【不器用ママでも楽々♪】モフモフ♡くまちゃんおにぎりの作り方

グルメ・レシピ

キャラ弁の達人、ママ読者モデルの笹口直子さん。

今回は笹口さんに、不器用ママでもできる「モフモフくまちゃんおにぎり」の作り方と、キャラ弁作りに使える裏技、手間いらずでできるお弁当のおかずの作り方を伺います。

キャラ弁が苦手?そんなあなたも大丈夫♡

「キャラ弁って難しそうで、私には無理……。」
「作ってみたことはあるけれど、なんだかうまくいかなかった。」

というママさんは多いのではないでしょうか?

毎日作るのは難しくても、たまには、お子さんが喜ぶキャラ弁を作ってあげたいですよね。

さっそく笹口さんに、不器用ママでもできる「モフモフくまちゃんおにぎり」のつくり方を教えていただきましょう♪

「モフモフくまちゃんおにぎり」の材料

・ご飯
・かつおぶし
・スライスチーズ
・のり
・パスタ

おうちに常にある材料でできるのが、ありがたいですね!

1.おにぎりをやや平たい丸型に握る

少し平たく握るのが、可愛く仕上げるポイントです。

2.ラップにかつおぶしを広げる

3.かつおぶしを広げたラップでおにぎりを包み、全体にまぶす

ご飯に混ぜ込むのではなく、まぶすことでモフモフ感を演出できます。

ラップを使うので、衛生的ですよね!

4.同じ大きさの小さいおにぎりを2つ握る

この小さなおにぎりは耳になるので、同じ大きさになるように握りましょう。

その後、顔部分と同じく、かつおぶしを広げたラップで包み、かつおぶしを全体にまぶします。

5.パスタで顔と耳を固定する

顔と耳が離れないように、短く折ったパスタを刺して固定します。

刺した時は固いですが、お弁当を食べる頃には、パスタが水分を吸って柔らかくなっています。

キャラ弁を作る時に使える裏技ですね♪

6.スライスチーズを爪楊枝またはピックで抜く

スライスチーズを丸く抜いて、口周りの部分を作ります。

丸く抜く時は、スライスチーズを常温に戻して柔らかくしておき、爪楊枝またはピックで抜くと、簡単に形を作ることができるそうですよ♪

丸く抜いたら、くまちゃんの口の部分に置きます。

7.のりを切って目・口・鼻を作り、貼る

うまくつかない時は、裏に少し水をつけて貼りましょう。

目は、同じ形に切り抜くために、のりを折って重ねてから切るといいそうですよ♪

モフモフ感がたまらない、とっても可愛いくまちゃんおにぎりが完成しました。

【番外編】時短&簡単!茹でないほうれん草のおひたし

続いて、「お弁当に入れるあと一品が欲しい!」と思った時にピッタリな、時短&簡単なほうれん草のおひたしの作り方を、笹口さんに教えていただきました。

【茹でなくてOK!ほうれん草のおひたし】

1.サラダほうれん草を洗って、茹でずにカットする。

2.冷凍庫で冷凍する。

3.使う量だけお弁当に詰めて、醤油や出汁をかけておく。

ほうれん草を茹でなくても、冷凍して自然解凍させるだけで、お弁当を食べる頃にはおひたしが完成するそうです!

手間もいりませんし、これはすぐにマネしたい裏技ですね♪

いかがでしたか?

不器用ママでもできる「モフモフくまちゃん」おにぎりの作り方と、手間いらずな「ほうれん草のおひたし」の作り方をご紹介しました。

ぜひ、みなさんもお弁当作りの際に参考にしてみてくださいね!