捨てるのは思い込みだけ!家事力がUPする「手抜きのコツ」6つ

子育て・ライフスタイル

家事の手抜きに、後ろめたさを感じているママも多いはず。
実は家事には、「必要なこと」と「必要ではないこと」があります。
それを見分けて、必要なことだけにしてしまえば、「楽しさ」や「やりがい」だけが残るんです♡
毎日の家事をより楽しいものにするための"手抜きのコツ"を伝授します!

家事で手抜きをするコツ① 洗濯は溜まってから

「毎日洗濯をしないと溜まっちゃうから……」
「なんとなく習慣で毎日している」

このような方が、意外と多いのではないでしょうか。

でも、本来は溜まった洗濯物を綺麗にすれば良いというものだったはず。

溜まったときに一気に集中して片づけることで、効率がUPするかもしれません。

思い切って、毎日洗濯するという習慣を捨ててみてはいかがでしょうか。

「最近ほとんど着ていなかった服を選ぶ機会に恵まれて、ラッキー!」と、プラスに考えるのも良いかもしれませんよ♪

家事で手抜きをするコツ② 洗濯物はたたまない

家族の人数の増加とともに増えるのが、洗濯物。

"洗濯物は、たたんで収納しなければいけない"という考えを持っている方が大半だと思います。

この思い込みを捨てると、たたんで収納する時間が大幅に軽減されるんです。

干したハンガーのままクローゼットにかけていくのが、手抜きの洗濯術。

少し多めにハンガーを用意することと、同じものを使ってクローゼット内の統一感を出すのがコツです♪

洗濯物にかけていた時間を、どのように有効活用しようかと考えるだけで、嬉しくなりませんか?

家事で手抜きをするコツ③ 食事は冷凍食品やスーパーの惣菜で済ませる

冷凍食品やお惣菜を活用することに、罪悪感を持ってしまうママも多いのではないでしょうか。

でも、手作りのご飯を振る舞うことだけが、子どもへの愛情表現ではありません。

お腹をすかせている子を待たせることなく、「今日はこれなの!」とサッとご飯が出せれば、その分気持ちに余裕が持てて、子どもと遊ぶ時間が確保できるかもしれませんよね。

ママと過ごせる時間が長いのは、子どもにとっても嬉しいこと。

冷凍食品やお惣菜を活用して、上手に家事を手抜きしてみましょう♪

家事で手抜きをするコツ④ 脱衣所に足拭きマットは置かない

www.nitori-net.jp

脱衣所に足拭きマットは必須だと思っている方が大半だと思いますが、これも手抜きできるポイント。

浴室から出る前に、全身と足裏をバスタオルでしっかり拭けば、意外と足拭きマットは不要なんです。

どうしても気になる方は、珪藻土バスマットを置くのがおすすめです。余計な洗濯物が減って、家事の時短に繋がりますよ。

ニトリの珪藻土バスマットは、プチプラなのに機能性抜群なので、大人気です♪

珪藻土バスマット(幅29×奥行39cm)

¥999

販売サイトをチェック

家事で手抜きをするコツ⑤ 食器は洗わない

最近増えているのが、食洗機つきのマンションや戸建てです。それだけ需要がある、ということなのでしょう。

「一度使い始めたら、もうやめられない!」という声を多く聞きます。

「ついているけれど、使っていない……」という方は、"食器は手洗いするべきもの"という思い込みを捨てて、試してみてはいかがでしょうか。

思った以上に、毎日の家事が楽になるはずですよ。

後付けタイプの製品もあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

家事で手抜きをするコツ⑥ 掃除機は時間があるときだけ

冒頭の洗濯機と同様に、毎日掃除機をかけている方も多いですよね。

"毎日掃除機をかけなくては"という思い込みを捨ててみましょう!

時間があるときに、雑巾やワイパーで掃除をするだけでも十分なんです。

そのうち自然に、「今日は掃除機をかけたいな」という気持ちが湧いてくることでしょう♪

"面倒だけれど、なんとなく毎日かけている"という方は、ぜひ手抜き術を楽しんでみてはいかがでしょうか。

毎日の家事をより楽しいものにするための"手抜きのコツ"をご紹介しました。
思い込みを捨てるだけで気持ちが楽になるので、実践してみてくださいね♡