"お手伝い制"ってどうなの?子どもへの《お小遣いの渡し方》

子育て・ライフスタイル

金銭感覚を小さな頃から身につけることができ、成長のきっかけにもなる「お小遣い」。
小学生では、500~1,000円くらいが相場だとも言われますが、子どもへのお小遣いの渡し方は、どのようにするのが最適なのでしょうか。

子どもへのお小遣いの渡し方① 定額制と報酬制どっちがいいの?

お小遣いをどうあげようか考える際にまず悩むのが、毎月の「定額制」がいいか、「報酬制」がいいかという問題です。

日本では、「お手伝いをするのは家族として当たり前」という価値観から、定額制を選ぶ節もありますが、海外では報酬制が主流なのだそう。

と言うのも、働いた分だけもらえる報酬制は、「頑張って働けば報酬がもらえる」という社会のルールを小さな頃から教えることができるからです。

ただし、報酬制では、お小遣いのもらえないお手伝いはしなくなるなど、「報酬のないことはしない」となってしまうことも……。

また定額制では、もらったらすぐに使い切ってしまうといったケースもあるそうです。

子どもへのお小遣いの渡し方② 「定額制+報酬制」のススメ

子どもへのお小遣いの渡し方としての定額制と報酬制には、それぞれメリット・デメリットがあります。

その両方のいいところを活かせるのが、「定額制+報酬制」。

少額で、毎月決まったお小遣いを設定し、あとはお手伝いの頑張りに合わせて、50円などちょっとずつお小遣いをあげるようにしてみましょう。

金銭感覚も養える、おすすめの方法です。

子どもへのお小遣いの渡し方③ 使い道にはルールを決めよう

お小遣いの無駄遣いを防ぐためにも、渡す際には、使い道を自分でしっかり検討できるよう、親として見守る姿勢も忘れずに!

「無駄遣いをしない」

「買う前に本当に欲しいものかを考える」

そんな買い物する際の姿勢を少しずつ伝えることで、子どもが大きくなったときにも役立つ、正しい金銭感覚が養われます。

子どもへのお小遣いの渡し方④ 前借りや渡しすぎはNG!

もう一つ、気をつけておきたいのが、お小遣いの前払いや渡し過ぎです。

「1ヶ月、毎日お手伝いをするから!」と約束したからといって、お小遣いを前払いするのは、子どもの教育に良くありません。

また、あまり大きな額を渡すのも、小さいうちには避けた方がいいでしょう。

親として考えなければならないことも多い、お小遣いの渡し方。
子どもにとって、小さな頃からお金の使い方を学ぶ大切な経験になるからこそ、親もしっかりと考えていきたいですよね。
考え直してみると、自分の無駄遣い癖を直すきっかけにもなるはず。
子育てをしながら、自分の成長にもつながるよう、子どものお小遣いとしっかり向き合ってみましょう!