初心者もOK!ラベンダーの育て方♪植え付け~収穫のコツと活用レシピ

子育て・ライフスタイル

安眠やリラックス効果のある、芳しい香りが魅力の「ラベンダー」
最近は品種改良によって、日本でも簡単に栽培できるようになってきました。
今回は、ラベンダーの育て方と活用法をご紹介します♪
おすすめの品種もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

おうちで♪ハーブ「ラベンダー」の育て方①品種と栽培法

おうちで♪ハーブ「ラベンダー」の育て方①品種と栽培法出典:www.shutterstock.com

ラベンダーは、もともと冷涼な気候を好み、日本の高温多湿の気候には向いていないハーブ。
特に「イングリッシュラベンダー」は、育てるのが難しいと言われていたのですが、近年、耐暑性のある品種が出てきました。
「アロマティコ」や「センティヴィア」などがその一例で、イングリッシュラベンダーの中でもこれらの品種なら、家庭で育てやすいのでおすすめです♪

また、種から育てることは難しく、時間がかかるので苗から育てるのが◎

植え付けの時期は秋で、使うコンテナは、5~6号サイズの素焼き鉢が良いでしょう!
土は、「ハーブ用培養土」もしくは「ラベンダー用培養土」を使います。

直射日光を避け、半日陰の環境で育てましょう。
上手く育てるポイントは、すのこを敷いた上で育てること。
地面の照り返しが緩和され、風通しをよくできますよ♡

おうちで♪ハーブ「ラベンダー」の育て方②収穫・管理の仕方

おうちで♪ハーブ「ラベンダー」の育て方②収穫・管理の仕方出典:www.shutterstock.com

鉢に苗を植え付けたら、根付くまでは寒冷紗などで遮光してあげると◎
株の根元には軽石やバークを敷き、水遣りは鉢土が乾いていたら行います。

4月か9月に、収穫をしつつ剪定を行います。
伸びすぎた枝や、込み合っている所を中心に刈り取りましょう♪

開花直前の花蕾は、花が2~3燐咲き始めたころが収穫時です。

ポプリなどにする場合は、蕾の状態で収穫します。
収穫した花蕾は、陰干ししてから利用しましょう!

おうちで♪ハーブ「ラベンダー」の育て方③植え替え

おうちで♪ハーブ「ラベンダー」の育て方③植え替え出典:www.shutterstock.com

本格的な冬に入る前に、「切り戻し」という作業を行います。
株の上1/3を全て切り取ってしまいましょう。

こうすることで株がリフレッシュされ、花つきを良くすることができますよ♪

ラベンダーは生育旺盛なハーブなので、大きくなってくると根が込み合い窒息状態になってしまうことも。

根が鉢からはみ出してきたら、一回り大きな鉢に植え替えてあげましょう!
植え替えは、3月~4月あたりに行うのが◎

ラベンダーのおすすめ活用レシピ♪ラベンダーシュガー

ラベンダーのおすすめ活用レシピ♪ラベンダーシュガー出典:www.recipe-blog.jp

ラベンダーの活用レシピは、ラベンダーシュガーがおすすめ♪
香り高いラベンダーの良さを活かしている保存方法です。

作り方は簡単で、砂糖とラベンダーを混ぜて待つだけ!
お菓子作りの材料に使ったり、紅茶に入れたりするとおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

レシピはこちら♪