ホームクリーニング

冬服やスーツも自宅で♪クリーニング代を節約するホームクリーニング

子育て・ライフスタイル

スーツやワイシャツ、セーターのような冬服は、自宅で洗うのが不安……という理由から、クリーニング店にお願いしている方は意外と多いもの。

とはいえ、衣替えのタイミングや仕事着を、毎週クリーニングに出すのは結構コストもかかりますよね。

そこで今回は、クリーニング代を節約するために、大切な洋服を洗う方法をご紹介します。

クリーニング代を節約するホームクリーニング術①セーターは、ぬるま湯で手洗い

セーター

クリーニング屋さんに、ウールやカシミアのセーターをお願いしている方、いませんか?

クリーニング代を節約するなら、まずはそのセーターから!セーターはアイロンがけの必要もありませんし、市販のおしゃれ着洗剤で気軽に洗えるので安心です。
型崩れさせないためのコツをご紹介します。

<手洗いの場合>
セーターは基本的に、手洗いがおすすめです。ウールはアルカリ性に弱いので、必ず中性洗剤を使いましょう。

①大きめのタライかバケツに張ったぬるま湯の中に、セーターと洗剤を入れてゆっくり押します。
②ある程度洗ったら、またぬるま湯で優しくすすぎ洗いします。あまり強くこすらないように注意しましょう

<洗濯機の場合>
必ずネットにセーターを入れ、中性洗剤で洗います。モードは「手洗い」「ウール」モードなど、洗濯機によって異なるみたい!

<セーターの干し方>
セーターは、干す時にハンガーにかけてしまうと型崩れの原因に。原則、平らな場所に平干しにするのが基本です。
干す際に、少し形が崩れているなと思ったら、形を整えましょう!そうすると乾いたときの仕上がりが綺麗になりますよ。

クリーニング代を節約するホームクリーニング術②スーツは、アイロンがけが大切!

アイロン

スーツをホームクリー二ングする際は、アイロンがけが難しいポイントでしょう。
アイロンがけが得意という方は、スーツも自宅で洗ってみましょう。

<スーツのホームクリーンング方法>
スーツ洗いは、水洗いが基本です。

①セーターと同じように中性洗剤を利用し、綺麗に畳んでから洗います。
②優しくスーツを押すように洗い、水を何度か入れ替えてすすいだら、ハンガーにかけて陰干しします。
③乾いた後に、アイロンがけをすれば完成。

洗うこと自体はそれほど難しくありませんが、アイロンがけではシワにならないように、丁寧にしましょう。

クリーニング代を節約するホームクリーニング術③ダウンジャケットは、洗濯槽を利用

ダウンジャケット

羽毛の入ったダウンジャケットは、表面がレザーなどの洗えない素材でない限り、自宅でも洗うことができます。
汚れがひどい部分には、スポンジに中性洗剤を含ませ、軽く叩き洗いをした後に全体を洗うのがおすすめです

手洗いの場合にも、洗濯機の洗濯槽を使って、優しく押し洗いをするといいでしょう。

コツは、羽毛のふんわり感を維持するために、すすぎの際に柔軟剤を入れること。
脱水は洗濯機でOKですが、1分以内ですませるようにしましょう。

乾いた後は、仕上げに市販の防水スプレーをかければ完了です。

クリーニング代を節約するホームクリーニング術④スーツは、日頃のお手入れが大切!

スーツ

スーツのホームクリーニングはちょっと不安……という方は、日頃からスーツの扱いに気をつけましょう。
染抜きなど、追加料金がかからないようお手入れをしておけば、クリーニング代の節約にもつながります。

<スーツの普段のお手入れ方法>
①着用後は、ハンガーにかけて陰干し!

1日着たスーツは、汗や湿気を含み疲れています。だからこそ、自分をいたわるようにスーツもハンガーにしっかりとかけて、陰干しをしてあげましょう。

②定期的にブラッシング!
陰干ししたスーツは、着る前にしっかりとブラッシングをしましょう。下から上にブラシをかけて、埃や汚れを繊維の表面から浮き上がらせたら、上から下にかけてブラッシングしてください。繊維が整い、光沢がよみがえるでしょう。

クリーニング店に出すと、シミ抜きや防臭加工など、思いもよらなかった追加料金を取られることも……。
日頃から、衣類のお手入れを怠らないことが節約の近道ですね。

できるものは、自宅でホームクリーニングをすれば、クリーニング店と同じようにきれいに使えますよ♪