研磨剤入りはNG?子どもの「歯磨き粉選び」で気をつけたいポイント

研磨剤入りはNG?子どもの「歯磨き粉選び」で気をつけたいポイント

ブラッシングがうまくできない、ぶくぶく口をゆすげないなど、子どもの歯磨きでのお悩みのママも多いはず。では、「歯磨き粉」はどのようにして選んでいますか?

「大人用と子ども用があるから、子ども用を買えば大丈夫」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そもそも、なぜ子ども用の歯磨きが販売されているのか、ご存知でしょうか?今回は、子どもの「歯磨き粉」選びの際にチェックしたいポイントをお届けします。

子どもの歯磨き粉選びでのチェックポイント①乳歯はエナメル質が薄い

歯の表面は、体の中で一番硬い"エナメル質"で覆われていますが、乳歯のエナメル質は大人の半量しかないので、虫歯の進行が早いと言われています。

そのため、フッ素を塗布することにより、歯のエナメル質を強化して、歯を強くします。

エナメル質が薄いお子さんは、フッ素が入っている歯磨き粉を選びたいですね。

健康被害があるという説もありますが、少量であれば問題視しなくて大丈夫なようです。

子どもの歯磨き粉選びでのチェックポイント②「研磨剤」

力のコントロールがまだ難しい子どもには、研磨剤が含まれていない歯磨き粉の方が安心です。

同じ歯を磨き続けてしまい、歯を傷つけてしまう可能性があるからです。

子どもの歯磨き粉選びでのチェックポイント③歯磨き粉でお腹を壊す?

子どもには、甘い歯磨き粉が人気ですよね。

甘くても虫歯にならないのは、人工甘味料であるキシリトールを使っている場合が多いから。でも、誤って飲んでしまうこともあるので注意しましょう。

キシリトールには、小腸で消化・吸収されにくいという特徴があり、大量に摂るとお腹がゆるくなってしまうこともあります。

歯磨き粉で下痢が続く、という大人は稀ですが、体が小さな子どもにとっては大きな負担となっている可能性も……。

お子さんの下痢が続く場合は、歯磨き粉を日常的に飲んでしまっていないか、確認してみましょう。

子どもの歯磨き粉選びでのチェックポイント④歯磨き粉を選択しない方法も

子どもが歯磨きを嫌う原因の1つが歯磨き粉です。

歯磨き粉が苦手なお子さんには、使わない方法を試してみてはいかがでしょうか。

水だけで歯が綺麗になる、と話題になっている商品もあるようです。

天然鉱石と特殊な成分を毛に練り込んだことによって、歯の表面をコーティング。食べかすなどをつきにくくし、ツルツルの白い歯にしてくれるのだとか!

「歯磨き、大嫌い!」となってしまう前に、一度試してみるのも良いかもしれませんね♪

歯科専用 クリスタルアニマルズ 0才から用 ハブラシ 3本

¥678

販売サイトをチェック

また、虫歯の予防に効果的な「重曹うがい」も注目されています。

重曹は、炭酸水素ナトリウムという天然物質だけでできた白い粉で、料理に使われることもあるので安心ですね。

弱アルカリの性質を持っている重曹は、食後の酸性化した口内を中和させられるのだとか!

大量摂取は体に良くないので、歯磨き粉と同様に、子どもたちが飲み込んでしまわないように見守りましょう。

重曹うがいの後にブラッシンングをしてあげれば、完璧ですね♡
歯磨きは毎日のことなので、子どもが楽しみながらできるかどうかも、大きなポイントです。
お子さんの性格や費用対効果などを考えながら、歯磨き粉をセレクトしていきましょう♪

【関連記事】虫歯撃退!歯磨きを嫌がる赤ちゃんが笑顔になる3つの方法

"赤ちゃんの歯が生えてきたら、いよいよ歯磨きの習慣を♪"というのを耳にして始めた歯磨きの習...

子ども 歯磨き粉 選び 歯ブラシ 歯磨き 研磨剤

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

矢萩 可南

6歳の娘・4歳の息子と、アクティブに楽しい毎日を過ごしています♪
子育て・美容・ファッションのこ…

>もっとみる