【妊娠中期~後期】つらい「胃もたれ&圧迫」の改善方法とは

子育て・ライフスタイル

妊娠初期〜5・6か月頃までは、悪阻(つわり)に悩まされる妊婦さんも多いと思います。

悪阻さえ終われば、後は体調万全!ご飯も美味しく食べられて、赤ちゃんがお腹にいる幸せでいっぱいの毎日♪と思いきや……。

悪阻が終わる頃になると、赤ちゃんの大きさも急成長し、それに伴い羊水量も増すので、子宮がどんどん膨らみ、胃や腸を圧迫してきます。これにより、常に胃が苦しく感じたり、胃もたれ状態を感じる方も出てくるのです。

妊娠中の不調として「悪阻」は多く聞きますが、子宮の圧迫による「胃の不調」は、知らない方もいるのでは?

悪阻とは違い、子宮の圧迫による胃の不調は、上手に付き合えば症状を抑えたり改善することができます。今回は、その妊娠中期〜後期に起こる「胃の不調」の改善方法をご紹介していきます。

胃もたれ&圧迫の改善方法①食事の摂り方

まず試していただきたいのが、1回に食べる食事の量を少なくし、その分、食事の回数を増やすことです。

イメージとしては、1回の食事で食べていた量を半分に分け、その半分ずつを2時間程度開けて食べる感じです。

朝ご飯は7時と9時。お昼ご飯は11時と13時。夜ご飯は17時と19時……など、少量ずつ胃の中に入れることで、押し潰された胃に負担をかけずに、食事をとることができます。

この食事スタイルは、血糖値の大きな変動を防ぐ効果もありますので、妊娠糖尿病でお悩みの方にもオススメです。

胃もたれ&圧迫の改善方法②食材の調理法を変える

胃の圧迫に限らず、脂っこい食事は、消化に大きなエネルギーを使うものです。

ただでさえ子宮に押し上げられ、本来の力を発揮することができない胃ですから、なるべく消化の良い、さっぱりとしたものをいただくのがベスト!

脂ののったお魚やお肉は、油をプラスした調理方法ではなく、蒸したり茹でたりのあっさり調理を基本としましょう。

お野菜も、生でいただくよりは、温野菜がオススメ!体を冷やす心配もなく、生野菜でいただくよりも、しっかりとした量を摂ることができます。

細かく刻んで、スープなどにしても良いですね。

胃もたれ&圧迫の改善方法③食後は適度な運動を♪

妊娠中は、体が疲れやすく、常にゴロンと横になっていたいもの。1人だけの体ではないし……と、つい甘えて横になることも多くなるでしょう。

もちろん、妊娠中に無理な運動や作業をする必要はありません。でも、その気持ちが勝るあまり、食事を食べては横になる生活を繰り返してはいないでしょうか?

食事をして直ぐに横になると、胃酸が逆流して、食道炎を起こすことも少なくありません。実際に、妊婦さんの逆流性食道炎は多いのだそうです。

胃が圧迫されて、常に胃もたれをしていると思いきや、実は食後の横寝が原因であったことも考えられます。

そんな状態を防ぐために、食後は30分ほど体を動かすようにするのがオススメです。お皿を洗ったり、ゆっくりお散歩するだけでもOK!

体が疲れていると思えば、姿勢を良くして座っているだけでも良いんです。

大事なのは、上半身を起こしていることと、取り入れたエネルギーを少しでも消費することです。

胃もたれ&圧迫の改善方法④食事中の水分調節

”食事中はしっかりと水分を摂取するのが良い”と思っている方はいませんか?

ですが、消化の点から見ると、過度な水分摂取はNG。消化に必要な胃液を薄めてしまうため、消化に時間がかかり、胃もたれ感を長く感じやすくなってしまうのです。

食事中の水分は、小さなコップに一杯程度でOK。

もちろん水分摂取を我慢する必要はありませんが、食事と食事の間に水分を摂る癖を付けた方が、胃もたれを感じにくくなります。

また、1回の食事量を減らす分、食事の際の水分量も減らした方が良いのかもしれませんね。

ただし、水分不足は便秘やドロドロ血液などの原因にもなりますので、食間にしっかり水分摂取することもお忘れなく!

いかがでしょう?妊娠中期〜後期の胃の不調は、産むまで治らないことが多いと言われていますが、上手に付き合うことで、症状を抑えたり、改善することができそうです。

ご紹介した方法を取り入れて、少しでも快適な妊娠生活を送って下さいね♪