育てたいのはIQよりも「EQ」心の知能指数ってどう育つの?

育てたいのはIQよりも「EQ」心の知能指数ってどう育つの?

心の知能指数=EQをご存知ですか?
実は、IQ(知能指数)よりもEQの指数が高い人の方が、人生で得をするとも言われています♡
「EQって何?」と言う疑問や、その指数を高めるコツをご紹介します。

目次

あなたは知ってる?心の知能指数=EQ(イーキュー)とは

落書きをする子供

仕事で成功したり、試験などで良い成績を残すためには、IQが大切だと思われがち。

もちろんIQを高める努力は常に必要なのですが、その前に、心の知能指数であるEQを育む必要があります。

EQとは、Emotional Intelligence Quotientの略称です。

その内容は、簡単に言えば「前向きな姿勢」を表す指数。

楽しい、嬉しい、明るい、意欲的……などと言った、前向きな姿勢を生むことこそがEQの意味です。

前向きな姿勢は、人としての魅力を育むにあたり大きな財産となり得ます。

EQ指数を高めれば、対人関係・コミュニケーション能力が高まる♡

楽しい、明るい、うれしいなどといった感情を知り、コントロールすることができれば、常に前向きな姿勢をキープすることができます。

こうしたEQの指数を高めることこそが、対人関係やコミュニケーション能力を高めることにつながっていくのです。

EQは、仕事をするうえでも非常に役立ちます。

前向きな姿勢をコントロールするということは、自分と他人の意見が食い違った際にも、その合致点を見つけることができるということ。

それだけでなく、人に対しての管理能力も身に着けることができるのです。

EQを育てるには、3歳までの幼児期が大切!

子供

実は、EQの指数を高めようとしても、なかなか簡単にできるものではありません。

EQの指数を高めたいのであれば、3歳までの幼児期の教育が大切だといわれています。

難しそうに思えるEQ指数の向上ですが、3歳までの幼児期に行っておけば、そんなに難しいことはありません。

すぐに実践できる方法を3つ、ご紹介します。

①ご褒美をあげる
②自己認識力を高める
③「勉強しなさい」はムダ

①のご褒美に関してですが、一見「ご褒美で釣っていては、継続性がないのでは?」と思われがちですが、実はその逆。

約束ごとを守れたときには、すぐにご褒美をあげたり、トロフィーや賞状をあげ、達成感を味わわせてあげることが大切です。

逆に、何も与えずに言葉で褒めるだけでは、その後、成長が見られないことが分かっています。
家族

②の自己認識力に関しては、「家族会議」が効果的!

何でもよいので、家族それぞれが自分の目標を決め、それをきちんと実現できたかというフィードバックまでを行いましょう。

これをすることで、自己認識力が高まり、何事も自分で努力していくのが大切であるということを、身をもって学べるのです。

③の、ママがつい口にしがちな「勉強しなさい」というセリフは、実は何の役にも立っていないということが分かっています。

そうした発言よりも、隣で勉強をする姿勢を見ていたり、一緒になって分からないところを解決する方が効果的!

“ママが関わっている”という姿勢を感じることで、子供は、勉強をする意欲がわくものなのです。
「自分自身で道を切り開いていく」という自発的な姿勢を身に着けることこそが、将来に必ず役立つEQ指数を上げるための秘訣。
お子さんがいらっしゃる4yuuu!読者の方は、ぜひ明日から実践してみてくださいね♡

【関連記事】数字や言葉の学習にオススメ♪かわいい「知育パズル」の作り方

お家で楽しく数字やアルファベットなどが学べる知育パズルは、子どもの定番のおもちゃです。...

EQ 知能指数 対人関係 IQ 育てる ママ友 友達 会社 ワーママ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

秋間 恵璃

インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eriusa0325/
ブログ♡ http://ameblo.jp/le-s…

>もっとみる