、などの内容が優しく紹介されている絵本を読んで聞かせることも、爪を噛むクセを治す方法として有効のようです。

大人も笑える絵本の「なっちゃうかもよ」は、子どもにもインパクトを与えることができそう!

他にも、子供のクセを治すのに有効な本がたくさん販売されいるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

なっちゃうかもよ (PHPにこにこえほん)

¥1,296

販売サイトをチェック

爪噛みを治す方法④ママを悪者にする

爪を切ろうと思ったら、思っていたほど伸びていなくてびっくり!
そんな経験のあるママも多いのではないでしょうか。
子どもの爪噛み発見に、1番多いパターンのようです。

爪噛みを治す方法で1番効果的なのは、ママ(自分)を悪者にすること。
「ママがちゃんと早く切ってあげなかったから噛んじゃったんだね。ごめんね、ママのせいだね。次はちゃんと切らせてね。」なんて台詞を言い続けてみてください。

即効性はありませんが、実際に爪噛みをやめた子もいるようですよ。

子どもの爪噛みの行為は、精神面が影響している場合もあるようです。
子どもを安心させ、愛情を持って接して行くことが治す近道かもしれませんが、生理現象でやってしまう行為でもあるので、あまり自分を責めないようにしてくださいね。
子供のクセとは、長い目で見て焦らず付き合っていきましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。