牛乳パック椅子の作り方!大人が座れるくらいの強度も簡単にDIY♪

子育て・ライフスタイル

お家でのお子さん用の椅子、皆さんはどうされていますか?

椅子が欲しいけれど迷っている方、持っているけれど他にも欲しい方、身近な牛乳パックで、椅子を手作りしてみませんか?

牛乳パックで作ると言っても、きちんとデコレーションをすれば、牛乳パックには見えない仕上がりに。また、大人も座れるくらい強度があり、長持ちします。

材料さえあれば、すぐに作れるので、お子さんのために手作りでオリジナルの椅子を作ってみてはいかがでしょう?さっそく、作り方をご紹介します。

「牛乳パック椅子」の作り方:必要なもの

牛乳パック椅子を作るときに必要な材料は、

・牛乳パック
・新聞紙
・テープ
・はさみ
・油性ペン

これだけで作ることができます。

作りたい椅子のデザイン、形によって、材料の量が異なってきます。今回は、簡単にできるシンプルな形の椅子と、一人掛け用ソファ椅子の作り方をご紹介します。

まずは、どんなデザインの椅子にするか考えましょう。お子さんの好きなキャラクターや、ママの好みの柄など決めて、材料を揃えましょう。

牛乳パックは、シンプルな椅子を作るには10本。ソファ型には23本必要になります。

基本的に、牛乳パックならどのメーカーのものでも大丈夫ですが、メーカーにより、微妙にサイズが変わってしまうことがあるので、全部同じデザインでそろえたほうがいいかもしれません。

新聞紙は、本数によりますが、3日分から6日分ほどの量が必要です。

テープは、作りたい椅子の色のテープのほか、最初に牛乳パックを固定するためのテープも必要になります。

テープの素材は好みですが、布ガムテープかビニールテープが、はがれにくくてオススメです。

固定するためのテープは、手で切れるガムテープなどだと、楽に牛乳パックを固定できます。油性ペンは、仕上げで使用する場合だけですが、必要な色を揃えてください。

「牛乳パック椅子」の作り方:手作りスタート!

中をきれいに洗い、乾かした牛乳パックの口を開き、そこへ新聞紙を1枚ずつ、クシャクシャに丸めて詰め込んでいきます。

この時、ある程度ぎゅうぎゅう押し込んだ方が、頑丈な椅子になります。

少しパンパンかな?というくらい詰め込んだら、口の部分を閉じ、折って、牛乳パックを長方形にします。とめるのは、ガムテープなどで大丈夫です。

本数全てに新聞紙を入れたら、次は椅子の形を作っていきます。簡単にできる背もたれ付きの椅子は、写真のように並べます。

一人掛け用ソファ椅子の場合は、このような形で並べて、固定していきます。

全部を一度にとめるのは厳しいので、まずは2本固定し、そこへ足していくようにすると、上手く固定できます。

このとき、牛乳パックの口側が椅子の表面側にでないように配置すると、仕上がりが綺麗になります。

後ろから見ると、写真のような感じです。

土台はこれで出来上がりになるので、背もたれと、座る土台部分の固定などは、この時しっかりしておきます。

「牛乳パック椅子」の作り方:仕上げはカラーテープで♪

椅子の土台となる形ができたら、あとはカラーテープで好きなデザインに仕上げるだけで、できあがります。

私は、息子がディズニーのカーズが大好きなので、カーズのキャラクターを作りました。

それぞれ赤とオレンジのテープを使用して全体に巻き、あとは、白のビニールテープをカットしたり、サインペンを使用して、目やタイヤなどのパーツを作りました。

椅子の仕上がりがこの作業で決まってしまうので、少し大変かもしれませんが、簡単にできますよ♪

カラーテープを巻くときは、ただ巻くのではなく、仕上がったときのテープの切れ端がどこに来るか、座る面は、なるべく平らになるようになど気にして作ると、綺麗にできます。

今年で2歳になる息子ですが、座ったときの高さもちょうどいいようで、気に入って座ってくれています。

大人が座っても大丈夫な強度があるので、長く活躍すること間違いなしですよ。

2つの形の牛乳パック椅子をご紹介しましたが、この他にも、形を様々に変えて作ることができます。

また、デザインもお子さんの好きなキャラクターだけでなく、ママの好みの柄などにしてもいいと思います。カラーテープではなく、布などを貼ってもいいですよね。

ママが一生懸命作った椅子は、世界にひとつ。お子さんは、絶対に喜んでくれると思います。ぜひ作られてみてはいかがですか♪